≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飲んで食って燃える夜(じぃま)





小さな個人店のカウンター席で飲むのが好きだ。
一度行っただけで名前を憶えて、二回目に行った時に本名で声をかけられたりすると、すっかりその店のファンになる。
そうなると基本的にサラリーマンとバイトで運営しているチェーン店には行かなくなる。
そう思っていないのに「ごゆっくりどうぞ」なんて言う店や、テーブルのボタンを押して店員を呼ぶ店はイヤだ。
今夜は吉祥寺の「じぃま」に行く。
ここの店主小嶋さんも、初回訪問で私の名前を憶え、何か月か間が空いて再訪した時にも、しっかり忘れていなかった。


j805302.jpg


j805316.jpg


j805304.jpg





カウンター席はほぼ埋まっているので、テーブル席に着く。


j805314.jpg


j805307.jpg







ビールを飲みながら、お通しの八丁味噌パンをつまむ。
カウンターの食材を見に行く。


j805324.jpg


j805310.jpg


j805305.jpg



松茸と海老は発注決定。




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かなり理想形




よほど体調が悪い時以外は、毎晩のように酒を飲んでいる。
最初の一杯はビールで、後は延々と日本酒だ。
自宅なら好みの銘柄を常備しているから問題ないが、外食する時は、料理が美味しいことはもちろん、酒の品揃えが大いに気になる。
手頃な価格であることも重要だ。
幸いなことに、地元には日本料理店「海音」と、居酒屋「喰酔たけし」という、料理も美味いし日本酒の品揃えも好みの店があるので、ヘビーローテーションで利用している。
長年の課題として、夫婦ともに好物である寿司屋で、日本酒の品揃えが良い手頃な値段の店を探していた。
10年前までは、「双葉寿司」という理想的な店が地元にあったのだが、親父さんの病がきっかけとなって、店を閉じてしまったのだ。


まだ寒い時期に、知人から「つまみと握りをおまかせで食べ、適度に飲んで、一人一万円ぐらいの寿司屋がある」と情報が入った。
知人はビールと焼酎派なのだが、周囲の客は日本酒を飲んでいたとのことだ。
なかなか希望の日に予約が取れず、初夏になってから初訪問してみる。
店の場所には遠い記憶があった。
まだネットで情報が取れなかった20年ぐらい前に、足でいい寿司屋を探し回っていた中の一軒だと思う。
店の外観も内装も店主も全く違うが、カウンターだけの広さは同じだ。
とりあえずつまみをおまかせで頼み、ビールから始める。


nz01.jpg


nz10.jpg


nz11.jpg



刺身が出たからには日本酒を飲まずにはいられない。
何が置いてあるのか聞くと、一升瓶が何本か出される。
なんと「試飲してから選んでください」と言うではないか。


nz027.jpg




飲んだことがある銘柄だが、喜んで試飲させてもらい、いづみ橋に決める。


nz0600.jpg


nz07.jpg




タイミング良く出てくるつまみは、どれも美味くて泣けてくる。
日本酒もどんどん進んでしまう。


nz12.jpg


nz13.jpg


nz02.jpg


nz03.jpg


nz16.jpg


nz17.jpg


nz08.jpg


nz04.jpg


nz15.jpg


nz14.jpg


nz05.jpg


nz09.jpg


延々と食べ飲み続けたいが、ここらで握ってもらうことにする。

≫ 続きを読む

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界を超える(やまちゃん)

戦国時代なら寿命を迎えていたはずの私は、誕生日はあまり嬉しくない。
夜景がきれいな店でフランス料理を食べたいとか、オシャレな店でパーティーを開きたいとかはこれっぽっちも思わず、居酒屋か寿司屋か温泉で、日本酒を飲んでまったりできれば満足なのだ。
そんな私の気分を知ってか知らずか、またまた地元の飲み友女性から嬉しいメールが来る。
四谷にある「やまちゃん」を6名分予約してあるで、ご夫婦でいかがですかと言うのだ。
他のメンバーは男子3名らしいが、喜んで行きますとも!
なんと一年先まで予約が埋まる「やまちゃん」は、おまかせの魚料理と20種以上の日本酒が飲み放題で、5,800円という超人気店だ。
少し前までは5千円ぽっきりだったと聞くが、800円値上げしても人気は衰えない。
日本酒は四谷の鈴傳から仕入れているらしいので、きっと美味い銘柄勢揃いだろう。


迎えたやまちゃん当日は、いろいろ疲れが溜まって体調は最悪だ。
根性で四谷三丁目に行き、荒木町の飲み屋街を歩いて行く。
看板の無い「やまちゃん」に到着した。

ya1.jpg


詰め込めば8人ぐらい座れそうなカウンターと、はみ出そうな小上がりのみの狭い店内だ。

ya2.jpg

ya3.jpg


この日冷蔵庫に入っている日本酒のリストが置いてある。
埼玉の花陽浴から静岡の君盃まで25種が飲み放題で、十四代の愛山のみ別料金で540円だ。

ya4.jpg

ya5.jpg


最年少の24歳男子から、最年長の私まで6名で、どうやって飲み進むかの作戦会議を開く。
最初はビールで乾杯し、その後は2種ずつ上から順番に制覇することに決めた。
燗酒も楽しむことにしたので、ペース配分が重要だ。

ya6.jpg


日本酒は自分で取りに行き、勝手に好きなだけ飲むセルフ方式だ。
花陽浴鏡山の埼玉2種は、冷たいまま飲む。

ya8.jpg

ya9.jpg


広島の天寶一と千葉久留里の福祝は、冷たいのと燗の両方を楽しむ。

ya10.jpg

ya11.jpg

ya26.jpg


雅山流「影の伝説」と、山形正宗の山形コンビ。

ya12.jpg

ya13.jpg


栃木の大那と福島のロ万は、色の組み合わせが綺麗だ。

ya14.jpg


酒の合間に子持ちの甘海老、黒豆の枝豆、鰹の刺身をつまむ。

ya7.jpg

ya27.jpg

ya28.jpg


≫ 続きを読む

| 四谷・市ヶ谷・麹町 | 00時00分 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。