≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな日曜日(法師人&エノテカ・アリーチェ&うえも商店)





寒い冬はベッドの中と風呂が極楽だ。
日曜の朝はバスタブに寝そべって、この日やることを色々考える。
風呂から出て、忘れないうちにメモしておく。


1.法師人
2.エノテカ・アリーチェ
3.うえも商店
4.IMA
5.ヤマダでプリンターインク


エノテカ・アリーチェではイタリアワインの試飲会があるのだが、車で回らないととて無理だ。
試飲は妻に任せることにして、まずは法師人に蕎麦を食べに行く。


h86977.jpg


h86978.jpg




他の客が帰ったので、美人姉妹や店主夫妻としばしご歓談。


h87497.jpg





練馬と中村橋の中間あたりにあるエノテカ・アリーチェに移動。


e86972.jpg




たまたま来店していた知人の美女二人と、イタリアワインを(妻が)15種試飲する。
無料のせいか店内は大混雑で、テーブル席は子連れ軍団に占拠されているから、大人客はカウンターに斜め立ち状態だ。


e87498.jpg




飲めない私は店内を物色する。


e86974.jpg


e87499.jpg



生ハムやチーズを購入して、光が丘に移動する。


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 桜台・練馬 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始まりは銀座から(みを木)

毎晩のように飲んでから帰宅するので、妻との会話を覚えていないことが多い。
私のダメオヤジぶりは妻も承知しているので、重要な話は朝することにしている。
とある木曜日の朝に、妻が「土曜日は13時半に出発ね」と言い出した。







「・・・・・?」







意味がわからないので聞き返すと、那須に居る知人に会いに行くので、私が運転手として採用されていたらしいのだ。
泊まりはエクシブ那須白河だと言う。
白河と言えば、飲み友ばるべにーくんのホームではないか!
しかし土日は仕事で東京に居ると言っていたので、池袋で飲む約束をしていた。
あわてて池袋飲みを断り、「白河でオススメの店を教えてね」とメールする。



すると偶然にも、ばるべにーくんの白河の飲み友けーさんが、日帰り出張で東京に出てきているので、当夜に東京駅周辺で飲みましょうと返信が来る。
けーさんと言えば、たびたびブログに登場しているし、ばるべにーくん経由で福島の日本酒を頂いたことがあるので、機会があれば飲んでみたいと思っていた方だ。
顔合わせ場所は銀座の「みを木」に決定したので、仕事を早めに切り上げて急行する。


miw01.jpg



「純米酒と和食のお店です」というフレーズが素敵だ。


miw02.jpg




地下の店に降り、先着していた白河組に合流する。


miw03.jpg


miw04.jpg



けーさんとは初顔合わせだが、そんな気がしないのは日本酒のおかげだ。
さっそくテーブルに出ていた篠峯夏凛を飲み、お通しをつまむ。
白河ストラップが可愛い。


miw11.jpg


miw08.jpg


miw19.jpg




さらに星自慢萩の鶴天遊琳諏訪泉の満天星、羽前白梅、若狭屋徳市、綿屋などを飲む。


miw12.jpg


miw13.jpg


miw14.jpg


miw15.jpg



たった一泊の白河だから、行く店は厳選しなくてはならないが、答は最初から決まっていたようなものだ。
ばるべにーブログ登場回数が一位と二位の店は、絶対に外せないだろう。


miw16.jpg


miw17.jpg


miw18.jpg




酒肴の発注は、最年少のばるべにーくんに一任した。

miw05.jpg


miw06.jpg


miw07.jpg


miw09.jpg


miw10.jpg


気さくな割烹着の女将が居て、料理も酒も美味くて居心地がいい店だが、けーさんが白河に帰る時間が近づいてきた。
二日後の再会を約束してお開きにする。


≫ 続きを読む

| 銀座・築地・新橋 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿佐ヶ谷でTKG(おおはま)

美人飲み友から、日本酒メインの新店情報メールをいただいた。
阿佐ヶ谷の北口にオープンした「おおはま」という店で、美人女将が一人でやっているらしいと書いてある。
最近コメントをいただいた「いざ酔い日記」さんのブログにも、「おおはま」がたびたび登場している。
こちらには美人女将と書いてないが、なかなか良さそうな店だ。
さっそく携帯にメモリーしておいた。

この日は新宿で所用を終え、思いついて阿佐ヶ谷の「おおはま」に空席があるか電話してみた。
電話の対応は、私がイメージする美人女将と違い、明るく元気な体育会系ノリで、「ガラガラっすよ」みたいな感じだ。
阿佐ヶ谷で降り、商店街を北上して行く。
住所はかなり近くなったが、目的の店が見つからない。
店に電話を入れると、迎えに来てくれると言う。
小走りで現れたのは、電話のイメージ通りで、小柄な少年のような店主だった。

おお1


カウンターだけの店内には、留守番を任された常連女性客が一人。
いい雰囲気だ。

おお2

おお3


お通しのイクラでビールを飲む。

おお5

おお6


メニューを見る。

おお4


いいねー。
手頃な値段で、日本酒に合いそうだ。
惣邑萩の鶴を半合でもらう。

おお12


野菜の総菜と刺身は、どちらも全部盛りにしてもらった。

おお7

おお9

おお8


最近遭遇率が高く感じる栃木の大那と、松の寿もやしもんラベル。

おお13

おお14


≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。