≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記憶を無くす夜(きたやま)



東京で花街と言えば、赤坂、新橋、神楽坂、浅草辺りが有名だ。
花街には芸妓置屋、待合、料亭の三業種があったことから、三業地とも呼ばれる。
今ではすっかり地味な印象だが、大塚にも三業地が現存している。
三業地のある街には、いい飲み屋も多いのだ。

この大塚には四天王と言われる名店がある。
南口の江戸一、きたやま、北口のこなから、串駒の4軒だ。
先夜は江戸一で飲んだので、当夜は「きたやま」を訪れる。


きたそと




江戸一と同じく、コの字型のカウンターがある酒亭だ。
この夜の年齢層はかなり高い。


きたカウンタ




まずは燗酒で体を温める。
岐阜の三千盛、福井の一乃谷、愛媛の寿喜心と、普段は飲まない銘柄を選ぶ。


きたちょこ




おから、豆腐の味噌漬け、じゃこに、刺身の三点盛り。


きたおから


きたじゃこ0001


きたさしみ




体が温まったところで、冷酒を飲み始める。
広島の本洲一琵琶の長寿蔵人、水戸の一品にごり、静岡の開運、栃木の鳳凰美田、青森の豊盃などなど・・・・・


きたほんしゅう


きた琵琶


きた初


きた開運


きたつぐ


きた豊




むかごと銀杏。


きたむかご




牡蠣レタス巻き。


きたかき


隣席の見知らぬ夫婦と話し込んだので、この後もだいぶ飲んだはずだ。




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。