≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一周年イブ(八献)



吉祥寺東急裏の「八献」が一周年を迎えると聞いた。
当日は行くことができないので、前日に予約を入れる。
子供が小さかった頃に、並んだ記憶がある焼肉「牛鉄」と同じビルの三階に八献はある。
一階の店舗には美人客多数。


h2503719.jpg




エレベーターが無いビルなので、とぼとぼ普段を上がる。


h2502373.jpg


h2502389.jpg




妻と現地酒~豪した時は、いつも私が先に到着するのだが、今夜は珍しく逆だった。
すでに妻はビールを飲んでいるので、私も追いかける。


h2502405.jpg


h2502374.jpg


h2502391.jpg





階段を上がって疲れたオジサンに、店主がスッポンの血のオレンジ割りをサービスしてくれる。


h2502390.jpg





今夜の料理も、3850円の店主おかませコースをお願いした。


h2502377.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

神田で一から十まで(大寅)






日本橋の老舗「蛇の市本店」で行われた羽根屋の会で、銀座OLと同席した。
たまたま通りかかった人形町「新川屋佐々木酒店」で試飲会をやっており、そこで何種か飲んでから日本酒ファンになったそうなので、日本酒歴はまだ一年半だと言う。
何十年も漫然と飲んできた私と違い、蔵元の話や酒の味をしっかりメモしているから、かなり日本酒に詳しい。
その彼女から、翌日も神田で日本酒会があると聞いた。
名前に一から十までの数字が入った酒の会だって。
おもしろい趣向だし会費も安いので、その場で申し込みの電話をしてもらう。
そして翌日、神田駅で待ち合わせして会場のおでん屋「大寅」に行った。


ot01_20120422091341.jpg


ot02_20120422091342.jpg




常連の彼女に聞いていた通り、日本酒は結人をメインにしていることがわかる。


ot03_20120422091343.jpg




地下の店舗に入ると、さっそく一から十までの数字が書かれたメモ用紙を渡される。
まずは今夜用意されている酒を予想してくれと言われる。
ぼやけた記憶をたどり、なんとかメモに書き込んでいく。

一:一白水成、一ノ蔵、東一、本洲一、一品、さ々一、一喜、乾坤一、一会、天寶一、一本義、羽陽一献、會州一と、どんどん出てくる。

二:・・・・・一はたくさん出てきたのに、二は黒龍の二左衛門しか思い浮かばない。

三:三千盛、三千桜、三芳菊、三重錦、三井の寿、三十六人衆

四:十四代、四季桜、笑四季

五:五橋、五凛、田中六五、五十嵐、NEXT5

六:同じく田中六五と三十六人衆、新政六號

七:七田、七本槍、七賢、大七

八:陸奥八仙、八海山

九:十九、九郎右衛門、九嶺、醸し人九平次

十:十右衛門、十四代、十字旭日



≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地元で二軒半(喰酔たけし&スプラウト)



夕方に石神井公園駅に戻り、イオンリカーに寄り道する。


ts220.jpg





「搾ってから最良の時期を見極めて発売したというこのお酒。 南国のフルーツの複合的な甘さはまるでミックスジュースのよう! みずみずしい酸とともに切れ味も最高!」
と書いてある、滋賀の笑四季モンスーンを、美人店員から購入する。


ts221.jpg





本当に甘酸っぱくて、三芳菊のようだ。
ロックかソーダ割りにした方が、なお美味しいような気がする。
日が暮れてから、地元居酒屋たけしに行く。
たけしがIKEAで椅子を買ってきたので、座り心地を試すためにテーブル席にする。
乾杯酒は生生姜で作ったジンジャーハイボール。
乾燥した喉に良さそうだ。


ts201.jpg




刺身をつまんで、遊穂のしろ。


ts202.jpg


ts203.jpg





炭火焼きを始めたと言うので、椎茸、筍、肉の盛り合わせを焼いてもらう。


ts204.jpg


ts205.jpg





鴨、山形地鶏、三元豚、山形牛の四種盛り合わせだ。


ts206.jpg






鍋島を飲んで、山芋のふわふわ焼きを食べる。


ts207.jpg


ts208.jpg





もう一軒行きたい店があるので、鶏ごぼうの土鍋炊きご飯で〆る。


ts209.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 09時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満タンナイト(八献)





翌日から日本酒が飲めない状況になるので、前日にたっぷり補給しておくことにする。
きっと一軒では済まないだろうから、美味しい日本酒の店が何軒もある吉祥寺に向かう。
予約したのは7月に開店したばかりの「八献」だ。
大型台風が近付いているせいか、吉祥寺の街も八献も空いている。


hk001.jpg





店主の草野さんは、吉祥寺「須弥山」の料理長だった方で、阿佐ヶ谷「まにわ」の先輩でもあるから、料理も酒も期待できそうだ。


hk003.jpg


hk004.jpg




店内の雰囲気はいい感じだし、気配りもある。
しかも接客担当は美人だ。


hk005.jpg





ブラウマイスターで乾杯し、料理はおまかせコースを頼む。


hk034.jpg





この前菜には日本酒だろう。
すでにメニューに載っていた陸奥八仙の冷やおろし、白岳仙、賀茂金秀からスタートする。


hk006.jpg


hk016.jpg


hk019.jpg


hk020.jpg




うすはりの大吟醸グラスが素敵だ。


hk017.jpg




お椀の後に出た刺身は、鯛の昆布締め、のどぐろの炙り、秋刀魚。


hk007.jpg


hk008.jpg




初めて飲む兵庫の笑四季



hk021.jpg



≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。