≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり和食と日本酒(WABISABI海音)

妻がタイから帰国したのは、22時30分着のタイ航空便だった。
通関手続きを考慮して、23時到着予定で羽田に向かう。
到着ロビーで待っていると、ほろ酔いで元気がいい妻たちが現れた。
機内で何杯もワインを飲んでいたらしい。
高円寺と小金井に友人たちを送り、帰宅したら25時だった。

3時間ほど寝てから、朝8時の会議に出て、昼間も眠気を抑えて仕事する。
寄り道せずに帰宅して、早めに寝ようと思っていたら、夕方に「WABISABI海音に行こう」と妻からメールが来る。
一週間タイ料理続きだったので、和食と日本酒が恋しいんだそうだ。
店に到着すると、カウンターは先客で埋まっているので、テーブル席にゆったり座る。


3ws01.jpg





カウンター席から少女の声が聞こえるなと思ったら、大将の母親と小学生の娘が来店していた。
女将を入れると、三代美人の揃い踏みだ。
先日本店で日本酒会をやった、飯能五十嵐酒造のにごり酒をもらう。


3ws02.jpg


3ws03.jpg





さくら色のにごり酒に、桜が添えられた前菜。


3ws06.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の選択(喰酔たけし)



今夜は地元で飲む。
居酒屋「喰酔たけし」の階段を上がると、入口脇に海老が居た。


kt301.jpg





甲殻類が好きな私としては、焼きか茹でで食べようと決めて店内に入る。
すると今夜は毛蟹のいいのが入っていると言われる。
海老と蟹の両方食べようと思いながら、一応メニューに目を通すと、蟹味噌グラタンの文字が光って見える。
雪が散らつく寒い夜だから、温かい鍋も食べたいと感じた途端、ブリしゃぶの文字も光り始める。
ジンジャーハイボールを一杯飲む間に心を決め、毛蟹と蟹グラタンの蟹コンビをオーダーした。


kt308.jpg


kt309.jpg





日本酒のスタートは、喰酔たけしで日本酒会をやったことがある天明英君から。


kt303.jpg






次の酒も兄弟夫婦で来店したことがある、栃木の仙禽にした。


kt307.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 11時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫婦の日(WABISABI海音)




地元の日本料理店「海音」は火曜が定休日だ。
ほんの30mほど離れた至近距離にある姉妹店の「WABISABI海音」は、一日ずらして水曜を定休日にしている。
そんな訳で火曜日のWABISABIは、大将と女将の夫婦二人だけでの営業になり、海音の常連もこちらに流れて来るので、知った顔だらけになるのだ。


wbk01.jpg





この夜も早い時間から飲んでいると、続々と顔見知りがやって来る。
情報交換しながら次々に飲み、いつもより酒量が増える。
永寶屋陸奥八仙、花泉、白露垂珠・・・・・


wbk02.jpg


wbk03.jpg


wbk04.jpg


wbk05.jpg





一白水成屋守小左衛門松の寿・・・・・


wbk06.jpg


wbk07.jpg


wbk09.jpg





WABISABIのストックを飲み尽くしたので、海音から鍋島天青佐久乃花を運んでもらう。


wbk08.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 02時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

節分おうち居酒屋



料理も酒もおいしくて美人女将が居る酒亭とか、絶品なのに値段が手ごろな寿司屋とか、素敵で楽しい人たちが集まる店とかあるから、外食は楽しいのだが、電車を乗り継いでまで行く元気が減りつつある今日このごろ。
自宅周辺にもいくつか素敵な店はあるけれど、連夜だと少々飽きる。
自宅で飲む時は、好みの酒肴が何種類もあるのが好きだし、酒器をいろいろ出して楽しむので、準備や片付けをする妻が面倒くさがる。
先夜ご近所のイオンリカーに立ち寄り、美人店員から福光屋の純米吟醸酒粕を買った。


li15.jpg


li16.jpg





寒い日が続くので、粕汁を作ってくれと妻にリクエストしておいたので、節分の日は久しぶりに自宅居酒屋をやる。
客が私一人なら妻もやる気が起きなかっただろうが、この日は娘も在宅なのが吉と出た。
清瀬の降矢酒店で買い求めた奈良萬を開け、ポテサラとピクルスで飲み始める。


oi07.jpg





新ごぼうの唐揚げ、肉団子の黒胡麻ソース。


oi02.jpg


oi03.jpg




≫ 続きを読む

| 家で晩酌 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大掃除その3の後で(WABISABI海音)



昨年の暮れに軽く大掃除をやった。
三連休初日の新年会当日に、朝から大掃除第二弾をやった。
三連休二日目は、ハードな飲みがたたって一日中どんよりして過ごした。
三連休の最終日は、後回しにしていた息子の部屋を掃除する。
今は東京イーストに住む息子の部屋には、大量のCD、MD、フィギュア、漫画が残されているのだ。
正月に戻って来た息子に、要不要を仕分けさせたのだが、大部分は処分してくれと置いたままになっている。
整理しながら漫画を読み始めたり、私好みのCDを見つけて回収したりして、結局夕方までかかってしまった。
ぐったり疲れたので、夕食はご近所の「WABISABI海音」に食べに行く。


wb51.jpg





前菜の盛り合わせ、海鮮アボカドサラダ、牡蠣のみぞれ煮、ヒレかつ和風だれをつまむ。


wb59.jpg


wb58.jpg


wb61.jpg


wb60.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 07時15分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素晴らしき地元蕎麦(やぶいず)


大晦日はどこの蕎麦屋も大混雑どころか、予約なしでは入れなくなる。
年越し蕎麦という訳ではなく、居酒屋気分で少々離れた藪伊豆まで歩いて行った。


1yi001.jpg


1yi003.jpg






日本酒のラインナップに過不足はない。
純米吟醸とか大吟醸は置かず、本醸と純米に絞り込んで、価格を手頃に抑えているのが潔い。


1yi004.jpg





つまみも嬉しい価格と品揃えだ。


1yi005.jpg





蕎麦も自家製粉で手頃な値段なので、何も文句はございません。


1yi002.jpg


両親と息子が厨房で働き、接客は美人のヨメが担当している家族経営だから、手頃な値段で提供できるのだろう。


≫ 続きを読む

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんなイブ



友人宅のクリスマス飲み会に誘われた。
酒は各々が持ち込みだと言うので、江古田の「酒の秋山」に日本酒を買いに行く。
ついでにどこかでランチを食べることにして、車が停められる店を思い浮かべる。
久しぶりの蕎麦屋「法師人」に決めた。


has01.jpg





結婚した美人娘も健在でうれしい。


has03.jpg


has05.jpg


has04.jpg






いつものごとく、妻だけ酒を飲む。
岐阜の蔵まで行って買ってきたと言う小左衛門


has06.jpg






相変わらず美味い天せいろを食べ、いろいろ情報交換する。


has02.jpg






食後は酒の秋山に向かう。


has07.jpg





四代目は不在だったが、店内をいろいろ見て歩き、差し入れ用と自宅用の酒を選ぶ。


has08.jpg


has09.jpg





日本酒のスペックと価格が明記されているから買いやすい。
コンビニや安売り店に押されて消えていく酒屋は、こんな当たり前のことが出来ていない場合が多い。


has10.jpg


has11.jpg



白露垂珠花陽浴秀鳳英君などを購入し、一旦自宅に戻る。





≫ 続きを読む

| 江古田 | 08時04分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。