≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イカしてる?(新宿いかセンター)

博多の天神にあった料理屋「てら岡」が、店舗を売却したとのニュースを聞いた。
この店で20年ほど前に初めて活けイカの刺身を食べ、その透明感と、パキパキした食感と、美味さに驚愕したことを覚えている。
大きな生簀から生きたイカを掬い、その場ですぐ捌くから、透明な身がピクピク動いていた。
これに何品か料理が付くイカ尽くしコースが、当時は2千円代だったので、すっかり気に入って出張のたびに訪れていた。
その後池袋西口の生簀料理の店でも、活けイカを食べたことがあるのだが、博多の美味さには及ばなかった。
同じ生簀料理店でも、産地に近い方が断然有利なのだろう。



最近新宿に活けのイカを食わせる店があると聞き、さっそく訪れてみる。

いか外0001

いか木看板0006


かなり古びた雑居ビルに店はある。
小さなエレベーターで最上階の5階に上がった。
店内は市場の食堂のような雰囲気だ。
まんまな店名と素朴過ぎる雰囲気が、逆に期待感を高める。

いか中看板0002

いかテーブル0004

いかうんた


生簀にはイカが泳いでいる。

いか水槽0007


とりあえずビールを頼んでから、卓上の品書きを見る。

いかメニュー0005


もちろん活いか姿造りは必須だ。
ん?、少し透明感が無いかな。

いか造り0001

いかゲソ0003

まだ足がクネクネと動いているやつをつまみ、醤油をチョイとつけて食う。





「・・・・・」





博多の感動は蘇ってこない。
イカが疲れていたのか、刺身の引き方なのか・・・
それとも思い出が美しすぎたのか。

目玉や口の部分は焼いてもらう。

いか焼き0007


続いて三浦の農家から直送された野菜盛り。

いか野菜0010

大根はフルーツのように甘くて美味いが、キャベツやほうれん草をそのまま齧っていると、なんだか鳥か昆虫になったような気分だ。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 新宿・代々木 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

究極の贅沢

ご近所の日本料理店「海音」に、最近立て続けに振られていた。
忘年会と新年会の季節は、昼も夜も予約で一杯だったようだ。
石神井公園駅周辺のチェーン居酒屋は苦戦しているらしく、昨年末に一軒撤退したし、既存店も客の呼び込みが一段と激しくなってきたが、満席続きの店もあるからたいしたものだ。
そんな訳で一月も半ばを過ぎてから、やっと2009年初の海音訪問をする。


筑前煮のお通しでビールを飲み、いつも通りに前菜盛りと刺身を頼む。


海通し0008




うに豆腐、蛸の柔らか煮、とこぶし、茄子の含め煮、平貝の握り。


20090121174448うみぜん


20090121174503うみさし




もちろん料理の合間に飲むのは日本酒だ。
最近入荷した酒から、まずは盛岡の「菊の司」無ろ過純米生原酒。


20090121174535うみかめ




続いて栃木の「辻善兵衛」あらばしり。


20090121174553うみつじ




福島県会津坂下町の「天明」五年瓶熟成純米酒。


200901211746うみてんめい06




同じく福島県会津坂下町の「飛露喜」特別純米無ろ過生原酒。


20090121174617うみひろ




そして京都伏見「松本酒造」の澤屋まつもと


200901232142うみまつ09


三年ほど前に「海音」はオープンしたのだが、その一ヶ月ほど前に銀座の「金田中庵」で会食する機会があった。
料理はもちろん美味しいが、日本酒の品揃えは残念レベルだった。
オープン当初の「海音」も、酒の品揃えは金田中庵と似たようなものだったが、最近は何を飲んでも美味い。
つまり料理は金田中庵レシピで、酒の品揃えはそれ以上の店が地元にあるってことで、これは贅沢だよなあ。

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

八回目と九回目

地元石神井公園の日本料理店海音(かいね)。
開店して三年を越え、蔵元を呼んで行われる日本酒会も九回目を迎えた。
今回は新潟「緑川」の会だ。


海メニュー0001


海品書き0006




まずは新酒を飲みながら、からすみ、焼き白子、あんきも、牡蠣、香箱蟹など、大好物揃い踏みをつまむ。


海八寸




寒い季節に嬉しい鰤の粕汁に、お造り三種。


海椀


海刺身




もちろん緑川を飲むのは忘れない。


海緑10004


海正宗0002


海緑




今回のヒットは、どんこの焼き物だった。
添えられた肝が濃厚で、フォアグラを食べているような感じだ。
最初に品書きを見た時は、どんこは椎茸だと思っていたが、椎茸に肝があるわけはない。
和名をエゾイソアイナメというタラ目チゴタラ科の、冬が旬の魚だったのだ。


海どんこ0002




百合根饅頭を食べ、すっぽん雑炊でお開きにする。


海テーブル0003


海饅頭


海雑炊0007

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 10時00分 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。