≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偶然の食卓(八献)




季節ごとの食材を、目でも舌でも楽しめる日本料理と日本酒の組み合わせが好きだ。
この日は妻が吉祥寺で買い物がしたいと言うので、夕食は東急裏の八献で食べようかと思っていた。
すると妻の友人から電話が入る。
姪と吉祥寺で食事することになったので、落ち着ける和食店を教えてくれと言うのだ。
それならば一緒に八献に行こうと、4名の予約を入れる。


h769329.jpg




友人の姪とは一度会ったことがあるのだが、長身の独身美人姉妹で、しかも二人とも医師だった。
今夜は27歳の妹が来ると言うので、ワクワクしながら店に行く。
落ち着く半個室に案内される。


h769332.jpg


h769374.jpg


h769335.jpg





まずビールと、お通しのあんきもムース。
料理はいつものおまかせコースをお願いする。


h769350.jpg


h769361.jpg


h769337.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満タンナイト(八献)





翌日から日本酒が飲めない状況になるので、前日にたっぷり補給しておくことにする。
きっと一軒では済まないだろうから、美味しい日本酒の店が何軒もある吉祥寺に向かう。
予約したのは7月に開店したばかりの「八献」だ。
大型台風が近付いているせいか、吉祥寺の街も八献も空いている。


hk001.jpg





店主の草野さんは、吉祥寺「須弥山」の料理長だった方で、阿佐ヶ谷「まにわ」の先輩でもあるから、料理も酒も期待できそうだ。


hk003.jpg


hk004.jpg




店内の雰囲気はいい感じだし、気配りもある。
しかも接客担当は美人だ。


hk005.jpg





ブラウマイスターで乾杯し、料理はおまかせコースを頼む。


hk034.jpg





この前菜には日本酒だろう。
すでにメニューに載っていた陸奥八仙の冷やおろし、白岳仙、賀茂金秀からスタートする。


hk006.jpg


hk016.jpg


hk019.jpg


hk020.jpg




うすはりの大吟醸グラスが素敵だ。


hk017.jpg




お椀の後に出た刺身は、鯛の昆布締め、のどぐろの炙り、秋刀魚。


hk007.jpg


hk008.jpg




初めて飲む兵庫の笑四季



hk021.jpg



≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もりでもり(もり)

明治通りと早稲田通りが交差する馬場口辺りで、美味そうな鉄板焼き店を見つけて予約を入れる。
当日は一時間ほど早く仕事が終わったので、予約した店の最寄り駅である西早稲田に向かった。
遠い記憶では、馬場口にキャッシュオンデリバリーのパブがあったはずだ。
軽くビールでも飲みながら、一時間ほど待機しようと歩き出すと、不定休の蕎麦屋「もり」に暖簾が出ている。

2mo1.jpg



ちょうど先客が二名立ち上がっているので、すかさず入れ替わりに入店した。

2mo2.jpg

2mo3.jpg



10年ほど前にはたびたび訪れていた蕎麦屋だが、店主が事故に遭ってから体調を崩し、休業の日が多くなって足が遠のいていた。
たまたま通りかかって空席があったのはラッキーだ。
予定通りにビールを飲み、酒肴の盛り合わせを頼む。

2mo9.jpg

2mo4.jpg



後はちびちび日本酒をグラスで2杯ほど飲めば、食前のウォーミグアップにちょうどいいだろう。

2mo12.jpg



三重錦と白瀑の山本を頼む。

2mo6.jpg

2mo7.jpg

2mo8.jpg



美和桜真稜で予定の2杯を終える・・・・・

2mo15.jpg

2mo14.jpg

2mo11.jpg

≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 00時00分 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母ちゃんの誕生日

夕方になってから、妻が友人に教えてもらったレシピでケーキを焼き始めた。
ご近所居酒屋「喰酔たけし」の母ちゃんに、誕生日プレゼントだと言う。
すっかりリクライニング椅子の背中を目一杯倒して、だらりと寛いでいるのに、「どこかでミントとアラザンを買ってこい」指令が出た。
アラザンって、なんだっけ?
仁丹みたいなヤツだと聞いて私はピンときたが、若い世代には通じないだろう。


リンゴのスライスをジュースで煮て、薔薇の花に見立てたケーキだ。

ケーキ0008


ケーキを持たされ、徒歩で居酒屋に向かう。

たけ外0006


今宵も予約客で満席の盛況ぶりだ。
いつも通りにビールから始める。

たけビール0005


トッピングが嬉しい生牡蠣。

たけかき0001


この夜用意されていた6種の刺身を、全種盛り合わせてもらう。
にしんの炙りがバカウマだ。

たけ刺身0005


日本酒第一弾は、初めて見る瓶を選ぶ。
栃木県さくら市の仙禽(せんきん)だ。

たけせんきん20003

たけせんきん裏0002


美味かったので、同じ銘柄の米違いをもう一合。
昔ながらの木桶造りを復活させた、文化3年(1806年)創業の蔵だ。

たけせんきん0001


続いて「」の純米吟醸おりがらみ。

たけ鼎0012


龍神の大吟醸。

たけ龍0013

たけ片口0009

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:24 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。