≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年ぶりの保谷飲み(すし割烹 福原)





かつて保谷駅近くに、なんと1,600坪の敷地を有する中華料理店「保谷武蔵野」があった。
元は昭和初期に建てられた豪農の屋敷だったらしく、かぶき門や鯉が泳ぐ池があり、なんとも贅沢な造りだった。
はっきり言って味は残念レベルだったが、夏になると広い日本庭園がビアガーデンになるので、二回ほど飲みに行ったことがある。
10年ほど前に保谷武蔵野が閉店してからは、アルカションにケーキを買いに行くぐらいで、夜に保谷駅で降りることは無くなった。

最近ブログ経由で、保谷駅に寿司屋ができたと情報を頂いた。
情報をくれた方自身は入ったことがないのだが、周囲の人の評判がいいと言うのだ。
ネットで検索すると、ヒトサラというサイトに店の宣伝記事が出ている。
つまみの種類が多く、値段も手ごろなので、妻を誘って探検しに行った。


f66119.jpg




暖簾の隙間から店内を覗くと、テーブル席に一組先客がいるだけで、カウンターはガラガラだ。
少々不安を感じながらも店内に入る。


f66120.jpg




開店して一年も経っていないらしいが、外観も内装も古びている印象だ。
おそらく居抜きだろうから、古くても清潔なら気にならない。


f66121.jpg




寿司屋にしてはかなり豊富なつまみのメニューを見る。


f66123.jpg


f66124.jpg




ビールを飲みながらじっくり検討する。


f66138.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乗り越しても

夕方から寿司気分だ。
池袋に居た妻にメールして、地元駅前の「さつき」に行くつもりで西武線急行に乗る。
路線図を眺めていると、急行の停車駅は石神井公園、ひばりが丘、所沢の順だ。
急きょひばりが丘まで行き、各駅に乗り換えて隣の東久留米で降りることに決めた。
過去には何十回も乗り過ごしたことがあるが、意識的に乗り越すのは東久留米に「幸まる」ができてからだ。

東口改札に比べると、超地味な北口改札を出て、石神井公園より栄えていそうな商店街を抜ける。
店が途切れた頃に、「幸まる」の灯りが見えた。


幸外0005


幸のれん0003




入り口の黒板を見ると、今宵も美味そうな肴が揃っている。


幸黒0013




店内に入ると、右手のテーブル席に見覚えのある男女が座っている。
地元の飲み屋で何回も顔を合わせたことがある夫婦だ。
やはり石神井公園を乗り越して、食べに来たのだと言う。
我々はカウンター席に座った。


幸通し0012


幸エビス0001




お通しでエビスを飲み、黒板メニューから天然大殻帆立しょうゆ焼き、とらふぐ刺し、焼き牡蠣をもらう。


幸帆立0006


幸ふぐ0004


幸牡蠣0008


東久留米でふぐに出会えたのが嬉しい。

≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 08時00分 | comments:15 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

師匠越え(幸まる)





日本人ならほとんどの人が寿司は好きだろう。
もちろん私も大好物で、二日や三日連続して食べても飽きない。
ところが未だに価格が不明朗な店が多いので、新規開拓はためらってしまう。
不明朗であっても、内容と価格の釣り合いが取れていれば納得できるが、タカビーな態度でふざけた請求をする店も結構多いのだ。
回転寿司なら明朗会計だが、車でないと行けない場所が多いし、混んでいて落ち着かない。


幸いなことに、そんな不満を解消する明朗会計寿司屋が、ご近所に三軒ある。
地元石神井公園駅前にある「さつき」、大泉学園に二店舗ある「まる辰」、中村橋の山嘉(ざんか)だ。
どの店も待ち客が出るほどの人気店だが、もちろん欠点もある。
「さつき」と「まる辰」は、狭くて酒の品揃えがイマイチだし、「山嘉」も古くて狭い。


ところが日本酒会で同席した夫婦から、山嘉の板前が独立して東久留米に開いた店が、かなりいいと聞いた。
大泉学園から先は、清瀬と所沢しか降りたことが無い。
まったく土地カンが無いが、東久留米に初上陸してみた。


幸駅前0033




住所を頼りに、目的の寿司屋「幸まる」に辿り着く。


こうそと


幸看板0004


こうのれん




おー、予想以上にステキな外観で、とても格安の明朗会計寿司屋には見えない。
店内もカウンター、テーブル、座敷があって、広々としている。
ファースト・インプレッションは上々だ。
顔見知りの店主も居たので、初めて入った店だが、すぐに馴染む。


こうかうんたー




メニューを見る。
安い! 嬉しい!
55円からほぼ20円刻みで細かく価格設定されている。
細かすぎる気もするが、千円単位で刻む銀座の寿司屋よりは100倍いい。


こうめにゅー




日本酒もそこそこいいのが揃っている。


こうさけ




出身の山嘉と同じく、つまみはホワイトボードに書かれている。
まずは突き出しでビールを飲む。


こうびーる


こうとおし

≫ 続きを読む

| 保谷・ひばりが丘・東久留米 | 00時00分 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。