≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飲んで食って燃える夜(じぃま)





小さな個人店のカウンター席で飲むのが好きだ。
一度行っただけで名前を憶えて、二回目に行った時に本名で声をかけられたりすると、すっかりその店のファンになる。
そうなると基本的にサラリーマンとバイトで運営しているチェーン店には行かなくなる。
そう思っていないのに「ごゆっくりどうぞ」なんて言う店や、テーブルのボタンを押して店員を呼ぶ店はイヤだ。
今夜は吉祥寺の「じぃま」に行く。
ここの店主小嶋さんも、初回訪問で私の名前を憶え、何か月か間が空いて再訪した時にも、しっかり忘れていなかった。


j805302.jpg


j805316.jpg


j805304.jpg





カウンター席はほぼ埋まっているので、テーブル席に着く。


j805314.jpg


j805307.jpg







ビールを飲みながら、お通しの八丁味噌パンをつまむ。
カウンターの食材を見に行く。


j805324.jpg


j805310.jpg


j805305.jpg



松茸と海老は発注決定。




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

毎晩でも大丈夫(喰酔たけし)

すっかり我が家の食卓と化している、地元居酒屋「喰酔たけし」で妻と待ち合わせする。
石神井公園駅から商店街を歩くと、ampmとマクドナルドが撤退した跡地に、パン屋のデンマークと薬の福太郎が開店している。

df001.jpg



ドラッグはいらないが、パンは歓迎だ。
たけしの階段を上がって行くと、いきなり毛蟹が目に飛び込んできた。

kst3.jpg



地元寿司屋の「さつき」で毛蟹を食べたばかりだが、どっしりずっしりとした姿を見たら頼まずにはいられない。

kst4.jpg

kst5.jpg



京都伏見の蒼空と、広島の寶剣を飲みながら毛蟹を食う。
至福の15分だ。

kst11.jpg

kst12.jpg

kst17.jpg

kst9.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

馬場でもやしもん(海と)

高田馬場の讃岐うどん「蔵之介」で下地を作り、予定通りに二軒目に歩いて行く。
飲み友からオススメと聞いていた「タカダノバル」に着くと、ほぼ満席の盛況ぶりだ。
詰めてもらえば入店できたが、スタンディングでは体力が持ちそうにないことに気付く。

バール0001


立ち飲みではあるが、P箱椅子もある「海と」に行き先を変更した。

かいと2

かいと1


ちょうどP箱椅子も空いている。
椅子が空いているのに、あえて立ち飲みを好む客も多いが、私は断然座り飲み派だ。

かいと中


うどん屋で腹を満たしてきたので、酒のメニューを見る。

かいと8


ピッチピチに釣られて、淡墨桜の純米生原酒。

かいと6

かいと7


名前で選んだ長陽福娘

かいと4

≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲリラ豪酒(喰酔たけし)

酒豪女性が我が家に遊びに来た。
自宅飲みすると私は楽なのだが、妻は仕込みや片付けで大変だ。
日本酒の在庫も、せいぜい3種類ほどしか無い。
3台目の日本酒用冷蔵庫が入ったので、ますます在庫が豊富になった地元居酒屋たけしに、夕方になってから飲みに出かける。
個室に3人で陣取り、まずはビールで喉を湿らせてから、次々に日本酒を制覇していく。

せんきん

t8.jpg

t9.jpg


仙禽、ちえびじん、鍋島、寶剣、亀の海・・・・・

t10.jpg

t11.jpg

t2.jpg




ああー、うまいだっちゃ


t1.jpg



日本酒の銘柄は指定せず、美味そうなやつをオマカセだ。
東鶴英君秀鳳長陽福娘・・・・・

t3.jpg

t4.jpg

t5.jpg

t6.jpg

t17.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前夜祭

昭和63年(1988年)に始まった照姫まつりは、今回で22回目になる。
昨年は12万人が訪れたそうなので、普段は地味で静かな町が、一気に活気付く。
照姫は石神井城主だった豊島泰経の次女と言われている。
文明9年(1477年)に、江古田沼袋原の戦いで太田道潅に敗れた豊島泰経は、やがて三宝寺池に愛馬ごと入水して自害したという。
照姫も後を追って入水した、悲しい伝説が残っているのだ。


子供が小さかった頃は照姫まつりに出かけた我が家だが、ここ何年かは混雑を避けて公園には近寄らない。
当日になって自宅の周辺が交通規制を受け、初めて祭りに気が付いた年もあるほどだ。
祭りには行かなくても、なんとなく気分は高揚して、照姫のポスターや幟が並ぶ商店街に飲みに行く。
たけ照姫0004


今宵も居酒屋たけしが立ち寄り先だ。
店の階段下に停められた自転車で予測はついていたが、やはり店内は満席だった。
たけ外0002


だいぶ時間はかかったが、頼んだ魚、豚、牛はどれも美味い。
たけ刺身0001

たけ桜海老0003

たけ豚0006

たけ豚小皿0007

たけ牛0005

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。