≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スカイツリーを仰ぎ見て(酔香)




2008年に着工した東京スカイツリー。
ある日私のオフィスがあるビルの屋上に上がると、遥か向こうに建設中のスカイツリーが見えることに気付いた。
徐々に空に向かって伸びていく様子を、定期的に遠くから眺めていたので、だんだん愛着が湧いてくる。
その頃、出版社に勤めている知人から、同業者の編集長が押上に日本酒バーを開いたと聞く。
スカイツリーが完成したら、両方探検しに行こうと思っていた。

そして先夜、半蔵門線に乗って押上駅に向かう。
エスカレーターでソラマチ商店街まで上がり、外に出て真下から見上げると、スカイツリーが近過ぎて全容がカメラに入らない。


s31451.jpg





逆サイドに回ってみると、ソラマチに隠れて全容が撮れない。


s31471.jpg





日本酒バーに向かいながら、見え隠れするスカイツリーを写す。


s31469.jpg


s31468.jpg





目的地の日本酒バーは、十間橋の近くにある。
十間橋の中ほどは、川面に映るスカイツリーの撮影スポットと聞いている。
夜も更けてきて寒いのに、大型のカメラを三脚に固定した人たちが20人ぐらい居た。
時々色を変えるスカイツリーを、長い時間待機して写しているいるようだ。
オジサンたちの隙間から、私もコンパクトカメラでサッと撮る。


s31450.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 浅草・町屋・押上 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本酒ネットワーク(稲水器あまてらす)



昨年の秋ごろに、練馬の「蔵四季」に見慣れぬ店のショップカードが置いてあった。
「稲水器あまてらす」
荻窪「酉の」、吉祥寺「ひまり屋」、大塚「蒼天」などと同じ酒狂會の新規メンバーで、店主は大塚「串駒」に居たんだそうだ。

それからしばらくして、天明を作る曙酒造こーいち君のブログに、池袋の「稲水器あまてらす」に新婚「酒の秋山」と一緒に行ったと書いてあった。
立て続けに名前を聞いたので気になってはいたが、ショップカードの裏に書かれた地図を見ると、六又陸橋の先だから駅から結構離れている。
行くのをためらっているうちに、dancyuの日本酒特集号に掲載されてしまった。

この日の夕方に、池袋に居る妻から「どこかで食事しよう」とメールが来る。
ダメモトで「あまてらす」に電話すると空席があった。
夜の寒さも和らいできたので、のんびりと店に向かう。


at001.jpg


at002.jpg




18時半に到着したので、先客は禁煙のカウンターに一組だけだったが、テーブルのセッティングを見ると予約で埋まっているようだ。


at003.jpg





素敵な冷蔵庫を見て嬉しくなる。


at004.jpg



まだ20代の店主に聞くと、而今東洋美人に力を入れているようだ。




≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

師走の老舗寿司(蛇の市本店)




2ヶ月ほど前から、日本橋「蛇の市本店」ブログの足跡がつくことに気付いていた。
FC2ブログには訪問者リストという機能があって、同じFC2ブログを書いている人が見に来ると、日付が残るのだ。
私の行動範囲ではない日本橋の寿司屋が、なぜ練馬区ブログに度々訪れてくるのか不思議に思い、クリックして内容を見ると、明治時代に創業した120年以上の歴史を持つ老舗で、日本酒の品揃えがかなりいい。
若女将は美人らしいし、値段も手ごろなので、予約を入れて三越前に向かった。


ja01.jpg


ja02.jpg






明治時代には日本橋に魚河岸があって、最初は屋台から出発した寿司屋のようだ。
「蛇の市」の名付け親は志賀直哉だと言うから、歴史を感じさせる。


ja03.jpg





蛇の市ブログの主である五代目の前に座る。


ja04.jpg





つまみ主体のおまかせを頼み、最初はビールで喉を潤す。
あんきもと刺身が出たので、さっそく日本酒に切り替える。


ja05.jpg


ja06.jpg






最初の一杯は、五代目おすすめの若駒にする。
四代目と五代目が並んで握り、接客は大女将と若女将で、ほのぼのとした雰囲気だ。


nja07.jpg




≫ 続きを読む

| 日本橋・人形町・東京 | 11時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだリハビリ中





帰国四日目。
涼しくて空気が乾燥したアラスカから東京に戻り、まったく暑さに慣れない。
エアコンに加えて扇風機までつけて寝たので、朝起きると喉は痛いし、鼻水も出ている。
ぐったりしながら仕事を終え、寄り道せずに地元に戻る。
今夜は駅前の「さつき」で寿司を食べるつもりだったが、満席で入れなかった。
久しぶりに「須みず」に行く。


sis01.jpg


sis02.jpg


sis03.jpg




ビールを飲みながらつまみを決める。


sis05.jpg


sis04.jpg




日替わりからキハダ鮪の刺身を頼み、後は10年来変わらない定番メニューから好物を選ぶ。
岩海苔豆腐サラダ、若鶏の葱たっぷり三杯酢、いかの一夜干しだ。


sis10.jpg


sis09.jpg


sis11.jpg


sis12.jpg




もちろん合間に日本酒を飲む。
陸奥八仙宗玄のひやおろし。


sis06.jpg


sis07.jpg


sis08.jpg




佐渡の真稜「至」に、四国の亀泉
あー、美味い。


sis13.jpg


sis14.jpg


sis15.jpg




かなり疲れが溜まっているらしく、いつもより少ない酒量で酔ってくる。
翌日こそ自宅で食べるつもりで、帰りがけにスーパーに立ち寄って買い物する。








帰国五日目。
仕事を終えた瞬間に、狙いすましたように"ばるべにー"クンからメールが来る。
またもや寄り道になったが、途中駅で飲む気力が無いので、石神井公園駅で待ち合わせする。
駅前蕎麦居酒屋の「稲田屋」に入った。
生ビールで乾杯。


sis16.jpg




思考能力が落ちているので、つまみも日本酒も"ばるべにー"クンにおかませだ。
もっともここは鳥取の酒蔵直営なので、一銘柄しか置いてないけどね。


sis20.jpg


sis17.jpg


sis18.jpg


sis19.jpg


sis21.jpg


帰宅した瞬間に意識を失う。
アラスカで風邪を引かなかったのに、猛暑の東京でやられてしまったようだ。



≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

妻帰らず(炎丸酒場)




新小岩の「二代目山海」で串揚げと和食を堪能したが、少々日本酒の品切れが多く飲み足りない。
まだ早い時間なので、駅近くの「炎丸酒場」でもう少し飲むことにする。
以前系列店に行った時に、まともな日本酒が何種か置いてあったと覚えている。
活気があって暑いほどの店だ。
カウンターに空席を見つけて座る。


enm01.jpg


enm03.jpg




それほど日本酒の種類は多くないが、二軒目だからそこそこ飲めればいい。
妻はハイボールで、私は而今から始める。


enm04.jpg


enm08.jpg




おもしろい趣向のポテサラと、ザーサイキャベツをつまむ。
酒もつまみも安くてそこそこ美味いから、満席の理由がわかる。


enm55.jpg


enm56.jpg


enm05.jpg


enm06.jpg


enm07.jpg



つまみが出る前にトイレに立った妻が、なかなか帰って来ない。
私は而今を飲み干して、お替りはにする。


enm09.jpg



具合でも悪くなったのかと心配していると、妻が美人と一緒に戻って来た。
なんと息子の同級生たちが奥のテーブルに居たので、話していたと言うのだ。



「ご一緒に飲みませんか?」と美人が言う。



喜んで!



≫ 続きを読む

| 向島・亀戸・新小岩 | 00時00分 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

けーさん登場




福島県白河市で飲んだ夜に、ばるべにーくんの飲み友けーさんが、東京に出てくるスケジュールを聞いた。
私とばるべにーくんが出没するWABISABI海音と、喰酔たけしに行ってみたいとのリクエストを受け、さっそく二店に予約を入れる。
当日はまずWABISABI海音からだ。


kwk01.jpg



本当は東京の日本酒をズラリと揃えてお出迎えしたかったのだが、残念ながら役者不足なので、代わりに天明、ロ万、京の華、飛露喜、會州一、寫樂と福島酒を女将に頼んでおいた。


kwk13.jpg



ビールで再会を祝して、さっそく福島酒を飲み始める。
お通しと前菜をつまむ。


kwk02.jpg


kwk14.jpg



一通り福島酒を楽しんだ後は、刺身と天ぷらで各々が好きな酒を頼む。


kwk15.jpg


kwk16.jpg



屋守小左衛門遊穂松の寿白露垂珠而今陸奥八仙一白水成・・・・・


kwk05.jpg


kwk06.jpg


kwk07.jpg


kwk08.jpg


kwk09.jpg


kwk10.jpg


kwk11.jpg


kwk12.jpg




けーさんが絶賛する美人女将と、記念写真を撮って中締めする。


kwk03.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

好きですサッポロ(ロマン座)

地元のWABISABI海音で、妻の社交ダンス仲間のオネーサマ方と飲む。

wr01.jpg

wr02.jpg

wr03.jpg

wr008.jpg

wr08.jpg




この日は女将が休みなので、最近パーマをかけた大将が一人でテンテコマイ状態だ。
テーブル席まで目が届かないので、セルフで冷蔵庫から日本酒を持って来る。

wr07.jpg

wr04.jpg

wr05.jpg

wr06.jpg



「アタシの小学校の同級生が、石神井公園で店をやっているらしい」とオネーサマが言い出した。
「森雄二とサザンクロス」というグループでギターを弾いているとも言う。
1970か80年代ぐらいにロマン歌謡とかムード歌謡のグループが色々あって、その中の一つだったような気がするが、おぼろげな記憶なので顔が思い浮かばない。




こんな顔だったのか?

wr09.jpg




いや全然違う。




これだったかな?

wr11.jpg




いやいやますます違う。
薄い記憶を頭の中で辿る。

wr10.jpg




これは星降る街角だったな。

wr12.jpg




森雄二とサザンクロスは、「意気地なし」とか、「足手まとい」とか、「好きですサッポロ」がヒットしたグループだと聞き、なんとなくこんな顔が霧の中から浮かんできた。


wr13.jpg



店の名前を聞くと、「ロマン座」だと言う。
WABISABI海音の隣りのビルじゃないか。
酔った勢いで探検しに行った。


≫ 続きを読む

| 石神井公園(バー) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。