≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

普通ではない

地元の居酒屋「喰酔たけし」店主の母親(通称:母ちゃん)は、山形県の出身だ。
先日訪れた山形尽しの店に、一緒に飲みに行くことになった。
蔵王生まれの店主が、山形から送られてくる食材を使って独創的な料理を作る店だ。
置いてある日本酒も山形の蔵ばかりと徹底している。


yaga01.jpg




この夜はカウンター席も奥の座敷も満席だった。
料理はおまかせで頼んで、ビールから始める。


yaga02.jpg




最初は若布のクリームスープだ。
なぜか烏賊が添えられている。

yaga03.jpg




店主一人で20人近くの料理を作っているから、かなり忙しそうだ。
日本酒を頼むと何本か出てくるので、東北泉の雄町純米を選んでセルフで注ぐ。


yaga04.jpg



忙しいのにはもう一つ理由がある。
料理を盛る器がすべて巨大なのだ。
大きくて重いので、一遍に盛り付けや配膳ができず、効率が悪そうだ。
次の料理のイサキも、少量にしか見えないのは、比較の問題だ。


yaga05.jpg




次の料理が出る前に楯野川を飲む。


yaga06.jpg



白子焼きでさらに酒が進む。
東北ラベルの羽陽一献だ。


yaga07.jpg


yaga08.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山形尽くしな夜

山形県から直送される食材と、山形県各地の日本酒を堪能できる店に行く。
カウンター席は先客で微妙に埋まっているので、店の奥にある座卓に案内される。


ng001.jpg


ng02.jpg




カウンター席の方が好みだが、こちらは日本酒の冷蔵庫が目の前にあるので、まあ良しとしよう。


ng03.jpg




何を飲もうかとメニューと冷蔵庫を交互に見ていると、カウンターの端に座っていた美人客が、日本酒を取りにやって来た。
入店した時から見たことがあるような気がしていたのだが、美人もこちらを見ている。
「どこかでお会いしましたか?」と聞くと、「もしかしてManoaさんですか?」と返された!
彼女は時々ブログにコメントを頂く、新倉ごまさんだった。


ng033.jpg



ごまさんは自分のブログで顔を出しているし、dancyuの日本酒特集に載ったりしているので、初対面なのに会ったことがあるように思ったのだ。
しかしデジカメを持った日本酒好きなオジサンというだけで、私の正体を見破った彼女のカンはすごい。
この際だからカウンターに移動し、隣りに座らせてもらうことにした。


ng004.jpg




山形の日本酒を次々に飲み、料理はおまかせで出してもらう。
のどぐろ、月山竹、しどけ、こしあぶら・・・・・


ng05.jpg


ng06.jpg


ng07.jpg


ng08.jpg



上喜元楯野川羽陽一献・・・・・


ng18.jpg


ng28.jpg


ng29.jpg


ng19.jpg


ng20.jpg



岩牡蠣、サザエ、北寄貝・・・・・


ng09.jpg


ng10.jpg


ng11.jpg


≫ 続きを読む

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。