≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

続・体格のいい男たち(喰酔たけし)




いつものように早起きして、ブログを書いたり、新聞を隅から隅まで読んだり、コーヒーをお替りしたり、シャワーを浴びたりしていると、妻が起きてきて、「今夜たけしで日本酒会があるんだって」と言う。
前夜私が早寝した後に、たけしの補佐役ユータくんから、妻の携帯に電話があったらしいのだ。
白河のばるべにー青年と、つい先日たけしに行った時には、そんな話は聞いていない。
開催前日の夜に、本人ではなくユータが、私ではなく妻に連絡してきたということは、何か引け目があるのだろうか。
妻はダンスのレッスンなので参加できないが、私は酒の誘いなら当日でもOKだ。

詳細を聞くために、たけしが起きた頃を見計らって電話する。
酒の秋山とのコラボで、日本酒会に初めて参加する客を江古田と石神井から集め、ひやおろしの会を企画したのだが、三日前に思いついたので集客ができていないようなのだ。
江古田から石神井の居酒屋に行くなんて、石神井住民が所沢に出かけるような感覚だろうから、集まる訳無いだろ。
一升瓶を12本用意したが、一人で一升飲めるほどの客しか集まっていないと聞き、飲み友美人を誘って参加を決めた。
そろそろ酒作りが始まるから、蔵元が参加する日本酒会は今年最後になるかもしれない。


ひや210001




開始予定時間を少し過ぎて入店すると、予想していた通りに集まりが悪い。


ひや190011




体格がいい会津坂下「曙酒造」の御曹司、コーイチくんも来店しているので、ホスト役は天明の会と同じ顔ぶれだ。

ひや10001




一升瓶が並ぶ横のテーブルに席を取る。
陸奥八仙上喜元秀鳳、天明2種、仙禽琵琶のささ浪九郎右衛門佐久乃花英君、天狗舞、玉川と、ひやおろしがズラリと勢揃いしてワクワクする。

ひや50001


山形の秀鳳ひやおろしで乾杯し、少人数で贅沢な会がスタートした。

ひや20010


あちこちの日本酒会に参加しているが、居酒屋たけしの会が飛び抜けてコストパフォーマンスとホスピタリティがいい。
その時々の蔵元の地元から食材を取り寄せ、毎回サプライズの料理が用意される。

ひや15

鰹のタタキに使った藁は、天明の蔵から送ってもらったのだと言う。
炙りに使用した藁の違いまで、わかる舌を持っていないが、気分的には嬉しい。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新桜台で途中下車(笑雲)

※江古田駅近くに移転したようです。




適度に空いている副都心線を使い始めてから、大混雑の西武池袋線にはめったに乗らなくなった。
池袋で飲んだ時でも、少々電車賃は高くなるが副都心線を使ってしまう。
以前は西武池袋線の椎名町、東長崎、江古田あたりでたびたび途中下車したが、副都心線の小竹向原や新桜台では降りる気がしない。
江古田の「笑雲」という店が結構いいらしいとの情報が入り、たまには池袋から西武池袋線に乗ってみるかと思っていたら、新桜台からもこの店は近いと気付く。
初途中下車して、夜道を「笑雲」目指して歩く。
江古田駅周辺と違い、適度な寂れ感が落ち着く道だった。

笑1


店の雰囲気も客層も女将が居るのも、オジサンにぴったりだ。

笑2

笑3


瓶ビールを飲み、お通しをつまみながら、品書きをじっくり眺める。

笑5

笑6

笑4


日本酒の品揃えもなかなか素敵だ。
地元の居酒屋「喰酔たけし」とも取り引きがある、江古田の酒屋から仕入れているような気がする。
まずは東鶴と、刺身の盛り合わせだ。

笑8

笑酒器

笑7

≫ 続きを読む

| 江古田 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兄になる日(喰酔たけし)

たけささ0001


たけ田むら0004


たけ鶴0006


たけ鍋島0005


たけ刈0001

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。