≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩酌率100%の蕎麦屋(そば匠 やぶいず)






休日の夕方。
娘は友人の結婚式で横浜に行っている。
夫婦二人で家で食べても、ほとんど会話が無い。
見たいテレビもあまり無い。
では外食するかと思っても、これから電車に乗って遠くに行く気はない。
ご近所の竹政、喰酔たけし、海音には行ったばかりだ。
蕎麦、寿司、イタリアンと候補を挙げるが、二人の意見が一致しない。
結局徒歩15分ほど離れているが、「そば匠 やぶいず」に決めた。


y713266.jpg




18時ジャストに到着すると、店内は半分ほど埋まっている。


y713286.jpg




まずビールを頼んでから、卓上と黒板のつまみメニューを見る。


y713295.jpg


y713282.jpg





ビール用にポテトフライ。


y713285.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女ってやつは(呑喰燃じぃま)




このブログにも10回以上登場しているSoul Expressが、子供の日に吉祥寺のサムタイムでライブをやると案内が来た。
妻がご近所居酒屋たけしの母ちゃんとか、Soulと踊りが好きな大先輩に声をかけ、合計8名で予約を入れる。
男は私一人だけだが、手放しで喜べない。
女性チームの最高齢は70歳、平均年齢は60歳という、嬉しいような悲しいような微妙なシチュエーションなのだ。
ライブに行く前に、どこかの居酒屋を予約してくれと妻に命じられ、井の頭通りの「呑喰燃じぃま」を確保した。
お世話役で道案内人の私は、早めに自宅を出発する。
と、妻から電話があり、大先輩の4人チームが揃って来られなくなったと言う。
サムタイムとじぃまに電話を入れて人数変更を詫びる。
待ち合わせ時間の30分前に吉祥寺到着。
ヨドバシ裏の飲み屋街を探検する。


k10735.jpg


k10739.jpg




蕎麦、うどん、タパスと酒があるBar Samico。


k10736.jpg




タイ料理で日本酒が飲めるラコタ。


k10737.jpg





吉祥寺のつくね王と呼ばれる焼鳥せんなり瓢箪。


k2314538.jpg




美味い魚介と青森酒の魚秀。


k10738.jpg




店主の顔が店名になっている、みかづき酒房。


k10740.jpg




燗酒大王のカイ燗。


k10783.jpg




個性あふれる個人店が点在し、わくわくする裏通りだ。
まだ時間があるので井の頭公園に行き、ドナテロウズ閉店の悲しいお知らせを目にする。
猫たちの行方が心配だ。


k02865.jpg




待ち合わせ場所の吉祥寺駅に行くと、珍しく時間ぴったりに現れた妻が、「たけしの母ちゃんに急用ができたので、サムタイムだけ来るって」と言う。
当日になって8人の予定が3人って、私が飲食店の立場なら怒るぜ。
またもや店に電話を入れ、8人分飲み食いするつもりで「じぃま」に行った。


k10742.jpg


≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

想定外の中杉通り(太鼓屋&PAUSE)

都立家政の焼鳥店Hajimeに入る前に、近くにいい感じのイタリアンがあるのを見つけた。
二次会はここでワインでも飲もうかと思っていたが、店を出ると意外に涼しいので、鷺宮の蕎麦屋「太鼓屋」に方針変更する。
Hajimeから太鼓屋までは、歩いても近いのだ。


haj23.jpg


haj24.jpg



いつも座るカウンターは先客で埋まっているので、テーブル席にする。
軽く東北酒を飲んでから蕎麦で〆るつもりだ。


haj35.jpg



客席まで出てきた店主に、何がオススメか聞いていると、カウンターに居た美人客と目が合う。


bita003.jpg




オー、先日石神井公園の喰酔たけしで会った美人たちじゃないの!
美人たちも私を覚えていたので嬉しくなり、阿部勘を二種飲んで、とりあえず茶豆と湯葉をつまむ。


haj28.jpg


haj26.jpg


haj27.jpg



もう一人友だちが合流すると美人たちが言う。
しかもさらに美人だと聞いては、顔を見ないでは帰れない。
10分前までは軽く日本酒を飲んで、蕎麦で〆る予定だったのに、次々に一升瓶を林立させてしまう。


haj29.jpg


haj30.jpg


haj31.jpg




するとお待ちかねの第三の美人が現れる。





!!!





なんと某所で定期的に顔を合わせる制服美人ではないか!
いつも事務的な話しかしたことがなく、私服は初めて見たが、いいねー。
ますます嬉しくなって、さらに杯が進む。


haj32.jpg




しまいには画像がブレてるし。


haj34.jpg


haj58.jpg


haj57.jpg


まったくアホなオッサンだ。


≫ 続きを読む

| 野方・都立家政・鷺ノ宮 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妻帰らず(炎丸酒場)




新小岩の「二代目山海」で串揚げと和食を堪能したが、少々日本酒の品切れが多く飲み足りない。
まだ早い時間なので、駅近くの「炎丸酒場」でもう少し飲むことにする。
以前系列店に行った時に、まともな日本酒が何種か置いてあったと覚えている。
活気があって暑いほどの店だ。
カウンターに空席を見つけて座る。


enm01.jpg


enm03.jpg




それほど日本酒の種類は多くないが、二軒目だからそこそこ飲めればいい。
妻はハイボールで、私は而今から始める。


enm04.jpg


enm08.jpg




おもしろい趣向のポテサラと、ザーサイキャベツをつまむ。
酒もつまみも安くてそこそこ美味いから、満席の理由がわかる。


enm55.jpg


enm56.jpg


enm05.jpg


enm06.jpg


enm07.jpg



つまみが出る前にトイレに立った妻が、なかなか帰って来ない。
私は而今を飲み干して、お替りはにする。


enm09.jpg



具合でも悪くなったのかと心配していると、妻が美人と一緒に戻って来た。
なんと息子の同級生たちが奥のテーブルに居たので、話していたと言うのだ。



「ご一緒に飲みませんか?」と美人が言う。



喜んで!



≫ 続きを読む

| 向島・亀戸・新小岩 | 00時00分 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心残り(鉄板焼 さくら)

昨年の暮れに目白で所用を終えて、タクシーで早稲田の焼鳥屋「はちまん」に向かった。
明治通り沿いの戸塚警察署辺りから渋滞したので、何気なく外を眺めていると、なんだかカッコイイ店がある。
「鉄板焼さくら」と看板が出ていたので記憶に留め、帰宅してから検索すると、時々コメントをいただく「いざ酔い日記」さんのブログがヒットした。
ブログの記事を拝見すると、なかなか良さそうな店なので、行ってみたいと思いつつも、どこの駅からも遠そうなので踏ん切りがつかない。
しいていえば副都心線の西早稲田駅が近そうなので、新宿に所用がある日に予約を入れた。
ところが当日は早めに用事が終わったので、つい蕎麦屋の「もり」で下地を作ってしまう。
腹五分目ぐらいになってから「さくら」に向かった。

sa02.jpg

sa01.jpg



ぴかぴかに綺麗な店内には、大きな店主と小柄な女性が二人。
二階にも客席があるようだが、鉄板焼き店はカウンターが絶対にいい。
店主の正面には先客が居るので、鉄板を横から眺める席に着いた。

3saku1.jpg

3saku3.jpg

3saku2.jpg



の純米酒からスタートし、お通しをつまむ。

3saku4.jpg

3saku7.jpg



メニューを眺める。
酒の銘柄から食べ物の構成まで、以前仕事がらみで行った、神楽坂の某鉄板焼き店とかなり似ている。
新橋や赤坂にも店舗がある鉄板焼き店だったので、おそらく店主はどこかに居たのだろうか。
まずは前菜の盛り合わせをオーダーした。

3saku15.jpg

3saku8.jpg



一見するとレバ刺しに思えるのは、滋賀県特産の赤こんにゃくだ。

3saku9.jpg



板麩を添えたポテサラ、リエット、焼き野菜、胡麻豆腐と、どれも美味いから酒が進む。

3saku10.jpg

3saku11.jpg

3saku12.jpg

3saku5.jpg

3saku6.jpg

≫ 続きを読む

| 早稲田・西早稲田・面影橋 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これが池袋(萬家)

新しくなった池袋西武のLOUIS VUITTON前を通り過ぎ、ヤマダ電機裏に飲みに行く。

ban1.jpg

ban2.jpg



表通りはカッコよく変化しても、一本裏通りに入ると、昔ながらのアヤシイ池袋があってホッとする。

ban3.jpg



20年ぐらい前には何回か使ったことがある「風雲」の隣りに、今宵の目的地はある。
馬羅英帝とか歩礼愛とか・・・
オレは魔埜亜だな。
千鶴子、ひばり御殿、みちのく、仔馬などなど、嬉しくなっちゃう店名だらけだ。

ban4.jpg



スナックだらけの昭和な雑居ビルに、居酒屋「萬家」が入っている。
大塚の「地酒屋こだま」から仕入れているので、美味い日本酒があるはずだ。

ban5.jpg



階段で二階に上がり、スナックやラウンジの間を抜けて行く。
素敵過ぎる立地だ。

ban6.jpg

ban7.jpg

ban8.jpg



人世横丁から移転してきた「萬家」の店内は、昭和にタイムスリップしたようだ。

ban9.jpg

ban10.jpg



ほとんど満席だったが、狭いカウンターに空席があった。
最初にもらったビールは、サッポロラガーの大瓶だ。

ban12.jpg

ban11.jpg


≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危険な夜(成蔵)




煙草をやめてから、体重増加が続いている。
食べ物も酒も美味い秋なので、毎朝石神井公園を30分ほど散歩するぐらいでは、デブ化に歯止めがかからない。
そろそろ禁アブラや禁オヤツしないとマズイかなと思い始めた矢先に、素敵な店を見つけてしまった。
セーブして適度に食べればいいかなと、高田馬場の串揚げ店「成蔵」に行く。


蔵た1


蔵7




ランチタイムはとんかつがメインなので、昼も夜も揚げ物なのだが、店内は綺麗で油っぽさは全く無い。
オープンしてから日が浅いせいか、19時過ぎなのに口開けの客として入店する。


蔵8


蔵9




突き出しの生野菜でビールを飲む。


蔵1


蔵マヨ


蔵5




日本酒は5種ほど置いてある。
初めて飲む亀齢には、珍味の三種盛り合わせを合わせる。


蔵た3


蔵3




八海山の純米吟醸も飲んでみる。


蔵た2




ランチタイムは夫婦で営業しているが、夜は店主と後輩のイケメンコンビだ。
一緒に行った飲み友曰く、「ニノとイチロー」だって。
ニノ似の店主は若く見えるが、御成門の「燕楽」で10年以上働き、その後どこかで串揚げを勉強したベテラン料理人だ。
いよいよ禁断の揚げ物をオーダーする。
ストップをかけるまで永遠に出てくる「店主おまかせ」は危険なので、黒板から控えめに選ぶことにした。


蔵4




牛カルビに花車海老。


蔵2




大アスパラガスに銀杏。


蔵10


く16




子持ちこんにゃくにチーズ生ハム。


く19


く6




ピンクソルトやソースを付けなくても充分に美味い。


蔵11




PANKOさん作のパン粉をまとった串揚げは、軽くていくらでも食べられそうで怖い。


蔵6

≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。