≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢の島から(喰酔たけし)





夢の国ディズニーランド近くのホテルで、結婚式を挙げた居酒屋たけしの店長ゆうたが、夢の島ハワイの新婚旅行から帰ってきた。
幸せそうな顔を見に行く。


t901020.jpg


t901027.jpg




生ビールと生ジンジャーハイボールで乾杯し、今夜のつまみを検討する。


t901009.jpg


t901008.jpg





刺身盛り合わせ、牡蠣フライ、ブリしゃぶに決めた。


t901022.jpg


t901023.jpg




刺身で食べたいぐらいのブリを、鍋に瞬間的にくぐらせて楽しむ。


t901026.jpg


t901024.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 10時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偶然の食卓(八献)




季節ごとの食材を、目でも舌でも楽しめる日本料理と日本酒の組み合わせが好きだ。
この日は妻が吉祥寺で買い物がしたいと言うので、夕食は東急裏の八献で食べようかと思っていた。
すると妻の友人から電話が入る。
姪と吉祥寺で食事することになったので、落ち着ける和食店を教えてくれと言うのだ。
それならば一緒に八献に行こうと、4名の予約を入れる。


h769329.jpg




友人の姪とは一度会ったことがあるのだが、長身の独身美人姉妹で、しかも二人とも医師だった。
今夜は27歳の妹が来ると言うので、ワクワクしながら店に行く。
落ち着く半個室に案内される。


h769332.jpg


h769374.jpg


h769335.jpg





まずビールと、お通しのあんきもムース。
料理はいつものおまかせコースをお願いする。


h769350.jpg


h769361.jpg


h769337.jpg


≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

七面坂の隠れ家で(七面六臂)




私が飲みに行きたい店は、食べ物が美味しくて、好みの日本酒が何種か置いてあり、値段がリーズナブルで、カウンター中心の手ごろな大きさで、店主の顔が見えて、古くてもいいから清潔なことなどが条件だ。
こんな店がなかなか探せない。
美味しい店情報は氾濫していても、日本酒の品揃え情報はかなり少ないのだ。
逆に日本酒の品揃えがいい店を探し当てれば、まず食べ物にハズレはない。
この日は麻布十番に仕事で出かけたので、かねてから携帯に登録していた七面坂の「七面六臂」に行く。


a2339912.jpg


a2349136.jpg




初めて入る店だが、外観と看板でほぼ当たりだろうと予想がつく。
店内もいい感じだ。
まだ若そうに見える男性店主一人で営業している。


a2349140.jpg


a2349142.jpg




店内はかなり暗いので、苦労しながら品書きを読む。


a2349181.jpg




お通しは胡麻ダレのもずくに、枝豆の春巻きだった。


a2349151.jpg


a2349147.jpg


a2349146.jpg



≫ 続きを読む

| 六本木・西麻布・麻布十番 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャネーの法則(竹政)





車で出かけていた妻の帰宅が遅くなったので、ご近所の竹政で晩酌。
相変わらず混んでいたが、ちょうど会計していた夫婦と入れ替わりに、カウンターの端に座る。
冷蔵庫の日本酒が間近に見える特等席だ。


tm82.jpg





カウンターの上には、おせちの三段重が乗っている。
あと二週間ほどで正月になってしまうとは、時間の経つのが早すぎて怖いほどだ。


tm81.jpg





今宵の酒の友は、いか刺しに、本鮪の葱とろ。


tm84.jpg


tm83.jpg





ゆきの美人の愛山に、鳳凰美田の新酒を飲む。


tm86.jpg


tm87.jpg





≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 11時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幻の白岳仙(八献)






アラスカ前に訪れた吉祥寺「八献」から、白岳仙の会があると連絡を頂いた。
白岳仙は妻が好きな銘柄だが、残念ながら会が開催される日には参加できないので、事前に飲みに行く。


hak001.jpg


hak002.jpg


hak003.jpg


hak004.jpg




おまかせコースをお願いして、最初はハートランドを飲む。


hak006.jpg




さっそく前菜に白岳仙を合わせようとメニューを見ると、純米大吟醸1900円なり!!
許容範囲の純米や純吟は、この日のメニューに無い。
100ccグラスでこの値段はきつい。
5杯飲んだら1万円だぜ。
手ごろな値段の小左衛門から始めることにした。


hak007.jpg


hak008.jpg


hak009.jpg


hak10005.jpg




松茸と湯葉の吸い物に寶剣


hak010.jpg


hak011.jpg




刺身には賀茂金秀と、ひやおろしを続ける。


hak012.jpg


hak013.jpg



すっかり秋だなあ。



≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せの赤い鳳凰(華もだん)

震災復興支援のためか、今年は例年以上に日本酒会が多く開催されているような気がする。
二週連続開催の地元居酒屋「喰酔たけし」に続き、三週目は神楽坂に程近い筑土八幡町の「華もだん」に行った。


hbh01.jpg




今宵は「華もだん」が開店した頃からメインにしている、栃木県小山市小林酒造の「鳳凰美田」の会だ。
現在は若手蔵元による美味い日本酒がどんどん増えているが、鳳凰美田はその先駆けになった銘柄とも言える。
廃業寸前だった蔵を引き継いだ五代目が、吟醸に特化して再起し、今では栃木のトップブランドの一つにまで育て上げたと聞いている。
いつも感心するのだが、日本酒会に遅刻者はほとんど居ない。
この夜も開始5分前に到着すると、ほぼ全席が埋まっていた。
妻からは遅刻するとのメールが入る。
スーパークールビズで参加した私は、ビシッとネクタイをした品行方正で真面目そうな風貌の、五代目小林正樹専務に迎えられる。


hbh02.jpg


hbh03.jpg


h55.jpg



乾杯酒はフェニックスと名付けられた、シャンパンボトルに入った純米大吟醸だ。
半分だけ冷たいまま飲み、残り半分は常温に戻ってから味の変化を楽しんでほしいと、熱く語る小林さん。


hbh05.jpg


hbh10.jpg




小林酒造の23歳の新入社員クンも緊張しているので、最初の5分くらいはおとなしく会が進んだが、6分後からは一升瓶が鳳凰のごとくテーブル間を飛び交う。


hbh20.jpg


hbh07.jpg


hbh08.jpg


hbh09.jpg


hbh11.jpg


hbh12.jpg



太郎料理長の酒肴を次々に平らげ、仕込み水を挟んで飲み進む。


hbh13.jpg


hbh14.jpg


hbh15.jpg


hbh16.jpg


hbh17.jpg


hbh18.jpg


hbh06.jpg


hbh19.jpg



日本酒は神の一滴だから、もちろん飲み残しなどするはずがない。
序盤は冷えた状態で飲み、会の中盤は常温で飲み、終盤には燗にして飲み尽くす。


hbh04.jpg


≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人のポテサラ(どんぶり)

〆の蕎麦を先に食べ、後から中村橋の居酒屋「どんぶり」に行く。

don01.jpg



日本酒の品揃えが良くなったと聞いていた通りに、期待できそうなディスプレイだ。

don02.jpg

don03.jpg



以前から置いてあったのは田酒ぐらいで、あとは新しく品揃えした銘柄ばかりだ。

don04.jpg

don05.jpg

don06.jpg

≫ 続きを読む

| 中村橋・富士見台・練馬高野台 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。