≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

燻、炙、酒(作)

石神井公園駅と同じぐらい地味な、西武新宿線の上石神井駅に、遠方からも燗酒好きが集まる酒亭「作」がある。
焼酎とウィスキーと紹興酒はロック、ビールやホッピーは霜がつくほどキンキン、日本酒は冷酒が好きな暑がりの私は、寒い冬以外に燗酒はほとんど飲まないが、美味けりゃ温冷どちらも可だ。
上石神井の「作」は、何人かからオススメと言われていたが、西武池袋線と新宿線のアクセスはイマイチ良くないので、行く機会を作れないでいた。

この日は妻が上石神井に住む友人と会うと聞き、課題だった「作」で一緒に飲むことにした。
上石神井駅に着いてから「作」に電話を入れると、空席ありだと言われ、武蔵関方向に歩いて行く。

作外0002

作ドア0001

燻、炙、酒。

いいねー、大好きな字だよ。


ワクワクしながら店内に入る。
まだ早い時間だからか、先客は居ない。

作カウンター0001

燗酒ブラボーだって。
またまた、いいねー。

三人なので、一卓だけのテーブル席に座った。

作ドア0003


最初はビールで乾杯し、二種のお通しをつまむ。

作ビア0004

作通し0009


もちろん酒のメニューはあるが、先客が居ないので、日本酒の現物を見せてもらう。
イギリス人杜氏の作る玉川、神亀、奥播磨、竹鶴など、生酛(きもと)や山廃などが多く揃っている。
やはり燗酒に合うラインナップだ。

作冷蔵庫0001

作瓶10006

作瓶20007

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オンリーワン(つくしのこ)

渋谷の隣り駅池尻大橋に、日本酒好きなら一度は訪れるべき店があると聞いていた。
日本全国の蔵元が、上京の折にはよく立ち寄る店らしい。
膨大な日本酒の品揃えで、目からウロコの見知らぬ酒に、きっと出逢えるはずだとも聞く。
ビールも焼酎も無く、ひたすら日本酒を飲むのだそうな。
そんな素敵な店で飲み会があるとの誘いを受け、詳細も聞かずに参加表明した。
店の名は「つくしのこ」だ。
外観は洋風だが、入り口に下がる酒林と、店内に見える一升瓶が日本酒の店だと主張していた。

つくし外0001



入り口左手には日本酒をたっぷり収納した冷蔵庫があり、店内の壁すべてに酒の品書きが貼られている。

つくし中

つくし壁

つくし品書き0007



手書きの品書きは、それぞれのラベルのロゴを模写してある凝りようだ。
どれぐらいの量かは知らないが、値段だけ見ると手頃に思える。
ほとんどメンバーが揃ったので、主催者が乾杯の酒を注いで回る。
獺祭(だっさい)の発泡にごりがビール替わりだ。

つくし獺0014



この店は料理担当が母で、接客と酒は息子のとおるクンが担当している。
二人だけで全てをまかなっているが、料理も酒もストレス無く出てくるらしい。

つくしとーる

当夜の料理はオマカセで、酒は飲みたいものを好き勝手にオーダーしてくれと言われる。
喜んで!

≫ 続きを読む

| 渋谷・池尻大橋・駒場東大前 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。