≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2424(にしおぎおぶち)





何も予定が入っていないはずの日曜日。
昼ごろ起きて来た妻が、「武蔵境で友だちと会うから、車で送ってね」と言う。
いくらヒマ人な私でも、送るだけで武蔵境に行くのはもったいない。
用事が済んだら沿線のどこかで飲むことにし、バスと電車を乗り継いで行くことにした。
妻が友人と話をしている間に、私は「にしおぎおぶち」に予約の電話を入れる。

すると話が済んだ妻が、「友だちのご主人も後から来るので、一緒に飲みに行くことにした」と言う。
すぐに電話を入れて4名に変更する。

しばらくしてご主人到着。
車で迎えに来たから、飲みに行けないと言うので、またもや「にしおぎおぶち」に電話を入れて2名に変更。

「いいじゃない、ご主人が飲まなければ」とか、「車を置いて後から来れば」とか言う妻。
妻の友人もその気になって、「あなた、車を置いてから西荻に来て」と命令している。
どこの家でも夫婦の力関係はこんなもんだ。
結局この日4回目の電話をして、4名で最終確定予約した。


n13747.jpg




テーブル席は他の予約が入っているので、カウンターに横並びで座る。
ビールを飲みながら、友人のダンナが来るのを待つ。


n13751.jpg


n13752.jpg




しばらくしてダンナ到着。
料理はコースでお願いし、あらためて鶴齢の雪男と、美人杜氏の月の輪で乾杯した。


n13741.jpg


n13743.jpg




その後友人夫婦は焼酎に切り替え、我々は日本酒で通す。


n13742.jpg


n13745.jpg


n13746.jpg


n13744.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祭りの後は(幸まる)




秩父夜祭からの帰りは、所沢でレッドアローから各駅停車に乗り換える。
東久留米で降り、寿司屋の「幸まる」に電話して空席を確認した。


cy31.jpg


cy32.jpg





カウンターも座敷も埋まり、テーブルが一卓だけ空いている盛況ぶりだ。


cy33.jpg





まずはビールでお疲れさんの乾杯をし、つまみと酒のメニューを見る。


cy36.jpg


cy34.jpg


cy35.jpg





会津のにごり酒と鯉川純米を飲み、かわはぎ、はたはた、平貝の磯辺をつまむ。


cy38.jpg


cy37.jpg


cy40.jpg


cy39.jpg




≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

揚げもので東北酒(地蔵)



魚介と野菜のつまみに日本酒があれば満足な私だが、妻はまだまだ肉も食べたい年頃だ。
所用で大泉学園に行った日に、地蔵で豚カツが食べたいと妻が言い出した。
私も揚げもの好きなので、その提案は大歓迎だ。
地蔵なら日本酒もあるしね。
南口から北口に向かう途中、可愛い燕を見て和む。


zz002.jpg


zz003.jpg




ほぼ満席の店内に入り、いつもの通りにビールから始める。


zz004.jpg




この店の日本酒は、開店した頃から東北酒オンリーだ。
店主がサラリーマン時代に転勤した福島で、東北酒の魅力にハマったのだと言う。


zz005.jpg


zz006.jpg


≫ 続きを読む

| 大泉学園 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

至福の酒肴(まにわ)




日本の夏は祭りだ。
私が子供の頃に住んでいた文京区は、今よりずっと若年人口が多かったので、各町内を神輿や山車が練り歩き、盆踊りがあって、ワクワクしたことを思い出す。
定期的にある縁日も楽しみだった。
当時は周囲に高い建物が無かったので、二階のベランダから隅田川の花火が見えて嬉しかった。

石神井公園に移り住んでからは、近所で神輿や山車を見かけたことが無い。
それでも二階の窓から豊島園の花火がチラリと見えて、日本の夏を感じたのだが、今は中止されて寂しい。
石神井公園ボート池の灯篭流しは、少々地味過ぎて高揚感が無いしね。

阿佐ヶ谷七夕祭りの期間中に「まにわ」の予約が取れたので、早めに出かけて見学することにした。


maw01.jpg




と思ったのだが、パールセンターに入った途端にすごい人波で、なかなか前に進めない。


maw0002.jpg


maw0001.jpg




50メーターほど進んで、早くも七夕を断念し、予約時間より早いが北口の「まにわ」に避難する。


maw02.jpg


maw03.jpg


maw04.jpg




座った途端にビールと酒肴コースをお願いする。


maw05.jpg


maw06.jpg


今夜も美味そうな品が勢揃いだ。


≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もりでもり(もり)

明治通りと早稲田通りが交差する馬場口辺りで、美味そうな鉄板焼き店を見つけて予約を入れる。
当日は一時間ほど早く仕事が終わったので、予約した店の最寄り駅である西早稲田に向かった。
遠い記憶では、馬場口にキャッシュオンデリバリーのパブがあったはずだ。
軽くビールでも飲みながら、一時間ほど待機しようと歩き出すと、不定休の蕎麦屋「もり」に暖簾が出ている。

2mo1.jpg



ちょうど先客が二名立ち上がっているので、すかさず入れ替わりに入店した。

2mo2.jpg

2mo3.jpg



10年ほど前にはたびたび訪れていた蕎麦屋だが、店主が事故に遭ってから体調を崩し、休業の日が多くなって足が遠のいていた。
たまたま通りかかって空席があったのはラッキーだ。
予定通りにビールを飲み、酒肴の盛り合わせを頼む。

2mo9.jpg

2mo4.jpg



後はちびちび日本酒をグラスで2杯ほど飲めば、食前のウォーミグアップにちょうどいいだろう。

2mo12.jpg



三重錦と白瀑の山本を頼む。

2mo6.jpg

2mo7.jpg

2mo8.jpg



美和桜真稜で予定の2杯を終える・・・・・

2mo15.jpg

2mo14.jpg

2mo11.jpg

≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 00時00分 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アナザーワールド(酒縁川島)

池尻大橋の「つくしのこ」、渋谷の「まるや」、西日暮里の「稲毛屋」、大森の「吟吟」などなど、東京のあちこちに出没する酒豪美女たちの集いに、またもや参加させてもらう。
今宵の会場は、31年の歴史がある武蔵小山の「酒縁川島」だ。
待ち合わせた武蔵小山駅にほぼ10年ぶりに行くと、見違えるように綺麗になっていた。
栄えた商店街を抜け、寂しい裏道に向かう。


スンッゴイ店ですよ!と聞いていた通り、外観も内装も強烈な個を発揮している。




かわ1

かわ2



店内も独自の川島ワールドだった。

かわ3

かわ4

かわ5

かわ6

かわ8



L字カウンターにズラリと並んで座る。
定員12名ほどの小さな店を、ほぼ貸し切り状態だ。

かわ22

かわ7



店のオキテに従って、まずは目の前の棚から好みの酒器を選ぶ。

かわ9

かわ10



料理も酒もオマカセだ。
誰かが武者のようなオジサンと表現した、日本酒ソムリエのイワイさんが選ぶ酒を回す。
スターターは愛知のだ。

かわ23

かわ24

かわ25


酒米「夢山水」のサンプルも回され、酒のウンチクが語られる。
日本酒に関する質問なら、打てば響く回答だ。

かわ27



料理は厨房の川島夫妻から、手渡しで出される。

かわ11



31年間にどれだけの一升瓶が空いたのだろうか。

かわ21



次に茶碗蒸しが出され、もちろんウンチク付きで「こんな夜に」が回ってくる。

かわ12

かわ28



風邪気味で体調不良だし、アウェーの武蔵小山だし、どれだけの日本酒が出てくるかわからないので、仕込み水を挟んで控えめに飲む。

かわ26

かわ32

≫ 続きを読む

| 武蔵小山・品川・大森・羽田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兄になる日(喰酔たけし)

たけささ0001


たけ田むら0004


たけ鶴0006


たけ鍋島0005


たけ刈0001

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。