≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三連福(旬彩&モノノフ)





小竹向原の寿司屋「旬彩」に行くたびに、「樽見」の前を通り過ぎる。
いつも程よく客が入っているし、旬彩のオヤジもモノノフのマスターも、揃っていい店だと言う。
妻が池袋の実家に行った日に、待ち合わせて樽見を探検しに行く。
いい店とは言っても平日の夜だし、かなりキャパがありそうなので予約はしていない。
小竹向原で降りてから電話を入れると、なんと満席で断られてしまう。
鮨家旬彩に電話すると、こちらはテーブル席が空いていた。


s2577212.jpg




三週連続して小さな暖簾をくぐる。
ビールでお通し。


s2577207.jpg


s2577217.jpg





蛸の柔らか煮に、浅蜊の酒蒸しを頼んで、さっそく日本酒に切り替える。


s2577213.jpg


s2577214.jpg


s2577210.jpg


s2577211.jpg




この店の定番日本酒は、田酒浦霞〆張鶴黒龍の4種だ。
これに加えて一本だけ定番以外の酒がある。
今夜も全5種を飲み尽くした。


s2577216.jpg


s2577218.jpg


s2577220.jpg



つまみは刺身しかない寿司屋は多いけれど、こちらは多彩に揃っているのが楽しい。



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 小竹向原・氷川台・平和台・光が丘 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほのぼの寿司屋(旬彩)




時々ブログを読んでいる方から、おいしい店情報コメントやメールを頂くことがある。
先日も「小竹向原の寿司屋旬彩がいいですよ」と、タレコミがあった。
副都心線を利用することが多いので、小竹向原は必ず通る駅なのだが、一度も途中下車して周辺の店に行ったことがない。
乗り換えなしで帰宅できる沿線に、行きたい寿司屋がほとんど無かったので、この情報はありがたい。
妻を誘って探検に行ってみる。
池袋で待ち合わせて小竹向原で降りると、かなり駅前は寂しい。


s2499296.jpg




「旬彩」に向かって住宅街を歩くと、ポツリポツリとおもしろそうな店が現れる。
しゃれた佇まいのバーかと思った店は、韓国家庭料理「善」と書いてある。


s2499328.jpg




この日は臨時休業だったモロッコ居酒屋!
これはいつか探検してみたい店だ。


s2499323.jpg




名前だけは知っていた「樽見」が現れた。
居酒屋と言うより割烹のような雰囲気で、なかなかいい感じだ。
ここもいつか探検の候補店だな。


s2499322.jpg




やがて目的地の「旬彩」が見えてくる。
少々チープな手作り的外観だ。


s2499303.jpg


s2499304.jpg




テーブル席には老夫婦と、小さな子供を連れた家族の先客二組が居る。
いかにも住宅街の店らしい、ほのぼのとした雰囲気だ。
後から店主が、老夫婦は90歳を越えていると教えてくれる。
素敵だ。


s2499306.jpg


s2499310.jpg





まずはビールを飲んでから、壁のメニューを見てつまみを決める。


s2499324.jpg


s2499305.jpg



お通しは稚鮎の南蛮漬けと、トマトのゼリー寄せだった。



≫ 続きを読む

| 小竹向原・氷川台・平和台・光が丘 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時代は変われど(MADOy)

まだ自粛ムードが続いていると思い、予約無しで神楽坂の鉄板焼き店「MADOy」に行く。

md01.jpg



ドアを開けると、鉄板前のカウンターはぎっしり満席だ。

md02.jpg



唯一空いていた奥のテーブル席に案内される。

md03.jpg



若い女性を連れた隣席のオヤジ客が、すでに酔っ払ってかなり煩いが、ここしか空いてないから仕方がない。
まずビールを頼んで、お通しをつまみながら、メニューを見る。
西早稲田の「鉄板焼さくら」と酷似した内容だ。
店の人に聞くと、やはり「さくら」の店主はここに居たらしい。

md04.jpg

md05.jpg




前菜の盛り合わせは取り分けられて登場する。

md06.jpg



復興を祈って宮城の墨廼江と、カリフォルニアの白に切り替える。

md07.jpg

md08.jpg


我々のワインボトルを見て、先客の酔っ払いオヤジが店員に「あれはどこのだ?」と聞いている。
カリフォルニアだと聞き、「値段は気にしないからフランスワインを持ってこい」などと言っている。
ケッ!

≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。