≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

普通ではない(春駒)





時々コメントを頂くAyaさんという方から、「池袋に日本酒がたくさん置いてある、おもしろい店があります」とのタレコミがあった。
Ayaさんのご主人がたまたま通りかかって、びっくりした店だと言う。
超B級店とも書いてあったので、妻と新規開拓するのはためらわれる。
そうだ!こんな場合に絶好の同行者が、ご近所に居るではないか。
ばるべにーくんを誘って行ってみるが、この日は残念ながら臨時休業していた。
後日またもや"ばるべにー"くんと再訪する。
店頭に置かれた黒板を見ると、なるほど素敵なラインナップだ。
一合が平均600円ぐらいだから、値段はかなり安い。


hk01.jpg




店内は大衆的な雰囲気で、狭いが居心地は良さそうだ。


hk02.jpg




冷蔵庫には日本酒が入り、焼酎やバーボンも置いてある。


hk05.jpg


hk18.jpg




つまみの値段もかなり手頃だ。


hk06.jpg




まずはエビスの生で乾杯し、あらためて卓上の日本酒メニューを見る。


hk03.jpg


hk04.jpg




半合のグラスも用意されているから、二人で全種制覇もできそうだ。
信濃鶴と天吹からスタートする。


hk07.jpg


hk08.jpg




庭のうぐいす房島屋、死神、三芳菊・・・・・


hk09.jpg


hk10.jpg


hk11.jpg


hk12.jpg




天野酒ソガ・ペール・エ・フィスと飲み進む。
三芳菊はパイナップルジュースのようだったが、どの酒も美味くて幸せだ。


hk13.jpg


hk14.jpg


hk15.jpg




なんとなくカンが危険を告げていたのだが、埼玉越生の来陽に挑戦してみる。


hk16.jpg




「・・・・・・やられた」
なぜ三割五分まで磨いて、糖類を加えてしまうのか。
しかし強烈なインパクトがある酒で、きっといつまでも記憶に残る味だ。


hk17.jpg




気を取り直して、るみ子の酒、十字旭日、深山桜佐久乃花を飲む。


hk19.jpg


hk20.jpg


hk21.jpg


hk22.jpg


他の客はどんどん入れ替わったが、我々は腰を据えて好みの酒をほぼ制覇する。



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裏死神で魚介尽し(焼串)

仕事がらみの飲み会で、たまたま隣り合わせたオジサンと話していたら、西武新宿線沿線に住んでいると言う。
飲み屋情報を交換すると、気になる店が3軒ほどあったので、携帯にメモリーしておく。
それからしばらく経ったある日、気になる店の一軒である、新井薬師の「焼串」を探検しに行った。
店はキレイじゃないが、魚介のつまみが安くて美味いと聞いていたのだ。
情報源のオジサンは焼酎派なので、日本酒の品揃えについては不明だが、もしダメダメ店なら、蕎麦の「火群」に移動すればいい。

や2


店頭に貼られたラベルを見て安心する。

や1


引き戸を開けると、ほぼ満席状態だ。
先客の片付けが終わっていないカウンター席に案内された。
聞いていた通りに雑然とした店内だが、こんな雰囲気も好きだ。

や3


まずはビールをもらい、二種のお通しをつまみながら品書きを見る。
何ページにも渡るメニューの他に、壁のあちこちに品書きが貼り出されているから、注文を決めるのに大いに迷う。

や6

や4

や5


日本全国の牡蠣があるし、100円つまみはあるし、店名にもなっている焼き串は、魚貝から肉まで色々揃っている。
強面の店主に聞きながら、まずは牡蠣を選んだ。
舞鶴と銚子の岩牡蠣に、厚岸の牡蠣を盛り合わせてもらう。
ついでに刺身もおまかせにした。

や7


おー、これは美味そうだ。

や8


牡蠣好き、魚介好きとしては、たまらない盛り合わせがカウンターを埋める。

や9


日本酒を合わせなければもったいない。
奈良萬から始める。

や24

≫ 続きを読む

| 新井薬師・沼袋 | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一進一退(クアビオ)

健康的なホテルの夜は長い。
夕食を済ませてから一風呂浴びて、部屋飲みを開始する予定だ。
長風呂の女性たちを待つ間に、軽井沢で購入した信州の地酒「深山桜わわわ」を味見する。

深山0001


風呂上がりの女性たちはスパークリングワインで乾杯だ。

夜10001


私は日本酒に持ち込んだ鮭トバや漬物、女性たちはワインに軽井沢で買ったチーズやオリーブを合わせる。

夜30004

夜60007

夜80001

夜70008

夜50006

夜40005


ハルニレテラスで買った和菓子でお開きにする頃は、日付が変わっている。

夜90009

夜100002

せっかくマクロビ料理を食べた後なのに、これでは元の黙阿弥なのだ。


≫ 続きを読む

| 草津 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。