| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆりさん不在につきリリーちゃん




青森県八戸市にある陸奥八仙を造る八戸酒造から、新酒を楽しむ会のご案内をいただいた。
ちょうど桜の時期なので、妻と京都旅行に行こうかと話していたのだが、急きょ東北旅行に切り替えることにする。
八戸だけではもったいないので、東北新幹線で途中下車しながら、いろいろ酒蔵を回る計画を練り始めるが、きっと日本酒をいろいろ購入するはずなので、車で行く方が便利だ。
結局福島、宮城、岩手、青森の4県で、8蔵を訪問することになった。
妻の友人二人も行きたいと言い出し、初日は朝7時に石神井公園を出発する。
豪雨の中を300km走り、最初は会津若松市の鶴乃江酒造さんへ。
会津中将永寶屋を造る蔵だ。


c3380680.jpg


c3380683.jpg




八重の桜で観光客が増えた会津若松市は、素晴らしく趣があるクラシックな町だ。
鶴乃江酒造にも江戸や明治から使っている設備が現役で残り、いかにも美味しい日本酒ができそうな雰囲気がある。
美人杜氏ゆりさんが東京出張で不在なので、ご主人に案内していただいた。


c3380711.jpg


c3380685.jpg




日本酒と酒器を購入し、ご主人に会津塗りの店を紹介していただき、会津若松の町歩きをする。


c3380691.jpg


c3380689.jpg


c3380698.jpg




まずは福西漆器店に入る。


c3380693.jpg


c3380695.jpg




明治時代の蔵が残る素敵な店だ。
酒器を購入する。


c3380697.jpg


c3380696.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 会津若松・喜多方 | 10時12分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。