≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紹興酒のち日本酒(九龍餃子房&日本酒スタンド酛)




クリスマスの飾りつけを撤去中の伊勢丹を通り過ぎ、日本酒スタンド酛に行く。


c19618.jpg


c19625.jpg


c19624.jpg





その名の通りに立ち飲みの店なのだが、男性客ばかりでぎっしり満席だった。
一軒目であまり食べていないので腹も減っているから、同じ地下の対面にある「九龍餃子房」に入る。


c19619.jpg


c19629.jpg





紹興酒、名物と書いてある「こぼれフカヒレ煮」、テレビ朝日で紹介されたらしい餃子をオーダーする。


c19628.jpg


c19605.jpg


c19630.jpg



味はいいのだが、フカヒレをこぼす意味がまったくわからない。
丼がベタベタして、食べにくいったらありゃしない。


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 新宿・代々木 | 15時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プチ復活(うまいもの屋 竹政)




静岡県地酒まつりは午後4時に終了した。
如水会館の周辺に営業している店は無い。
日曜日のこの時間に寄り道できる店を思い浮かばないので、石神井公園まで戻ってくる。
店主が骨折して休業していた竹政が、メニューを絞り込んで復活したと、大豆さんからコメントを頂いていたのを思い出し、妻に電話して店に向かう。


t71477.jpg




開店時間と同時に入店したのに、すでに店内はほぼ満席だった。
3週間ほど休んでいたので、常連たちが待ちわびて押し寄せたらしい。


t71479.jpg


t71469.jpg




大将はまだまだ料理を作ったり運んだりできないので、奥さんが厨房を担当している。
料理を運ぶのは、奥さんと顔も声もそっくりな妹さんだ。


t79750.jpg



入ってくる客全員に、どうして骨折したんだと同じ質問をされて、いいかげんウンザリしながらも、少し自慢げな大将だ。
男は子供の頃から、すごく痛かったとか、すごく血が出たとか、誇らしげに話すものなのだ。
昔はワルだった自慢とか、こんなすごいケンカした自慢とか、こんなに酒飲んだ自慢とか、すごく貧乏だった自慢なんてのもある。



≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青森から佐賀まで夏本番(喰酔たけし)



連日の猛暑。
今夜は地元居酒屋「喰酔たけし」で、久しぶりの日本酒会だ。
江古田の「酒の秋山」が、北は青森から南は佐賀まで、10種の夏酒を用意している。


t2560554.jpg


t2560575.jpg




この時期にしか飲めない、涼しげなラベルの夏酒たち。
かぶとむしとかペンギンとか、見かけるとつい頼みたくなる。
日本の酒と言えば日本酒なのに、出荷量は酒全体の一割にも満たないのが現状だ。
夏はハイボールやモヒートのキャンペーンに押されまくっているが、若手の蔵元が美味くて楽しい酒を作り、若手の流通や飲食店で上手く提供すれば、きっとファンは増えるはずだ。


t2560599.jpg





たけし店主が音頭をとり、陸奥八仙どぶろっく夏で乾杯し、秋山田たけし夏酒会がスタートした。


t2560577.jpg


t2560576.jpg




乾杯の後は一升瓶が各テーブルに回され、料理をつまみながら自由に飲む。


t2560574.jpg



≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ酒浸り(和酒& DINING醇)





神田紺屋町の日本酒バル酒趣を出て、神田駅南口に向かって歩く。
駅前もまったく人通りがないが、勢いがついているのでもう一軒。
和酒の醇に電話を入れて営業しているか確認し、さらに道案内してもらう。
土曜日の神田は歩く人が居ないから、こちらの店内もガラガラだった。


w2333988.jpg




ゴージャスなお通しで、日本酒やビールを飲む。


w2333990.jpg


w2334004.jpg


w2334005.jpg





これだけで三合は飲めるな。


w2333991.jpg





女性用にオムレツと炊き込みご飯。


w2333993.jpg


w2334007.jpg




さらにヘロヘロになった勢いで、大手町まで歩いて丸ノ内線に乗るつもりだ。


w10922.jpg



煌々と灯るチェーン飲食店の灯り。
店内に客の姿は見えない。
オフィス街の商売は週5日間勝負だから、なかなか大変そうなのだ。


≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の選択(喰酔たけし)



今夜は地元で飲む。
居酒屋「喰酔たけし」の階段を上がると、入口脇に海老が居た。


kt301.jpg





甲殻類が好きな私としては、焼きか茹でで食べようと決めて店内に入る。
すると今夜は毛蟹のいいのが入っていると言われる。
海老と蟹の両方食べようと思いながら、一応メニューに目を通すと、蟹味噌グラタンの文字が光って見える。
雪が散らつく寒い夜だから、温かい鍋も食べたいと感じた途端、ブリしゃぶの文字も光り始める。
ジンジャーハイボールを一杯飲む間に心を決め、毛蟹と蟹グラタンの蟹コンビをオーダーした。


kt308.jpg


kt309.jpg





日本酒のスタートは、喰酔たけしで日本酒会をやったことがある天明英君から。


kt303.jpg






次の酒も兄弟夫婦で来店したことがある、栃木の仙禽にした。


kt307.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 11時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんなイブ



友人宅のクリスマス飲み会に誘われた。
酒は各々が持ち込みだと言うので、江古田の「酒の秋山」に日本酒を買いに行く。
ついでにどこかでランチを食べることにして、車が停められる店を思い浮かべる。
久しぶりの蕎麦屋「法師人」に決めた。


has01.jpg





結婚した美人娘も健在でうれしい。


has03.jpg


has05.jpg


has04.jpg






いつものごとく、妻だけ酒を飲む。
岐阜の蔵まで行って買ってきたと言う小左衛門


has06.jpg






相変わらず美味い天せいろを食べ、いろいろ情報交換する。


has02.jpg






食後は酒の秋山に向かう。


has07.jpg





四代目は不在だったが、店内をいろいろ見て歩き、差し入れ用と自宅用の酒を選ぶ。


has08.jpg


has09.jpg





日本酒のスペックと価格が明記されているから買いやすい。
コンビニや安売り店に押されて消えていく酒屋は、こんな当たり前のことが出来ていない場合が多い。


has10.jpg


has11.jpg



白露垂珠花陽浴秀鳳英君などを購入し、一旦自宅に戻る。





≫ 続きを読む

| 江古田 | 08時04分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

半歩進んで二歩下がる


ダイエット決行初日は居酒屋たけしで飲んでしまった。
帰宅してから即寝せず、ダンベルと腹筋をやる。
翌日も上石神井まで歩き、昼はごく軽めに食べる。
食後の散歩をしていると、"ばるべにー"くんから、今夜飲みませんかとメールが来た。
酒の誘いに弱い私。
地元の焼鳥屋「鶏彩」で現地酒~豪する。


tks012.jpg




私より太めな"ばるべにー"くんを見て、根拠の無い安心感を得る。
枝豆と大根サラダから始めて、焼き鳥をいろいろつまむ。


tks013.jpg


tks014.jpg


tks015.jpg


tks020.jpg


tks021.jpg


tks022.jpg




少しだけ増えていた日本酒から、弥右衛門雪の茅舎南部美人の東北トリオを飲む。


tks016.jpg


tks017.jpg


tks019.jpg




さらに"ばるべにー"くんに試してほしかった、白河の普通酒。
意外に旨いのがうれしい。


tks018.jpg




禁断の唐揚げも食べてしまった。


tks023.jpg



≫ 続きを読む

| 石神井公園(焼き鳥・焼きとん) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。