| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年ぶりの保谷飲み(すし割烹 福原)





かつて保谷駅近くに、なんと1,600坪の敷地を有する中華料理店「保谷武蔵野」があった。
元は昭和初期に建てられた豪農の屋敷だったらしく、かぶき門や鯉が泳ぐ池があり、なんとも贅沢な造りだった。
はっきり言って味は残念レベルだったが、夏になると広い日本庭園がビアガーデンになるので、二回ほど飲みに行ったことがある。
10年ほど前に保谷武蔵野が閉店してからは、アルカションにケーキを買いに行くぐらいで、夜に保谷駅で降りることは無くなった。

最近ブログ経由で、保谷駅に寿司屋ができたと情報を頂いた。
情報をくれた方自身は入ったことがないのだが、周囲の人の評判がいいと言うのだ。
ネットで検索すると、ヒトサラというサイトに店の宣伝記事が出ている。
つまみの種類が多く、値段も手ごろなので、妻を誘って探検しに行った。


f66119.jpg




暖簾の隙間から店内を覗くと、テーブル席に一組先客がいるだけで、カウンターはガラガラだ。
少々不安を感じながらも店内に入る。


f66120.jpg




開店して一年も経っていないらしいが、外観も内装も古びている印象だ。
おそらく居抜きだろうから、古くても清潔なら気にならない。


f66121.jpg




寿司屋にしてはかなり豊富なつまみのメニューを見る。


f66123.jpg


f66124.jpg




ビールを飲みながらじっくり検討する。


f66138.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

掛布が一面(くぼた)



連日連夜の外食続きなので、今夜はまっすぐ帰宅しようと西武池袋線快速に乗る。
吊り革につかまりながら文庫本を読む。
ハッと気がつくと、すでに石神井公園駅に到着している。
網棚に乗せたバッグを取ろうとした途端に、電車のドアが閉まってしまった。
あーあ、酔っ払ってないのにやっちゃったよ。
次の停車駅は、大泉学園、保谷を通り越してひばりヶ丘だ。
ひばりヶ丘とアナウンスを聞いて、頭の片隅に何か引っかかる事がある。


何か月か前に、地元居酒屋の「喰酔たけし」で隣り合った男性がひばりヶ丘住人だった。
たしか安くて美味しい店が、再開発で立ち退いてしまうので悲しいと言っていた。
長崎ちゃんぽんの店と居酒屋を教えてもらった記憶があるが、店名はすっかり忘れた。
乗り過ごしたのも何かの縁なので、どこかの店で食事することにした。
iPhoneで検索すると、長崎ちゃんぽんは「くぼた」という店がヒットした。
北口を出て店に向かうと、聞いていた通りに立ち退きで空き地が目立つ。
歯抜けになって寂しい通りに、おもしろそうな店も残っている。


k53574.jpg


k53575.jpg


k53576.jpg




ひばりヶ丘で二番目においしいお店「つかさ」にはクラッときたが、まずは長崎ちゃんぽんの店を探す。
iPhoneに案内されて「くぼた」に到着した。


k53548.jpg




ひばりヶ丘住人の彼が、「くぼたのオヤジさんは阪神ファンです」と言っていたことも思い出した。
暖簾が六甲おろしだから、ここで間違いない。


k53577.jpg





店内も阪神タイガースグッズだらけだ。


k53599.jpg


k53579.jpg


k53549.jpg




黄色いテレビでは阪神横浜の最下位争いを中継しているが、誰も見ちゃいない。
デイリースポーツが置いてあるのは流石だ。


k53598.jpg



≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美人シェフの薬膳フレンチシノワーズ(Le ADON)





小平に住む知人から、東久留米の中国料理店「枉駕」が美味しいし、マダムは美人と聞いてから何年も経つ。
たちまち予約なしでは入れない人気店になり、行く機会がないまま日が過ぎた。
その知人から、枉駕の美人マダムが保谷に姉妹店を出したとの情報が入る。
店の名前はLe ADON(レ・アドン)で、薬膳フレンチシノワーズを出すらしい。
薬膳でフランス料理で中国料理って、なんだ?
店のHPを見ると、いつのまにか枉駕は「オーガニック・オウガ」と店名を変え、レ・アドンは美人マダム自らシェフを務めているとのことだ。



la03.jpg
(Le ADONのHPより拝借)





オーガニックイコールあまり美味しくないイメージもあるけれど、普段は身体に良くなさそうな物が好きな私には、ぴったりかもしれない。
妻と娘を連れて休日ランチを食べに行く。
私のカーナビはデータが古いので、区画整理された保谷北口は最短距離を表示しないどころか、行き止まりになってしまったルートを教えたりするから、カンに頼って店に到着する。


la01.jpg





駐車場は無いので、妻と娘を降ろしてから、200mほど離れたパーキングに車を入れて店に戻る。


la02.jpg





狭い店内はぎっしり満席だった。
満席でも10名ほどのキャパだ。
シェフ一人ではこのぐらいが丁度いいのだろう。
2500円のランチコースを頼んで、いつも通りに妻だけオーガニックワインを飲む。
厨房に見えるシェフは確かに華奢な美人だ。


la04.jpg






やがて出てきた二品は、私には物足りない量だが、体には良さそうな気がする。


la05.jpg


la06.jpg




≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祭りの後は(幸まる)




秩父夜祭からの帰りは、所沢でレッドアローから各駅停車に乗り換える。
東久留米で降り、寿司屋の「幸まる」に電話して空席を確認した。


cy31.jpg


cy32.jpg





カウンターも座敷も埋まり、テーブルが一卓だけ空いている盛況ぶりだ。


cy33.jpg





まずはビールでお疲れさんの乾杯をし、つまみと酒のメニューを見る。


cy36.jpg


cy34.jpg


cy35.jpg





会津のにごり酒と鯉川純米を飲み、かわはぎ、はたはた、平貝の磯辺をつまむ。


cy38.jpg


cy37.jpg


cy40.jpg


cy39.jpg




≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

変わらない幸せ(そばきり すゞ木)




知人宅に持参する土産を買いに、保谷駅北口にある「アルカション」に向かう。
その前にアルカション近くの洋食屋でランチを食べるつもりだ。
前夜も遅くまで飲んでいた妻が、「洋食より、もっとさっぱりしたものがいい」と言う。
急きょ行先を「そばきり すゞ木」に変更した。
予約無しでは入れないような気もするが、ダメなら洋食にすればいい。


ssk002.jpg





店の横に車を停めて、空席があるのか妻に聞きに行かせると、なんとか入れるとのことだ。
裏の駐車場に車を入れて店に戻ると、まだ12時前なのに、すでに「本日の蕎麦は売り切れました」と看板が出ている。
どうやら我々が昼の部最後の客らしい。


ssk001.jpg


ssk017.jpg




相変わらず雰囲気がいい店内に入る。


ssk003.jpg




初めて訪れた6年ほど前から、値段が変わっていない1500円の蕎麦三昧を頼む。
妻は「私だけ悪いわねー」と言いながら、ちっとも悪びれずに酒のメニューを見る。
影虎、黒帯、神亀の定番トリオも、たぶん6年前から変わらないと思う。


ssk004.jpg


ssk005.jpg




東北泉を頼んで、ピーマンのお通しと蕎麦豆腐をつまむ。


ssk006.jpg


ssk007.jpg


ssk008.jpg




さらに小鉢が二つ。
お浸しとポテサラだ。


ssk009.jpg


ssk010.jpg



≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リハビリ終了(川松)




帰国七日目。
すでに和食と日本酒は堪能したので、リハビリの仕上げに鰻を食べに行く。
徒歩圏内にいい店が無いので、広い駐車場を持つ東久留米の「川松」が目的地だ。


kj001.jpg


kj002.jpg




周囲を畑に囲まれ、最寄駅が無い大型の鰻割烹だ。
三階建ての店舗には、100人も入れる宴会場もあるらしい。


kj003.jpg




誇らしげに秋篠宮様御来店の写真が飾られている。
東久留米で行われた「湧水保全フォーラム」に出席した時に、ここで食事されたらしい。
皇族ともなると、フォーラムで居眠りはできないだろうし、スーツにネクタイで鰻を食べなきゃならないし、きっと肩が凝ることだろう。


kj004.jpg


kj005.jpg




一階のテーブル席に座ってメニューを見る。
最近は鰻の値上げが激しい。
天ぷらや刺身の定食もあるが、やはりここでは鰻だろう。
宮様ならすごいのを食べたのだろうが、我々は鰻丼に小鉢やデザートが付いた1990円の「うなぎ膳」に決める。
いつも通りに妻だけワインを飲む。


kj006.jpg


kj007.jpg


kj008.jpg


kj009.jpg


鰻の後は入間のアウトレットに行き、アラスカでできなかった買い物三昧だ・・・・・(妻が)




≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

普通の昼食(幸まる)

清瀬の酒屋に日本酒を買いに行く途中で、東久留米の寿司屋「幸まる」に寄る。

kom1.jpg

kom2.jpg



ランチは並、上、特上の三種類だ。
価格差の根拠は食べてみないとわからない。

kom3.jpg

kom4.jpg



テーブル席に座って、卓上のメニューを見る。
相変わらず5円刻みで、細かく価格帯が分れている。

kom6.jpg

kom7.jpg

車だから酒は断念する。

≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。