≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偶然の食卓(八献)




季節ごとの食材を、目でも舌でも楽しめる日本料理と日本酒の組み合わせが好きだ。
この日は妻が吉祥寺で買い物がしたいと言うので、夕食は東急裏の八献で食べようかと思っていた。
すると妻の友人から電話が入る。
姪と吉祥寺で食事することになったので、落ち着ける和食店を教えてくれと言うのだ。
それならば一緒に八献に行こうと、4名の予約を入れる。


h769329.jpg




友人の姪とは一度会ったことがあるのだが、長身の独身美人姉妹で、しかも二人とも医師だった。
今夜は27歳の妹が来ると言うので、ワクワクしながら店に行く。
落ち着く半個室に案内される。


h769332.jpg


h769374.jpg


h769335.jpg





まずビールと、お通しのあんきもムース。
料理はいつものおまかせコースをお願いする。


h769350.jpg


h769361.jpg


h769337.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一周年イブ(八献)



吉祥寺東急裏の「八献」が一周年を迎えると聞いた。
当日は行くことができないので、前日に予約を入れる。
子供が小さかった頃に、並んだ記憶がある焼肉「牛鉄」と同じビルの三階に八献はある。
一階の店舗には美人客多数。


h2503719.jpg




エレベーターが無いビルなので、とぼとぼ普段を上がる。


h2502373.jpg


h2502389.jpg




妻と現地酒~豪した時は、いつも私が先に到着するのだが、今夜は珍しく逆だった。
すでに妻はビールを飲んでいるので、私も追いかける。


h2502405.jpg


h2502374.jpg


h2502391.jpg





階段を上がって疲れたオジサンに、店主がスッポンの血のオレンジ割りをサービスしてくれる。


h2502390.jpg





今夜の料理も、3850円の店主おかませコースをお願いした。


h2502377.jpg



≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幻の白岳仙(八献)






アラスカ前に訪れた吉祥寺「八献」から、白岳仙の会があると連絡を頂いた。
白岳仙は妻が好きな銘柄だが、残念ながら会が開催される日には参加できないので、事前に飲みに行く。


hak001.jpg


hak002.jpg


hak003.jpg


hak004.jpg




おまかせコースをお願いして、最初はハートランドを飲む。


hak006.jpg




さっそく前菜に白岳仙を合わせようとメニューを見ると、純米大吟醸1900円なり!!
許容範囲の純米や純吟は、この日のメニューに無い。
100ccグラスでこの値段はきつい。
5杯飲んだら1万円だぜ。
手ごろな値段の小左衛門から始めることにした。


hak007.jpg


hak008.jpg


hak009.jpg


hak10005.jpg




松茸と湯葉の吸い物に寶剣


hak010.jpg


hak011.jpg




刺身には賀茂金秀と、ひやおろしを続ける。


hak012.jpg


hak013.jpg



すっかり秋だなあ。



≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

至福の酒肴(まにわ)




日本の夏は祭りだ。
私が子供の頃に住んでいた文京区は、今よりずっと若年人口が多かったので、各町内を神輿や山車が練り歩き、盆踊りがあって、ワクワクしたことを思い出す。
定期的にある縁日も楽しみだった。
当時は周囲に高い建物が無かったので、二階のベランダから隅田川の花火が見えて嬉しかった。

石神井公園に移り住んでからは、近所で神輿や山車を見かけたことが無い。
それでも二階の窓から豊島園の花火がチラリと見えて、日本の夏を感じたのだが、今は中止されて寂しい。
石神井公園ボート池の灯篭流しは、少々地味過ぎて高揚感が無いしね。

阿佐ヶ谷七夕祭りの期間中に「まにわ」の予約が取れたので、早めに出かけて見学することにした。


maw01.jpg




と思ったのだが、パールセンターに入った途端にすごい人波で、なかなか前に進めない。


maw0002.jpg


maw0001.jpg




50メーターほど進んで、早くも七夕を断念し、予約時間より早いが北口の「まにわ」に避難する。


maw02.jpg


maw03.jpg


maw04.jpg




座った途端にビールと酒肴コースをお願いする。


maw05.jpg


maw06.jpg


今夜も美味そうな品が勢揃いだ。


≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐るべき焼きとん店(ひなた)

後期高齢者の父親が、東武東上線の東武練馬駅が最寄りの病院に転院した。
我が家から車で環八を走ればかなり近いが、この日の見舞いは電車を乗り継いで行くことにする。
実は隣り駅の上板橋にある、やきとん「ひなた」に妻と行ってみたいと企んでいるのだ。
「ひなた」は野方の秋元屋出身の店主がやっている店で、焼きとんはもちろんのこと、ワインに合う洋風メニューも充実しているし、日本酒の品揃えもいいから、本家よりこちらの方が好みだ。
しかし休日は午後4時開店で、予約が出来ない店だから、なかなか行く勇気が出ないまま日が経っていた。
この日は福島県で被災して、石神井公園の実家に逆単身赴任しているばるべにー青年も誘っている。
16時ジャストひなた着の予定で、東武練馬駅で上り電車を待っていると、ばるべにークンから「到着しました」とメールが来た。
開店の10分前に着いたのに、すでに数名の先客が並んでいるそうだが、先発隊が居るからホッと安心し、上板橋駅から悠々と店に向かう。

hina01.jpg



店内に入ると、すでにぎっしり満席ではないか!
ばるべにークンが確保した小さなテーブル席に着く。
先客の数名は場所取りの先発部隊だったらしく、後から仲間が来たので満席になったという訳だ。
開店5分後に来た客は断られているから、ひなた恐るべしなのだ。

hina02.jpg



さっそくビールを頼んで乾杯する。

hina09.jpg

hina06.jpg



卓上と黒板のメニューを眺めて、何を食べるか検討する。
地元の大人気寿司屋「さつき」と同じく、メモ用紙セルフ発注品書き込みシステムだ。
20人以上の客が同時刻に一斉注文しているから、オーダー品が出揃うまで時間がかかるだろう。

hina03.jpg

hina04.jpg

hina05.jpg



たちまちビールを飲み干して日本酒をオーダーしたが、予想通りに時間がかかる。
なにしろ通路にまで立ち飲み客が居るから、店のオネーサンが通るのもやっとなのだ。

hina07.jpg

hina08.jpg



カウンターの客が協力して中継してくれるから、この頃からオーダー品が続々と登場する。
レバ刺し、牡蠣フライ、鶏レバーのパテ、焼き野菜サラダなど、テーブルが狭くて乗り切らないから、急ピッチで食べて行く。

hina15.jpg

hina16.jpg

hina17.jpg

hina18.jpg

hina19.jpg

hina23.jpg

hina25.jpg



洋風メニューがあるので、妻はワインに切り替える。

hina28.jpg

hina29.jpg

≫ 続きを読む

| 上板橋・東武練馬 | 00時00分 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒と魚で幸せな夜(喰酔たけし)

美味い魚が食いたくなると、地元居酒屋の「喰酔たけし」に行く。
店主のたけしクンは、西武沿線の小さな居酒屋ということを忘れ、とんでもなく質のいい魚介を仕入れてくるから、時にはびっくりする価格で手が出ないこともある。
この夜も産直の松葉蟹を12,800円で出すと言われるが、残念ながら何かの記念日では無いので断念した。
私が普段の店を選ぶ基準は、「一人5千円以内で飲んで食って満足」なのだ。
いつもはビールでスタートするが、この日は自家製のジンジャーハイボールを選ぶ。
生の生姜汁がピリリと効いて、風邪退治に良さそうだ。

2ks2.jpg



この店にはお通しが無いので、すぐに出てくるおばんざい盛り合わせと、体に良さそうなプチヴェールを頼む。

kst012.jpg

kst01.jpg

kst008.jpg



刺身を頼んでおいて、日本酒を飲む。

2ks1.jpg

kst014.jpg

kst019.jpg

kst015.jpg

kst016.jpg

kst017.jpg

kst018.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

振舞酒に酔う(華もだん)


神楽坂の喧騒から少々離れた筑土八幡町に、OLから転身した女将が「華もだん」を開店して、ちょうど三年経つと案内を頂いた。
三周年記念日には、日本酒をすべて400円にすると聞けば、行かないわけにはいかない。


華ビア0001


華通し0013




三種のお通しで生ビールを飲んだら、さっそく日本酒を発注する。
と思ったら、女将が重厚な箱をテーブルに持ってきた。
青森の田酒が作った、限定の純米大吟醸2本セットだ。
女将の説明によれば、酒造好適米「山田錦」の母親「山田穂」と、父親「短棹渡船」の酒なんだそうだ。
三周年記念の振る舞い酒ってことで、母親の山田穂を一杯ご馳走になる。
おそらく4合瓶で1万円ぐらいだろうから、こんな機会でないと口にできない酒だ。


華箱0010


華田酒0009




さて次は注文した酒の番だなと思ったら、またもや覚えのない酒が出てくる。
我が家でも大好物の、東村山「屋守」おりがらみだ。


華屋守0003




女将が「あちらのお客様からです」と言う方を見ると、笑顔がステキなオジサンが居る。
なんと時々ブログにコメントをいただく、散歩の達人さんだった。
池袋のオステリア・ピノで、私を目撃したことがあったらしいのだ。
美味い振る舞い酒を二杯もらい、すっかり気分良く飲み進む。

通称「裏鍋島」と鳳凰美田


華鍋島0005


華鳳凰0006




秋田の白瀑「山本」と、広島の賀茂金秀


華山本0007


華賀茂0012




山形の十四代に、長野の翠露


華十四0005


華翠0004




一白水成の「ささにごり」に、くどき上手


華一白0002


華中0003

≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。