≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今宵も酒楽し(蛇の市本店)



仕事帰りに妻と三越前で待ち合わせる。
いつものごとく私は少し早めに到着したが、妻はきっと少し遅れるだろう。
こんなこともあろうかと、待ち合わせ場所の前には「奈良まほろば館」がある。
館内で奈良の酒や菓子を物色していると、5分遅れで妻がやって来たので、ここから至近距離の「蛇の市本店」に向かう。


jh001.jpg





今夜は富山の富美菊酒造「羽根屋の会」だ。


jh002.jpg


jh007.jpg


jh005.jpg





今夜の酒は人形町の酒販店「新川屋佐々木酒店」から供給されている。
私のテリトリー外の東京イーストにあるから、最近まで存在を知らなかったが、HPを見ると情熱酒屋のようだ。


jh003.jpg





20名ほどの参加者は、いくつかの顔見知り同士のグループに分かれている。
我々は完全アウェーなので、新川屋の若き店主に指定された席に着く。
やがて富美菊酒造の美人奥さんによる乾杯で、羽根屋の会がスタートした。


jh006.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 日本橋・人形町・東京 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

師走の老舗寿司(蛇の市本店)




2ヶ月ほど前から、日本橋「蛇の市本店」ブログの足跡がつくことに気付いていた。
FC2ブログには訪問者リストという機能があって、同じFC2ブログを書いている人が見に来ると、日付が残るのだ。
私の行動範囲ではない日本橋の寿司屋が、なぜ練馬区ブログに度々訪れてくるのか不思議に思い、クリックして内容を見ると、明治時代に創業した120年以上の歴史を持つ老舗で、日本酒の品揃えがかなりいい。
若女将は美人らしいし、値段も手ごろなので、予約を入れて三越前に向かった。


ja01.jpg


ja02.jpg






明治時代には日本橋に魚河岸があって、最初は屋台から出発した寿司屋のようだ。
「蛇の市」の名付け親は志賀直哉だと言うから、歴史を感じさせる。


ja03.jpg





蛇の市ブログの主である五代目の前に座る。


ja04.jpg





つまみ主体のおまかせを頼み、最初はビールで喉を潤す。
あんきもと刺身が出たので、さっそく日本酒に切り替える。


ja05.jpg


ja06.jpg






最初の一杯は、五代目おすすめの若駒にする。
四代目と五代目が並んで握り、接客は大女将と若女将で、ほのぼのとした雰囲気だ。


nja07.jpg




≫ 続きを読む

| 日本橋・人形町・東京 | 11時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

普通の幸せ

毎日遠くの駅まで歩いて疲れているせいか、朝までぐっすり寝られる。
朝起きると、洗面所の蛇口からはお湯が出る。
米や卵は買いそびれているが、水とコーヒーはある。
石神井公園駅の大混雑を避け、この日は西武新宿線の上井草駅に向かう。
石神井公園の「ふるさと文化館」は、しばらく休館するようだ。
井草通りを快調に歩く。

31801.jpg

31802.jpg



ガソリンが無いのは困ったもんだが、週末は車を使わなくても済みそうだから我慢できる。

31803.jpg



いつもより日の丸が誇らしい。

31804.jpg

31805.jpg



サンドイッチのカリーナは、いつも通りに早朝から営業しているようだ。

31806.jpg



少しピーク時間を避けたので、電車にもすんなり乗れる。

31807.jpg



仕事を早めに切り上げて、混雑前の西武池袋線に乗る。
地元の居酒屋に寄り道するつもりだったが、電車内で思いつき、桜台で途中下車する。
予想通りに秋元屋は適度に空席があった。

3ak1.jpg



まずビール。

3ak4.jpg



壁に貼られたメニューを眺め、とりあえず肉豆腐とマカロニサラダを頼む。

3ak2.jpg

3ak3.jpg

3ak5.jpg

3ak6.jpg



棚に並ぶ一升瓶を見て、小僧山水を注いでもらう。

3ak7.jpg



満席になる前に、焼き物をオーダーする。

3ak10.jpg

3ak11.jpg

3ak13.jpg



レタスで口中をさっぱりさせる。

3ak12.jpg



さらに日本酒をお替りする。

3ak8.jpg

3ak9.jpg




野菜も焼いてもらう。

3ak16.jpg

3ak15.jpg

3ak14.jpg

3ak17.jpg



ぎっしり混んで、待ち客まで出始めたので、最後にシャリキンレモンを飲んでお開きにする。

3ak18.jpg

3ak19.jpg


≫ 続きを読む

| 桜台・練馬 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サクラサク食卓(WABISABI海音)

子供たちが大学を出る歳になると、夫婦二人だけで家の食卓を囲んでも、ほとんど会話が無い。
二人分の食材を買っても余すので、週末の夜は地元の店に食べに行くことが多い。
店の人や常連たちと、話しながら飲んだ方が楽しいのだ。
今宵はWABISABI海音に行く。
顔見知りの夫婦がカウンターに居たので、あれこれ情報交換しながら飲む。

3w1.jpg



お通しの揚げ出し豆腐でビールを飲んだら、前菜の盛り合わせを出してもらう。

3w2.jpg

3w3.jpg

3w4.jpg



桜にちなんで、最初の日本酒は花泉だ。

3w5.jpg



日本酒は5勺(90cc)売りだから、あれもこれも飲んでしまう。
いづみ橋姿相模灘白露垂珠のミラクル77・・・・・

3w6.jpg

3w11.jpg

3w12.jpg

3w13.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

江古田日和な夜(鳳雛)

地元の居酒屋「喰酔たけし」が、最近江古田の酒屋「酒の秋山」を仕入先に加えた。
たけしクンと同世代の四代目が頑張っているので、なかなかいい蔵元を押さえているらしい。
その酒屋が居酒屋を始めたと聞き、先夜は「暁」で飲んだ。

当夜は気になっていた、もう一軒の新店に飲みに行くことにする。
酒友から情報を頂いた、鳳雛(ほうすう)という店だ。
江古田住民ではない酒友が、どこでこの店を知ったのか聞くと、私も時々拝見している「江古田日和」というブログが情報源だったのだ。
江古田日和のランチ写真を見ると、料理は真っ当そうだから、安心して江古田駅で降りる。

ほう外0001

ほう看板0001


以前撮った江古田の画像を見ると、ここは「三木家」という和菓子屋があった場所だ。

江古田ポカント

同じ日に撮った画像の中に、今は無き「黒田武士」もあった。
懐かしいなあ。

黒田


鳳雛の外に出ているメニューを見る。
店内に入らないと黒板メニューが見られないから、この時点で何を食べるか決められないが、最後にラーメンは食べてみたいような気もする。

ほうメニュー0001


カウンター席に座り、突き出しでビールを飲みながら、黒板メニューを眺める。
和食店と居酒屋の中間ぐらいな内容だ。

ほうカウンター0001

ほうビール0002

ほう通し0005

≫ 続きを読む

| 江古田 | 04時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。