≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日は落ちて酒楽し

久々の多摩ドライブの昼食場所は、青梅市の住宅街にある和食屋「あじ彩」にした。
少し離れた駐車場に車を入れ、旬のおばんざいと書かれた暖簾を潜る。


amu21.jpg


amu22.jpg



予約しておいた1500円の昼膳が出る前に、妻だけ先付けで日本酒を飲む。
あまり見かけない山梨の青煌だ。
30歳の杜氏が作る青煌は、年間たったの20石しか作られていない。
20石は一升瓶換算で2000本だから、頑張れば数人で飲み干してしまえそうな量だ。
今まで神楽坂の「恒」と、青梅のつけ蕎麦「KATSURA」でしか見たことがない酒に、なぜかまた青梅で再会したのにはワケがある。
東京で2軒しかない青煌を取り扱う酒屋の1軒が、青梅市にあるらしいのだ。


amu23.jpg


amu24.jpg



運転手の私は飲めなくて悔しいので、帰りがけに酒屋に立ち寄ることにし、熱々の茶碗蒸しを食べる。
ほくほくの百合根が潜んで、実に美味い茶碗蒸しだ。


amu25.jpg



盛り付けられたおばんざいで、二合や三合は飲めそうだが、ご飯で我慢する。


amu26.jpg


amu27.jpg



杏のムースを食べ終えて店を出る。


amu28.jpg

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 青梅市 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名店の血(つけ蕎麦KATSURA)

世間に「つけ麺」の店が増えている。
おそらくどこかのラーメン店が、もり蕎麦やせいろにヒントを得て開発したのだろう。
逆に蕎麦界でも、ラーメンやうどんの食べ方を参考にした店が現れ始めた。
青梅市にそんな新店ができたと聞く。
「つけ蕎麦KATSURA」だ。

桂2

桂3


並びには「つけ麺」の幟を掲げるラーメン店「蕾」がある。

桂1


行列があったらメゲていたのだが、濃緑のドアを開けると、先客は一組だけだった。
まだ20代に見える、若い夫婦だけで営業している。

桂5

桂4


壁のメニューを見る。
シンプルだが魅力的だ。

桂6


こってり鴨だしつけ蕎麦と、野菜たっぷりぶっかけを頼み、どちらにも味たまをトッピングする。
オーダーを済ませてトイレに立つと、厨房の横には蕎麦を挽く石臼と、蕎麦打ち場がある。
蕎麦を待つ間に卓上のメニューを見る。
青煌いづみ橋、独楽蔵と、日本酒が魅力的だ。

桂7


いつものごとく、妻だけ青煌の純米をもらう。

桂8


≫ 続きを読む

| 青梅市 | 09時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黄金の組み合わせ(恒)



神楽坂周辺には江戸時代から続く町名が多く残っている。
宅配業者やタクシードライバーは少々困るだろうが、路地裏あたりで突然町名が変わったり、番地が飛んだりするのは散歩の楽しみだ。
かつて神田川の荷揚げ場があったから揚場町とか、武家屋敷に竹矢来があったから矢来町とか、一組10騎単位の先手与力が二組住んでいたから二十騎町とか、町名の由来から往時がしのばれる。
私が時々訪れる酒亭「華もだん」があるのは筑土八幡町で、もちろん坂の上に建つ筑土八幡神社から名付けられている。
今宵訪れる予定の店は、筑土八幡町に隣接する白銀町にある。
昔は白銀が採れたからではなく、困窮した村から移住した人々が、裕福になることを願って白銀と名付たのだそうだ。

恒外0004



店の名は、店主の名前から一文字取って「恒」だ。
まだ先客が居ない時間に入店し、ビールで喉を潤す。
店主が一人で料理も接客もこなす店だから、混んできたら料理の出が遅くなるかもしれないと思い、お互いのために2,500円のオマカセにした。

恒店主0010

恒メニュー0005

恒エビス0001



さっそくいかにも夏な、枝豆ととうもろこしでビールを飲み干す。
もう一つのお通しは、身欠きにしんと茄子の煮物。
こちらは日本酒にピッタリはまる。

恒通し0013



昔懐かしいベニーグッドマンとかが映るスクリーンの裏に、美味そうな日本酒が収納されている。

恒スクリーン0003



どの銘柄を選んでも、3種で1,300円という利き酒セットにし、徳島の旭若松、水戸の百歳、栃木の「たまか」をお願いする。

恒三種0007

恒旭0005

恒百蔵0006

恒たまか0001



≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。