≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昼酒で選ぶ(神田新八新丸ビル)




この日は夕方から渋谷で日本酒のイベントがある。
その前に用事や買い物があるので、まず東京駅の新丸ビルに行った。
5階のレストランフロアは、魅力的な店が多くて迷う。
都内のあちこちから名店を引っ張ってきているので、新丸ビルに勤めている人は幸せ者だ。


s86137.jpg




オーグードジュールには予約で満席の札が出ている。
以前入ったことがあるイグレックは、フレンチ気分でないのでスルーだ。


s86191.jpg


s86138.jpg




串揚げの「はん亭」、おでんの「こなから」、焼鳥の「萬鳥」は魅力的だが、日本酒の品揃えが不明だ。


s86134.jpg


s86133.jpg


s86132.jpg




ぐるっと一周してみる。


s86131.jpg


s86135.jpg


s86136.jpg




神田新八の前で足が止まる。


s86126.jpg


s86189.jpg





昼酒を飲まないともったいないメニューではないか。


s86190.jpg


s86130.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 日本橋・人形町・東京 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神田でひと夏の恋(神田新八)





初夏に新大塚の「きの字」で行われた日本酒会で、偶然同じテーブルになった女性が、「神田新八」で働いていたことがあると言う。
ばるべにークンと行った銀座「みを木」の女将も「神田新八」出身だった。
こう立て続けに神田新八の名前を聞くと、ぜひ行ってみたくなるではないか。
私が淡路町で用事がある日に合わせて、新八常連の飲み友に予約を入れてもらう。


7sp01.jpg


7sp02.jpg




実に雰囲気が良さそうな名店なのだが、一階から三階まである接待利用も多い大型店と聞いていたし、電車を乗り継がねばならないので、今まで足が向かなかったのだ。


7sp03.jpg


7sp04.jpg




この夜は冷蔵庫横のカウンター席がキープされていた。
接待には向かない席だが、一升瓶好きの私にとっては特等席だ。


7sp06.jpg


7sp05.jpg




初めての人には怖いと聞いていたメニューを見る。


7sp08.jpg



なるほど、産地は明記されているが、価格が書かれていないのは確かに怖いわな。
かんぱちかぶと塩焼きだけ777円と書かれ、手頃じゃないかと思ったら、二代目店主のブログがランキング777位になった記念の特別ディスカウントだそうだ。


7sp09.jpg




酒も食べ物もかなり豊富なので、エビスを飲みながらじっくり検討する。
大古酒を頼まなければ、日本酒の値段は問題ない。


7sp07.jpg


7sp10.jpg


7sp21.jpg




お通しのとうもろこしのすり流しに続き、豆腐の味噌漬け、ポテサラ、一人前ずつ銘々盛りになった刺身が立て続けに出てきたので、あわてて日本酒を頼む。


7sp22.jpg


7sp23.jpg


7sp24.jpg


7sp25.jpg



この店が主力にしている神亀は、後から燗で楽しむことにして、最初は義援金プロジェクトのシールが貼られた鯉川るみ子の酒昇龍蓬莱からだ。



7sp12.jpg


7sp13.jpg


7sp11.jpg


7sp32.jpg


さすがにどの料理も美味いし、盛り付けも美しい。
酒器もいい感じだ。

≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

始まりは銀座から(みを木)

毎晩のように飲んでから帰宅するので、妻との会話を覚えていないことが多い。
私のダメオヤジぶりは妻も承知しているので、重要な話は朝することにしている。
とある木曜日の朝に、妻が「土曜日は13時半に出発ね」と言い出した。







「・・・・・?」







意味がわからないので聞き返すと、那須に居る知人に会いに行くので、私が運転手として採用されていたらしいのだ。
泊まりはエクシブ那須白河だと言う。
白河と言えば、飲み友ばるべにーくんのホームではないか!
しかし土日は仕事で東京に居ると言っていたので、池袋で飲む約束をしていた。
あわてて池袋飲みを断り、「白河でオススメの店を教えてね」とメールする。



すると偶然にも、ばるべにーくんの白河の飲み友けーさんが、日帰り出張で東京に出てきているので、当夜に東京駅周辺で飲みましょうと返信が来る。
けーさんと言えば、たびたびブログに登場しているし、ばるべにーくん経由で福島の日本酒を頂いたことがあるので、機会があれば飲んでみたいと思っていた方だ。
顔合わせ場所は銀座の「みを木」に決定したので、仕事を早めに切り上げて急行する。


miw01.jpg



「純米酒と和食のお店です」というフレーズが素敵だ。


miw02.jpg




地下の店に降り、先着していた白河組に合流する。


miw03.jpg


miw04.jpg



けーさんとは初顔合わせだが、そんな気がしないのは日本酒のおかげだ。
さっそくテーブルに出ていた篠峯夏凛を飲み、お通しをつまむ。
白河ストラップが可愛い。


miw11.jpg


miw08.jpg


miw19.jpg




さらに星自慢萩の鶴天遊琳諏訪泉の満天星、羽前白梅、若狭屋徳市、綿屋などを飲む。


miw12.jpg


miw13.jpg


miw14.jpg


miw15.jpg



たった一泊の白河だから、行く店は厳選しなくてはならないが、答は最初から決まっていたようなものだ。
ばるべにーブログ登場回数が一位と二位の店は、絶対に外せないだろう。


miw16.jpg


miw17.jpg


miw18.jpg




酒肴の発注は、最年少のばるべにーくんに一任した。

miw05.jpg


miw06.jpg


miw07.jpg


miw09.jpg


miw10.jpg


気さくな割烹着の女将が居て、料理も酒も美味くて居心地がいい店だが、けーさんが白河に帰る時間が近づいてきた。
二日後の再会を約束してお開きにする。


≫ 続きを読む

| 銀座・築地・新橋 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界を超える(やまちゃん)

戦国時代なら寿命を迎えていたはずの私は、誕生日はあまり嬉しくない。
夜景がきれいな店でフランス料理を食べたいとか、オシャレな店でパーティーを開きたいとかはこれっぽっちも思わず、居酒屋か寿司屋か温泉で、日本酒を飲んでまったりできれば満足なのだ。
そんな私の気分を知ってか知らずか、またまた地元の飲み友女性から嬉しいメールが来る。
四谷にある「やまちゃん」を6名分予約してあるで、ご夫婦でいかがですかと言うのだ。
他のメンバーは男子3名らしいが、喜んで行きますとも!
なんと一年先まで予約が埋まる「やまちゃん」は、おまかせの魚料理と20種以上の日本酒が飲み放題で、5,800円という超人気店だ。
少し前までは5千円ぽっきりだったと聞くが、800円値上げしても人気は衰えない。
日本酒は四谷の鈴傳から仕入れているらしいので、きっと美味い銘柄勢揃いだろう。


迎えたやまちゃん当日は、いろいろ疲れが溜まって体調は最悪だ。
根性で四谷三丁目に行き、荒木町の飲み屋街を歩いて行く。
看板の無い「やまちゃん」に到着した。

ya1.jpg


詰め込めば8人ぐらい座れそうなカウンターと、はみ出そうな小上がりのみの狭い店内だ。

ya2.jpg

ya3.jpg


この日冷蔵庫に入っている日本酒のリストが置いてある。
埼玉の花陽浴から静岡の君盃まで25種が飲み放題で、十四代の愛山のみ別料金で540円だ。

ya4.jpg

ya5.jpg


最年少の24歳男子から、最年長の私まで6名で、どうやって飲み進むかの作戦会議を開く。
最初はビールで乾杯し、その後は2種ずつ上から順番に制覇することに決めた。
燗酒も楽しむことにしたので、ペース配分が重要だ。

ya6.jpg


日本酒は自分で取りに行き、勝手に好きなだけ飲むセルフ方式だ。
花陽浴鏡山の埼玉2種は、冷たいまま飲む。

ya8.jpg

ya9.jpg


広島の天寶一と千葉久留里の福祝は、冷たいのと燗の両方を楽しむ。

ya10.jpg

ya11.jpg

ya26.jpg


雅山流「影の伝説」と、山形正宗の山形コンビ。

ya12.jpg

ya13.jpg


栃木の大那と福島のロ万は、色の組み合わせが綺麗だ。

ya14.jpg


酒の合間に子持ちの甘海老、黒豆の枝豆、鰹の刺身をつまむ。

ya7.jpg

ya27.jpg

ya28.jpg


≫ 続きを読む

| 四谷・市ヶ谷・麹町 | 00時00分 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。