≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクアパッツァで日本酒(喰酔たけし)



開店時間と同時に地元居酒屋「喰酔たけし」の階段を上がる。


8ks01.jpg




すりおろした生生姜で作ったジンジャーハイボールがスターターだ。
生生姜のハイボールを飲みつけてしまうと、別の店のやつは水っぽくてつまらない。


8ks02.jpg




メニューの半分は日替わりなので、検討するのに時間がかかる。
先に日本酒を出してもらい、お通しをつまみながらじっくりと考える。


8ks06.jpg


8ks03.jpg


8ks05.jpg


8ks04.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

兄弟酒場(酒肴おまた)

先夜は池袋の東口で飲んだので、今宵は西口の店に行く。
目的地の「おまた」は人気店なので、東武の前で電話して、空席を確認してから歩き始めた。

oma1.jpg



エビスの生から始める。

oma2.jpg



一合と書いておきながら、明らかに7勺ぐらいしか出てこないケシカラン店も多いが、ここ「おまた」は真っ当だ。
一合と半合の価格が明記され、量もピッタリある。
一番嬉しいのは、一合と書いてありながら、それ以上多めに注いでくれる店なんだけどね。
いろいろ飲みたいので、半合でオーダーする。
福島のロ万と、群馬の流輝からだ。

oma3.jpg

oma15.jpg



つまみは鮪づけに、海老と柿とアスパラの白和え。

oma10.jpg

oma11.jpg



続いて義侠を飲む。
兄貴が接客と酒を担当し、弟が調理する鉄壁の布陣は健在だ。

oma8.jpg

≫ 続きを読む

| 池袋(西口) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プライベート日本酒会その2(喰酔たけし)

地元居酒屋たけしの日本酒会は、平日の19時半ぐらいからスタートする。
仕事の都合でいつも参加できない酒豪友人夫婦が、休日の夜に来たいと言うので、奥座敷のVIPルームを予約しておいた。
19時から4人の日本酒会を開始する。

resize0123.jpg

resize0114.jpg

resize0115.jpg

resize0116.jpg

resize0117.jpg

resize0118.jpg


resize0125.jpg

resize0124.jpg

resize0122.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご近所で夢叶う(喰酔たけし)

渋谷の「カニチャーハンの店」で、蟹の姿が見えない炒飯を食べたのが、放浪の始まりだった。
ラーメンか炒飯か、どちらか一つを選べと言われたら、九割方ラーメンを選ぶ私なのに、なんだか最近の自分の行動はオカシイ。
昼間でも蟹を食いたい→昼間から蟹で一杯飲むわけにはいかない→蟹を使った料理で代用するか→蟹炒飯があった・・・・・みたいな心理状態だったのだ。
要するに思う存分美味い蟹を食べれば、不満は解消されると思っていたら、地元の居酒屋たけしから、救いの手が差しのべられた。
「オレがなんとかしますよ!」だって。
仕入れの都合もあるだろうから、しっかり事前に予約して出かける。

た外0003

た中0006


まずは生ビールに合わせて、好物の銀杏とムカゴを揚げてもらう。

た銀杏0011

たむかご0004


日本酒は超限定と書いてある、まんさくの花純米大吟醸からスタートだ。

たまんさく0001


一白水成、黒龍、開運

た一白0002

た黒0008

た開運0007


久礼流輝の純米吟醸ひやおろし。

たくれ0001


相模灘昇龍蓬莱の、神奈川県勢を二種。
日本酒不毛地帯と思い込んでいた神奈川県だが、最近の躍進振りはすごい。

た相模0005

た蓬莱0006

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:20 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビフォーアフター(喰酔たけし)

シルバーウィークの前のこと。
妻の友人が我が家に遊びに来たので、夕食はご近所居酒屋「喰酔たけし」で食べることにして、予約を入れておいた。
日本酒は飲まない友人に、またもや日本酒普及活動を実施する。

たけ天青0002

たけ天秋0007

たけ流0003

たけ互0001

この日は入店した時から、厨房の緊迫感が伝わって来る。
エースで4番の店主たけしクンが、体調不良で店に出ていなかったのだ。
自慢しようと思っていた刺身の盛り合わせも、悲しい盛り付けで出てきた。

たけ刺身0006

実はたけしクンの体調不良は、かなりの不良だったらしく、翌日から一週間以上入院することになった。
大黒柱不在のまま、店は営業を続け、おかげでスタッフたちは一皮も二皮も剥けたらしいから、雨降って地が固まったとも言える。















シルバーウィークを病院で過ごし、店主たけしクンが帰って来た。
さっそく妻から寄り道勧誘メールが来たので、待ち合わせて「喰酔たけし」に行く。
おー、多少スリムになったが、元気マンマンだ。

たけたけ0003


手書きメニューも復活した。

たけメニュー0006


生ビールのアテに、目光南蛮、きんぴら牛蒡、つみれ大根、里芋煮のおばんざい盛り合わせを頼む。

生0001

たけばんざい0004


もちろんすぐさま日本酒をオーダーだ。
最近取引を始めた江古田の酒屋から仕入れた、京都玉川のアイスブレーカーは、蔵元のオススメ通りにロックで飲む。
ミントの葉を浮かべたのは、たけしクンのアイデアだ。

たけアイス0002


同じ江古田の酒屋に、12年間眠っていた秘蔵酒も飲む。

たけ旭0007

たけ970014

全種精米度合い50%以下の純米大吟醸を作っている、山口県「旭酒造」の酒だ。
先日の日本酒会で、旭酒造の桜井社長と会ったばかりなので、タイムリーな酒があって嬉しい。
獺祭(だっさい)という銘柄でブレイクした蔵だが、昔は「旭富士」という酒を作っていたのだと初めて知った。
12年の時を経て、アルコールも飛んでいないようだが、昔風の日本酒の味がする。


初めて見る酒も二種飲んだ。
女性杜氏が作る長野市の「麻輝」と、神奈川県の「昇龍蓬莱」だ。

たけ麻0012

たけ麻裏0013

たけ昇龍0003

たけ昇裏0008


陸奥八仙の特別純米ひやおろしに、磯自慢の青春。

たけむつ0001

たけむつ裏0005

たけ磯表0004

たけ青春0010

12年前の酒と比較すると、最近の日本酒がどれだけ進化して美味くなったかがわかる。
まさに日本酒黄金時代だ。

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三人寄れば(喰酔たけし)

妻より20歳下の酒好きなダンス仲間が、石神井公園まで遊びに来た。
目的は居酒屋たけしで美味いものを食いながらの、珍しい日本酒制覇だ。
さっそく開店時間に突入する。

たけ看板0019

たけ準備10016

たけ準備20017


当然ながら最初の客として入店し、まずは生ビールで乾杯する。

たけ絵0020

たけカウンター0009


お通し代わりに頼んだ「おばんざい盛り」が出ないうちに、最初の日本酒を飲む。
出羽桜の純米大吟醸「一路」だ。

たけ出羽0001


混み出すと料理の出が遅くなりそうだから、刺身盛り合わせ、だしっ豆腐、牡蠣とツブ貝のガーリック焼きも頼んでおく。
やがて料理が出揃った。

たけばんざい0006

たけいちじく0001

たけ刺身0012

たけだし0004

たけ牡蠣0018

たけテーブル0011

日本酒の選択は、たけしクンにオマカセだ。
いきなり「大丈夫か?」と言いたくなるのが出てくる。

たけるか0001

まさにハンドメイドなラベルの流輝(るか)純米吟醸。
どこの蔵かと瓶の裏を見ると、群馬県藤岡市の松尾酒造と書いてある。
見習い杜氏って・・・

たけるか裏0008


裏ラベルみたいな南部美人

たけ南部0013


開店からほぼ一時間。
気がつくと、すでに店内はぎっしり満席になっている。

たけぎっしり0002

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。