≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蒼空の梯子

神聖の蔵で昼食を食べ、黄桜のカッパカントリーを見学し、「蒼空」を作る藤岡酒造に向かう。
藤岡酒造は明治に創業され、現在は五代目に引き継がれているが、実は平成7年に蔵を閉じたそうだ。
蒼空は平成14年に再興された時にできた銘柄だから、歴史は浅いのだが、しっかり東京の銘酒居酒屋にも入っている。
私も何回か飲んだことがあるが、好きな日本酒の一つだ。
藤岡酒造の裏手に差し掛かると、ちょうどWebサイトに写真が出ていた五代目らしき男性が、子供を連れて裏門から出てきた。
蔵に併設された日本酒バーは営業しているのか聞くと、今は2種しか在庫が無いが、やっているとのことだ。

sok2.jpg

sok3.jpg

sok4.jpg


まずは蒼空の直売所を見る。

sok5.jpg

sok6.jpg

sok7.jpg



酒屋に置いてある一升瓶と四合瓶は無く、ここでしか買えない洒落たデザインの500ml瓶だけだ。
500ml瓶は割高に感じるが、一升瓶があっても持ち帰るのに困るし、ベネチアガラスのボトルらしいから嬉しい。
仕込みタンクが見えるバーカウンターに移動する。

sok8.jpg

sok9.jpg



グラスも欲しいが、売りものではないらしい。

sok11.jpg

sok10.jpg



美山錦の純米原酒と、五百万石の純米おりがらみを飲む。

sok12.jpg

sok13.jpg

中高年男女の団体さんが入ってきたので、席を譲って直売所に戻る。
どちらも美味かったから、二本ずつ買い求める。
蔵で出来たての酒を瓶に詰めてもらう。
贅沢な気分なのだ。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伏見で昼酒(鳥せい)

京阪電車で伏見桃山駅に行く。
アーケード街を歩き、伏見全蔵の酒を揃える油長の前を通る。

sei1.jpg

sei2.jpg



十数年前に行った記憶を頼りに歩く。
神聖の蔵を改装した「鳥せい」で、遅い昼食を取る。

sei3.jpg

sei4.jpg

sei5.jpg



神聖は創業が延宝5年(1677年)の山本本家が作る、昔懐かしい銘柄だ。

sei6.jpg

sei7.jpg



午後2時近いのに店内はほぼ満席の盛況で、大部分の客が日本酒を飲んでいるから嬉しくなる。

sei8.jpg



しばらく待たされてから、相席でも良ければと案内される。
店内中央には、蔵出しの生原酒が入ったタンクが、ドカンと鎮座している。

sei13.jpg

sei14.jpg



店名の通りに鳥料理がズラリと並ぶ品書きを見る。

sei9.jpg

sei10.jpg

≫ 続きを読む

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弱いもの(石川酒造)

福生のビール小屋でランチを食べ、敷地内をぶらぶらする。

is4.jpg

is17.jpg

is18.jpg



石川酒造の日本酒やビールを全種類揃えている「酒世羅」に向かう。

is6.jpg



酒はもちろんだが、器や道具も魅力的だ。

is7.jpg

is8.jpg

is9.jpg

is10.jpg


≫ 続きを読む

| 福生市・昭島市 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

見るだけ(福生のビール小屋)

東京都酒造組合には12の蔵元が名を連ねている。
そのうち2蔵は休業中だから、実際に酒を作っているのは10蔵しか無い。
23区唯一の蔵で、北区で丸眞正宗を作っている小山酒造。
澤乃井で知られる青梅市の小澤酒造は、ままごと屋などの料理店も併設する大きな蔵だ。
福生市には多満自慢の石川酒造と、嘉泉の田村酒造場がある。
あきる野市にも千代鶴の中村酒造場に、喜正の野崎酒造と2蔵ある。
かなり飲んでいる屋守を作っているのは、東村山の豊島屋酒造だ。
一度も行ったことが無い蔵では、八王子の小澤酒造場と中島酒造場に、府中の野口酒造店がある。

この10蔵の中で、おそらく唯一ビールも作っているのは、福生市の石川酒造だ。
蔵には多満自慢が飲める蕎麦屋「雑蔵」と、地ビールが飲める「福生のビール小屋」を併設している。
晩酌用の日本酒を買いに石川酒造に行き、ついでにどちらかの店でランチを食べることにする。

is1.jpg

is2.jpg



どちらの店も空席があるように見えたが、すべて予約で埋まっていると言われる。

is3.jpg

f1.jpg



一時間だけならと言われた、福生のビール小屋で食べることにした。
車なので私は酒が飲めないから、一時間あれば充分だ。

f2.jpg

f3.jpg



「私だけ悪いわねー」と言いながら、ためらわずにブルーベリーエールを頼む妻。

f4.jpg

≫ 続きを読む

| 福生市・昭島市 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蔵開きでほろ酔い(豊島屋酒造)

東京の酒では一番好みの「屋守」を作っている豊島屋酒造が、年に一回だけ蔵を開放すると聞いた。
肝心の「屋守」は流通ルートが限定されているので、この日は飲めないし買えないらしいが、秋の遠足気分で行ってみる。

豊島1

豊島2

豊島3



入口でいきなり二種類を試飲し、まずは蔵を見学する。
元々は「金婚」の銘柄を作る蔵だが、全国的に知名度が上がってきたのは御曹司(通称:タナカちゃん)が「屋守」を立ち上げてからだ。

豊島4

豊島5

豊島6

豊島7



蔵の出口でまた試飲する。

豊島10

豊島8



屋外に出ると、すでに大宴会状態だ。

豊島11

豊島12

豊島16

豊島15

豊島13


盛り上がってるなあ。
社長も走り回っている。

豊島14


≫ 続きを読む

| 東村山 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おとなの遠足(石川酒造)





あきる野から陸橋通りを走り、多摩川を越えてすぐに右折すると、江戸時代から続く石川酒造がある。
「多満自慢」の銘柄で知られる日本酒と、「多摩の恵」という名の地ビールを作る蔵元だ。


石外0026


石杉玉0004


石けやき0003


石けやき看板0002


石たる0003




敷地内には石川酒造の作る全ての日本酒が飲める蕎麦屋「雑蔵」と、イタリアンで多摩の恵が飲める「福生のビール小屋」を併設している。


石雑0028


石ビール0025


この日は天気が良くなかったので空いていたが、桜や紅葉の季節には敷地内に人が溢れるほどだ。


≫ 続きを読む

| 福生市・昭島市 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一万日の夢

10月の末に地元の日本料理店で行われた日本酒会で、京都伏見の松本酒造が作る「澤屋まつもと」を楽しんだ。
この時すでに京都プロジェクトがスタートしていたので、来店していた松本酒造の専務に、蔵見学をお願いしておいた。
当日は京都駅から近鉄に乗り、桃山御陵前駅で降りて、タクシーで松本酒造を訪れる。

まついりぐち

まつくら


最初に案内されたのは、迎賓館と呼ばれる建物だ。

松本通路0001

まつもん



建物の玄関には万暁院と書かれている。

松本玄関0001

まつにおう

まつげんかん


呼び鈴代わりの木魚がお茶目だ。

松本木魚0005


なんだかタダモノではない雰囲気なのだが、やはり有形文化財に登録されているようだ。

まつぶんかざい


奥座敷に通され、松本社長から説明を受ける。

まつしゃちょう

松本茶0002

松本おちょぼ0001


ここ万暁院は、先々代の社長によって、昭和29年に建てられたと言う。
大正時代から準備を始め、30年1万日かかって建てたので、万の暁の院と名付けたらしいのだ。
もちろん一般公開はされていないのだが、桃山時代からの貴重な品が多く収蔵されている。
最初に入ってきた万暁院の正門と玄関は、織田信長の弟である織田有楽齋が、慶長19年(1614年)に建仁寺北に建てた邸宅「有楽館」から移築したものだ。


瓦廊下から見る、枯山水の庭園も素晴らしい。

まつろうか

まつわらじ¥

まつにわ

まつしょほう


この庭園のあちこちに石灯篭が置かれている。

まつとうろう


おそらく一番価値があると言っていたのは、キリシタン大名高山右近邸にあった、マリア灯篭と呼ばれる織部灯篭だ。
キリシタン弾圧を受けて、灯篭の土台にマリア様を彫り、普段は土中に隠れるようにしてあったのだと言う。

まつまりあ



邸内の造りも見事だった。
まつびょうぶ

まつざしき


松本社長のイチオシはトイレだ。
床板の木目の素晴らしさとか、実はかなり金をかけたらしいのだが、一見すると普通の和式にしか見えないのは、私の修行が足りないからだろう。

まつといれ


先々代は金をかけただけでなく、自分の足で様々な物を集めたとのことだ。
河原を歩いては、流木や石を拾ってきたらしい。

まつき

まついし

松本石0006

男のロマンだなあ。

≫ 続きを読む

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。