≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黄金の組み合わせ(恒)



神楽坂周辺には江戸時代から続く町名が多く残っている。
宅配業者やタクシードライバーは少々困るだろうが、路地裏あたりで突然町名が変わったり、番地が飛んだりするのは散歩の楽しみだ。
かつて神田川の荷揚げ場があったから揚場町とか、武家屋敷に竹矢来があったから矢来町とか、一組10騎単位の先手与力が二組住んでいたから二十騎町とか、町名の由来から往時がしのばれる。
私が時々訪れる酒亭「華もだん」があるのは筑土八幡町で、もちろん坂の上に建つ筑土八幡神社から名付けられている。
今宵訪れる予定の店は、筑土八幡町に隣接する白銀町にある。
昔は白銀が採れたからではなく、困窮した村から移住した人々が、裕福になることを願って白銀と名付たのだそうだ。

恒外0004



店の名は、店主の名前から一文字取って「恒」だ。
まだ先客が居ない時間に入店し、ビールで喉を潤す。
店主が一人で料理も接客もこなす店だから、混んできたら料理の出が遅くなるかもしれないと思い、お互いのために2,500円のオマカセにした。

恒店主0010

恒メニュー0005

恒エビス0001



さっそくいかにも夏な、枝豆ととうもろこしでビールを飲み干す。
もう一つのお通しは、身欠きにしんと茄子の煮物。
こちらは日本酒にピッタリはまる。

恒通し0013



昔懐かしいベニーグッドマンとかが映るスクリーンの裏に、美味そうな日本酒が収納されている。

恒スクリーン0003



どの銘柄を選んでも、3種で1,300円という利き酒セットにし、徳島の旭若松、水戸の百歳、栃木の「たまか」をお願いする。

恒三種0007

恒旭0005

恒百蔵0006

恒たまか0001



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。