≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母ちゃんの誕生日





ご近所居酒屋たけしの母ちゃんこと、店主たけしくんの母親兼、影のオーナー兼、洗い場主任兼、ナンバーワンホステスのシゲちゃんが、めでたく大台の誕生日を迎えた。
もう一人誕生日が近い友人がいるので、合同でお祝いをする。
いくつか候補店を挙げた中から、賛成多数で寿司屋を予約した。


nss01.jpg




ビールで乾杯してから、おまかせでつまみを出してもらう。


2nss07.jpg


2nss08.jpg


2nss09.jpg





この夜は8人居るので、飲みたい酒も様々だ。
私は相変わらず日本酒だが、ひたすらビールとか、焼酎とか、ワインとか、次々に飲み干して行く。


nss06.jpg


nss02.jpg


nss04.jpg


nss05.jpg


nss03.jpg


2tom3.jpg






白子、蟹、うにが入った、贅沢極まりない茶碗蒸し。


2nss10.jpg





甲殻アレルギーの女性の分までもらい、嬉しくなる毛蟹。


2nss11.jpg





当夜のメンバーは、そろそろ食が細くなる年齢の女性が多いので、寿司に辿り着けなくなっても困る。
肉を食べてから、つまみをストップしてもらった。


2nss12.jpg


2nss13.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素晴らしき地元蕎麦(やぶいず)


大晦日はどこの蕎麦屋も大混雑どころか、予約なしでは入れなくなる。
年越し蕎麦という訳ではなく、居酒屋気分で少々離れた藪伊豆まで歩いて行った。


1yi001.jpg


1yi003.jpg






日本酒のラインナップに過不足はない。
純米吟醸とか大吟醸は置かず、本醸と純米に絞り込んで、価格を手頃に抑えているのが潔い。


1yi004.jpg





つまみも嬉しい価格と品揃えだ。


1yi005.jpg





蕎麦も自家製粉で手頃な値段なので、何も文句はございません。


1yi002.jpg


両親と息子が厨房で働き、接客は美人のヨメが担当している家族経営だから、手頃な値段で提供できるのだろう。


≫ 続きを読む

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本酒普及活動ふたたび(喰酔たけし)



軽く寄り道して帰ろうかと考えていた矢先に、妻からお誘いメールが来た。
以心伝心で、行き先は地元居酒屋たけしに決まる。


たけ外0005




今宵もほぼ満席の店内に入ると、カウンターには常連美人母娘、隣席は地元小中学校のPTA軍団と、ほとんど顔見知りばかりだ。
ビールで喉を潤して、さっそくオススメ日本酒を持ってきてもらう。
早くも出てきた多満自慢の新酒、しぼりはな あらばしり生酒。


たけ多摩0006




つまみは銀杏と刺身の盛り合わせだ。


たけ銀杏0011


たけ刺身0005




幻の鮭「鮭児」を仕入れたと聞いたので、盛り合わせに一口分入れてもらう。


たけ鮭児0012




鮭児は今の時期に獲れる小型の鮭で、一万匹に一、二匹しか居ないと言われている。
小型なのに脂の乗りがすごく、全身がトロ状態の鮭だ。
大間の鮪や関鯖と同じく、非常に高額で取り引きされるブランド魚なので、ニセモノも増えているらしい。
たけしクン渾身の仕入れは、証明書とピンバッジ付きの本物だった。


たけ証明書0009


たけピン0003




鮭児は一瞬でとろけたが、まだまだ刺身は充分に残っているので、日本酒を次々に追加する。
白岳仙来福、山形正宗。


たけ白岳0009


たけ来0008

たけ山形0007


たけ酒器0010


≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黄金の組み合わせ(恒)



神楽坂周辺には江戸時代から続く町名が多く残っている。
宅配業者やタクシードライバーは少々困るだろうが、路地裏あたりで突然町名が変わったり、番地が飛んだりするのは散歩の楽しみだ。
かつて神田川の荷揚げ場があったから揚場町とか、武家屋敷に竹矢来があったから矢来町とか、一組10騎単位の先手与力が二組住んでいたから二十騎町とか、町名の由来から往時がしのばれる。
私が時々訪れる酒亭「華もだん」があるのは筑土八幡町で、もちろん坂の上に建つ筑土八幡神社から名付けられている。
今宵訪れる予定の店は、筑土八幡町に隣接する白銀町にある。
昔は白銀が採れたからではなく、困窮した村から移住した人々が、裕福になることを願って白銀と名付たのだそうだ。

恒外0004



店の名は、店主の名前から一文字取って「恒」だ。
まだ先客が居ない時間に入店し、ビールで喉を潤す。
店主が一人で料理も接客もこなす店だから、混んできたら料理の出が遅くなるかもしれないと思い、お互いのために2,500円のオマカセにした。

恒店主0010

恒メニュー0005

恒エビス0001



さっそくいかにも夏な、枝豆ととうもろこしでビールを飲み干す。
もう一つのお通しは、身欠きにしんと茄子の煮物。
こちらは日本酒にピッタリはまる。

恒通し0013



昔懐かしいベニーグッドマンとかが映るスクリーンの裏に、美味そうな日本酒が収納されている。

恒スクリーン0003



どの銘柄を選んでも、3種で1,300円という利き酒セットにし、徳島の旭若松、水戸の百歳、栃木の「たまか」をお願いする。

恒三種0007

恒旭0005

恒百蔵0006

恒たまか0001



≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。