≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒い夜だから(炉ばた一心)





飲み友女性から「魚と日本酒うまー」と、画像付きのメールが来た。
練馬の「炉ばた一心」という店らしい。
初春の寒い夜に、途中下車して寄り道する。


is10001.jpg




雑居ビルの狭い階段を地下に降りると、鰻の寝床状の店があった。
後ろを通るのがやっとのカウンター席に、板の間の小上がりがある。


is40011.jpg


is30010.jpg





私の炉端焼き初体験は、おそらく30年近く前の六本木「田舎家」だった。
魚介や野菜を炭火で焼き、大きなしゃもじに乗せて客に手渡すスタイルで、当時はあちこちに炉端焼きの店が増えたように覚えている。
この店は炭火で焼くが、店が狭いから手渡し方式だ。
炭火の前に座ったので、顔がポカポカと温かい。
いつものようにビールから始めた。


is20006.jpg


is120001.jpg




壁に貼られた品書きの種類は少ない。
他に何かあるのかコワモテの店主に聞くと、種類が多過ぎて書き切れないし、常連ばかりの店なのでメニューを用意していないと言う。
後から日本酒を飲むことと、好き嫌いは無いことを伝えて、料理は適当に出してもらうことにした。
冷蔵庫を覗くと、店主の出身地にちなんで、日本酒は栃木県の銘柄が多い。
最初は那須湯津上町の天鷹心にする。


is110003.jpg




山葵漬けと豆腐の味噌漬けが出る。


is180004.jpg

is80014.jpg




初めて飲む「我山荘」は、なぜかビックカメラオリジナルらしい。
刺身の盛り合わせをつまむ。


is90009.jpg

is130002.jpg




四季桜の黄ぶなに、栃木市の森羅万象


is100002.jpg


is140004.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 桜台・練馬 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休みのおかげ

炎暑の東京を逃れて旅に出たり、お盆に帰省したりした方たちから、いろいろとお土産をいただく。
今宵はお土産の酒で晩酌だ。
食前酒は小布施に旅した飲み友から頂いた、ソガ・ペール・エ・フィスのシュトゥルムにする。
スクリューキャップではなく、王冠なのが珍しい。

resize1012.jpg

resize1013.jpg


妻の友人から頂いたココファームのワインに合わせ、洋風のつまみが出てくる。

resize1008.jpg

resize1005.jpg

resize1002.jpg

resize1003.jpg

resize1006.jpg


ココロゼはすぐに空き、赤も飲む。

家シャトー0002

≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

華やぐ酒



地元石神井公園にも美味しい店が増えてきて、数年前に比べると我が家の外食事情は劇的に向上した。
なにしろつい4年ほど前は、和民ができたことが嬉しかったもんなあ。
ところが慣れてくると、美味い酒とつまみに加えて、和服の美人女将でも居れば・・・・・、なんて贅沢なことを考える。
そんな時は地元に戻らず、筑土八幡町の「華もだん」に飲みに行く。


いつも通りの突き出し三種をつまみ、初亀から始める。


華前菜0005


華初亀0001


華初亀あらばしり0001




かわはぎを肝醤油で食べ、さらに日本酒をお替りする。


華きも0001


20090116072654はなさしみ




飛露喜鍋島翠露、山形正宗・・・
翠露は地元の喜久屋酒店の定番酒だが、超辛は初めてかもしれない。


華飛


華鍋島0006


華翠露0005


華山形0003


美味い料理と酒に加え、女性らしさを感じる接客が心地いいから、オジサン客で埋め尽くされる日も多い。
自分もそんなオジサンの一人なのに、困ったものだと思うのだ。

≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。