≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝復活(華もだん)





まだ真夏の頃に、神楽坂「華もだん」の料理長が大変な交通事故に遭遇した。
オートバイで仕入れに行く途中に、トラックに激突されて、ICUに入っていると聞く。
一命は取り留めたが、年内に復帰するのは難しいほどの大怪我だったらしい。
店を休んでも家賃は発生するから、女将が獅子奮迅で営業を続けていたが、料理の数は減り、日本酒の品切れが増えて、私が料理人だったら手伝いたいほどの状況になってきた。
その料理長が奇跡の復活と聞き、さっそく筑土八幡近くの華もだんに行く。


h20316.jpg


h20328.jpg





まだまだリハビリが続くようだが、元気そうな顔を見てホッとする。


h20314.jpg


h20308.jpg





三種のお通しも健在だ。


h20331.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兄弟酒場(酒肴おまた)

先夜は池袋の東口で飲んだので、今宵は西口の店に行く。
目的地の「おまた」は人気店なので、東武の前で電話して、空席を確認してから歩き始めた。

oma1.jpg



エビスの生から始める。

oma2.jpg



一合と書いておきながら、明らかに7勺ぐらいしか出てこないケシカラン店も多いが、ここ「おまた」は真っ当だ。
一合と半合の価格が明記され、量もピッタリある。
一番嬉しいのは、一合と書いてありながら、それ以上多めに注いでくれる店なんだけどね。
いろいろ飲みたいので、半合でオーダーする。
福島のロ万と、群馬の流輝からだ。

oma3.jpg

oma15.jpg



つまみは鮪づけに、海老と柿とアスパラの白和え。

oma10.jpg

oma11.jpg



続いて義侠を飲む。
兄貴が接客と酒を担当し、弟が調理する鉄壁の布陣は健在だ。

oma8.jpg

≫ 続きを読む

| 池袋(西口) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

下町チェーンで危機一髪(炎丸)





二度ほど一緒に飲んだことがある妻の友人が、亀戸の病院に入院したらしい。
浅草橋のパーツ屋に買い物に行った妻から、一緒に見舞いに行こうとメールが来た。
亀戸駅で待ち合わせして病院に行き、帰り道にどこかで飲むことにする。
昨年の春先に行った新小岩の居酒屋は、たしか亀戸にも店があったはずなので、携帯で問い合わせて場所を確認する。
何十、何百店舗もあるチェーン店はガッカリがほとんどだが、数店舗のチェーンなら個人店より美味くて安い場合も多いのだ。


炎外0021




カルビ、ハラミ、生レバーなどの提灯と、焼酎の幟が出ており、魚介と日本酒を求めていた中年夫婦は少々引くが、新小岩には日本酒も結構あったから大丈夫だろう。
店内は結構雰囲気がいい。


炎炭0005


炎扇子0025




炙り系の店らしく排煙ダクトが付いた、小上がりの掘りごたつ席に案内される。


炎客席0023




エビスを頼んでメニューを見る。
やはり日本酒が揃っていたので一安心だ。


炎ビール0003


炎酒メニュー0033




お通しのエイヒレを、卓上にセットされた炭火でサッと炙る。


炎エイヒレ0019




早く出そうな350円つまみから、山葵つぶ貝、茄子のカルパッチョ、枝豆の鉄板焼き。


炎つぶ0017


炎茄子0030


炎枝豆0026


≫ 続きを読む

| 向島・亀戸・新小岩 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海で肉三昧(海音)

何十年も仮設みたいな状態だった石神井公園駅も、やっと高架化工事が進んで、新駅舎の完成予想図が張り出された。
人と車の流れが変わることを予測してか、新規開店の店も目立ってきた。
南口のロータリーに面した寿司屋「さつき」の隣りには、「SHAKU&SHAKU」という新店が出来、駅前でチラシを配っている。

shaku0001.jpg

リゾートダイニングバーだって。
どうやら西武沿線に「としまりん」とか、何軒か店を出しているグループの系列らしく、朝5時まで営業と書いてある。
夜12時前にはカボチャになってしまう私には、あまり縁が無さそうな店だ。


久しぶりに日本料理店の「海音」に向かうと、富士街道沿いにあった小料理屋が閉店し、「OPEN YOUR HEART」なる看板が出ている。
ここも私には向いてなさそうな店名だ。

海オープン0002


海音の上に昨年末オープンしたばかりの中華料理屋「興龍楼」は、あっという間に閉店し、別の中華料理店になっていた。

海中華0004

食べ物も飲み物も350円均一というのは魅力的だが、さっそく食べに行った海音の板前クン情報によると、味は350円相応らしい。



新しい店ができるのは嬉しいが、やはり慣れた店で食べるのは落ち着く。
いつも通りのカウンターで、いつも通りにビールから始め、お通しをつまむ。

海通0013


いつも通りの前菜盛りを頼み、日本酒は何があるか聞く。
目新しい酒は無いと言うので、定番の中から「鍋島」特別純米を飲む。

海酒器0002

海三種0001


続いて大将オススメの巨大な岩牡蠣。
ここまで頑丈に育ったのに、人間に出会ったら一口で食べられてしまうから、可哀想な気もする。

海かき0001


日本酒は福島の天明

海天明0001

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。