≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

師走の老舗寿司(蛇の市本店)




2ヶ月ほど前から、日本橋「蛇の市本店」ブログの足跡がつくことに気付いていた。
FC2ブログには訪問者リストという機能があって、同じFC2ブログを書いている人が見に来ると、日付が残るのだ。
私の行動範囲ではない日本橋の寿司屋が、なぜ練馬区ブログに度々訪れてくるのか不思議に思い、クリックして内容を見ると、明治時代に創業した120年以上の歴史を持つ老舗で、日本酒の品揃えがかなりいい。
若女将は美人らしいし、値段も手ごろなので、予約を入れて三越前に向かった。


ja01.jpg


ja02.jpg






明治時代には日本橋に魚河岸があって、最初は屋台から出発した寿司屋のようだ。
「蛇の市」の名付け親は志賀直哉だと言うから、歴史を感じさせる。


ja03.jpg





蛇の市ブログの主である五代目の前に座る。


ja04.jpg





つまみ主体のおまかせを頼み、最初はビールで喉を潤す。
あんきもと刺身が出たので、さっそく日本酒に切り替える。


ja05.jpg


ja06.jpg






最初の一杯は、五代目おすすめの若駒にする。
四代目と五代目が並んで握り、接客は大女将と若女将で、ほのぼのとした雰囲気だ。


nja07.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 日本橋・人形町・東京 | 11時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福島人と福島酒(海音)

週2回の社交ダンスに加え、華麗な交友関係との会食で不在がちな妻に比べ、くたびれたオジサンの私は、週に何回か一人で自宅飲みか地元飲みしていた。
我が家から数軒隣りの実家に、福島から"ばるべにー"クンが逆単身赴任で一年間戻ることになったので、お互いの心の隙間を埋め合っている。
ばるべにークンはブログを休止しているし、奥さんは一人で三人の子育てをしているのに、本人が私のブログに度々登場して、ハシゴ酒しているのはいかがなものかと言われそうなのだが、事実だから仕方ない。
地元石神井公園の日本料理店「海音」に、まだ行ったことがないと言うので、今宵も男同士でカウンターに座る。

4kai001.jpg

4kai01.jpg



最近は福島以北の日本酒ばかり飲んでいたので、ビールで喉を潤した後は、栃木の大那から始める。

4kai02.jpg

4kai10.jpg



前菜盛り合わせで、同じく栃木の四季桜を飲む。

4kai03.jpg

4kai11.jpg


≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今宵も日本酒の日(きの字)

10月1日の「日本酒の日」の直前に、西日暮里の稲毛屋で開催された日本酒会に出席した。
この時いただいた日本酒の日告知パンフレットを見ると、錚々たる名店が協賛している。
城東、城南地区の店に行く機会は無さそうだから、城北、城西地区を探すと、大塚の「きの字」という店が私のアンテナに引っかかった。
そろそろヒートテックを履きたいほど寒くなってきた一夜に、すっかり綺麗になった大塚駅から、新大塚近くの店に歩いて向かう。

大塚駅0001



メインストリートの春日通りから、大塚病院方向の横道に入ると、暗い住宅街に灯りが見えた。

き看板0007

き暖簾0011



渋い佇まいを見ただけで、美味そうな酒とつまみがありそうな予感がする。

kiji14.jpg

kiji03.jpg



片隅のテーブルに着き、瓶ビールを頼むと、お通しで蕪とじゃがいものスープが出てきた。
寒い日はこんな一品が嬉しい。

kiji05.jpg



日本酒の品書きと、日替わりの黒板メニューを見る。

きメニュー10006

きメニュー20007

き黒板0016

いいねー。
酒もつまみも、好みにドンピシャだ。

≫ 続きを読む

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

景色が変わった町で(日本料理 海音)

開店してから三年以上通い詰めている、地元の日本料理店「海音」は、西武池袋線の踏み切りと、富士街道に挟まれた雑居ビルにある。
近隣の人たちには、あの「のとや」の隣りと言った方がわかりやすい。
富士街道の対面には、りそな銀行と、その社員寮があった。

う道0002

う踏み切り0001

以前はスカッと開けた、田舎町の踏み切りみたいな風景だったが、最近は「海音」を訪れるたびに、周辺が変化しているので驚くのだ。


一歩店に入れば、カウンターの中にも外にも、変わらない顔が見える。
いつものカウンターに座り、いつものようにビールから始める。
いつもと違うのは当夜のお通しだ。
涼しげなガラスの器に入った、和風ヴィシソワーズみたいな一品。
じゅん菜の食感が楽しい。
いいねー。

海冷スープ0004

妻はさっそくこの器が欲しくなり、どこから仕入れたのか聞き出している。
どれだけ揃えても、欲望にキリがないから恐ろしい。
前菜の盛り合わせで、福島から仕入れている日本酒に切り替える。

海前菜0005

あまり知られていない「七ロ万」、「風が吹く」あたりから始めて、少しメジャーな会津娘天明と飲み進み、かなり知られてきた飛露喜へと移って行く。

海七0001

海風0004

海会津0002

海天0003

海飛0005

海カウンター0003

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初春の一夜

今宵は地元の日本料理店「海音」のカウンターで飲む。

海カウンター0001

海板0004

海通し0007

海刺身0002


お通しと刺身の盛り合わせで、会津の酒を二合。
海会津0002

海風0006


≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。