≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連ばるべにーな夜(にしおぎおぶち)



世界最長の犬ぞりレースに7回連続出場し、アラスカに20年も住んでいた小嶋さんから、講演会の案内を頂いた。
日本山岳会多摩支部主催の講演会は、立川のクレストホテルで16時から17時半までだ。
帰りに飲むにはちょうどいい時間帯ではないか。
立川で飲むと帰りがツラいので、西荻の店を予約しておく。
そんな話を石神井公園のワインバーで話していたら、急きょばるべにーくんも「にしおぎおぶち」飲みに参加することになった。


翌日は石神井公園から秋津に行き、武蔵野線に乗り換えて西国分寺で降り、さらに中央線に乗り換えて立川に行く。


no001.jpg


no002.jpg





居眠りせずに講演を聞き、立川から西荻窪に向かう。


no003.jpg




おまかせコースを頼んでエビスで乾杯すると、さっそく子持ち昆布と鮟肝が出てくる。
すぐさま喜楽長に切り替えた。


no004.jpg


no015.jpg


no016.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大掃除その3の後で(WABISABI海音)



昨年の暮れに軽く大掃除をやった。
三連休初日の新年会当日に、朝から大掃除第二弾をやった。
三連休二日目は、ハードな飲みがたたって一日中どんよりして過ごした。
三連休の最終日は、後回しにしていた息子の部屋を掃除する。
今は東京イーストに住む息子の部屋には、大量のCD、MD、フィギュア、漫画が残されているのだ。
正月に戻って来た息子に、要不要を仕分けさせたのだが、大部分は処分してくれと置いたままになっている。
整理しながら漫画を読み始めたり、私好みのCDを見つけて回収したりして、結局夕方までかかってしまった。
ぐったり疲れたので、夕食はご近所の「WABISABI海音」に食べに行く。


wb51.jpg





前菜の盛り合わせ、海鮮アボカドサラダ、牡蠣のみぞれ煮、ヒレかつ和風だれをつまむ。


wb59.jpg


wb58.jpg


wb61.jpg


wb60.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 07時15分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

振舞酒に酔う(華もだん)


神楽坂の喧騒から少々離れた筑土八幡町に、OLから転身した女将が「華もだん」を開店して、ちょうど三年経つと案内を頂いた。
三周年記念日には、日本酒をすべて400円にすると聞けば、行かないわけにはいかない。


華ビア0001


華通し0013




三種のお通しで生ビールを飲んだら、さっそく日本酒を発注する。
と思ったら、女将が重厚な箱をテーブルに持ってきた。
青森の田酒が作った、限定の純米大吟醸2本セットだ。
女将の説明によれば、酒造好適米「山田錦」の母親「山田穂」と、父親「短棹渡船」の酒なんだそうだ。
三周年記念の振る舞い酒ってことで、母親の山田穂を一杯ご馳走になる。
おそらく4合瓶で1万円ぐらいだろうから、こんな機会でないと口にできない酒だ。


華箱0010


華田酒0009




さて次は注文した酒の番だなと思ったら、またもや覚えのない酒が出てくる。
我が家でも大好物の、東村山「屋守」おりがらみだ。


華屋守0003




女将が「あちらのお客様からです」と言う方を見ると、笑顔がステキなオジサンが居る。
なんと時々ブログにコメントをいただく、散歩の達人さんだった。
池袋のオステリア・ピノで、私を目撃したことがあったらしいのだ。
美味い振る舞い酒を二杯もらい、すっかり気分良く飲み進む。

通称「裏鍋島」と鳳凰美田


華鍋島0005


華鳳凰0006




秋田の白瀑「山本」と、広島の賀茂金秀


華山本0007


華賀茂0012




山形の十四代に、長野の翠露


華十四0005


華翠0004




一白水成の「ささにごり」に、くどき上手


華一白0002


華中0003

≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。