≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆりさん不在につきリリーちゃん




青森県八戸市にある陸奥八仙を造る八戸酒造から、新酒を楽しむ会のご案内をいただいた。
ちょうど桜の時期なので、妻と京都旅行に行こうかと話していたのだが、急きょ東北旅行に切り替えることにする。
八戸だけではもったいないので、東北新幹線で途中下車しながら、いろいろ酒蔵を回る計画を練り始めるが、きっと日本酒をいろいろ購入するはずなので、車で行く方が便利だ。
結局福島、宮城、岩手、青森の4県で、8蔵を訪問することになった。
妻の友人二人も行きたいと言い出し、初日は朝7時に石神井公園を出発する。
豪雨の中を300km走り、最初は会津若松市の鶴乃江酒造さんへ。
会津中将永寶屋を造る蔵だ。


c3380680.jpg


c3380683.jpg




八重の桜で観光客が増えた会津若松市は、素晴らしく趣があるクラシックな町だ。
鶴乃江酒造にも江戸や明治から使っている設備が現役で残り、いかにも美味しい日本酒ができそうな雰囲気がある。
美人杜氏ゆりさんが東京出張で不在なので、ご主人に案内していただいた。


c3380711.jpg


c3380685.jpg




日本酒と酒器を購入し、ご主人に会津塗りの店を紹介していただき、会津若松の町歩きをする。


c3380691.jpg


c3380689.jpg


c3380698.jpg




まずは福西漆器店に入る。


c3380693.jpg


c3380695.jpg




明治時代の蔵が残る素敵な店だ。
酒器を購入する。


c3380697.jpg


c3380696.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 会津若松・喜多方 | 10時12分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫婦の日(WABISABI海音)




地元の日本料理店「海音」は火曜が定休日だ。
ほんの30mほど離れた至近距離にある姉妹店の「WABISABI海音」は、一日ずらして水曜を定休日にしている。
そんな訳で火曜日のWABISABIは、大将と女将の夫婦二人だけでの営業になり、海音の常連もこちらに流れて来るので、知った顔だらけになるのだ。


wbk01.jpg





この夜も早い時間から飲んでいると、続々と顔見知りがやって来る。
情報交換しながら次々に飲み、いつもより酒量が増える。
永寶屋陸奥八仙、花泉、白露垂珠・・・・・


wbk02.jpg


wbk03.jpg


wbk04.jpg


wbk05.jpg





一白水成屋守小左衛門松の寿・・・・・


wbk06.jpg


wbk07.jpg


wbk09.jpg





WABISABIのストックを飲み尽くしたので、海音から鍋島天青佐久乃花を運んでもらう。


wbk08.jpg




≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 02時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

焼鳥屋の豚(あみ連)

※残念ながら閉店しました。
日本酒を飲める店が一つ消えてしまった。





練馬駅で途中下車して、飲み屋街の真っ只中にある焼鳥屋「あみ連」に行く。

ami0001.jpg

ami03.jpg

ami01.jpg

ami02.jpg



店主が会津若松の鶴乃江酒造に行ってきたばかりだと言うので、まずは永寶屋から始める。

ami05.jpg

ami06.jpg

4ami07.jpg



焼鳥は5種おまかせにする。

4ami08.jpg

4ami09.jpg

4ami10.jpg

4ami13.jpg


≫ 続きを読む

| 桜台・練馬 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

会津のゆり(きの字)

今宵は新大塚の「きの字」で、会津若松市「鶴乃江酒造」の蔵元を囲む会だ。
鶴乃江酒造の銘柄は、会津中将ゆり永寶屋などで、今回の会場である「きの字」や、経堂の日本料理店「あきの」で飲んだことがある。
美味い酒だった。
ゆり」は鶴乃江酒造八代目の林ゆりさんが作った酒だ。
今宵囲まれる蔵元は林ゆりさんと聞いているので、案内を頂いて以来、楽しみにしていたのだ。

きの1

きののれん0005


19時の開始直前に到着すると、参加者がほぼ全員揃っている。
どこの日本酒会に行っても、遅刻者がほとんどいないのが、酒好きのスゴイところだ。

きの30013


今夜用意されているのは、11種の日本酒に、11種の料理だ。

きの瓶0001

きのメニュー0007


ジュレを添えたトマトのすり流しが配られ、会津中将の純米大吟醸で乾杯する。

きのとまと0004

きの5


鰹の塩たたきに乗っているのはセロリだ。
意外な組み合わせだが、さっぱりと美味い。

きのかつを0001


枝豆、焼きコロッケ、米サラダ。

きの4

きの7

きの6

≫ 続きを読む

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆりちゃんの酒(あきの)

経堂の日本料理店「あきの」で、沿線に住む友人夫婦と会食する。
小学生の息子も同席だから、個室を予約しておいた。

20090116072321あきかうん

20090116072540あきざしき


この夜も3,800円のコースをお願いしてある。
腹具合に合わせて単品を追加するつもりだ。
まずはビールで乾杯し、先付けの養老羹と、餅のみぞれ掛けをつまむ。

あきの養老羹0003

20090116072509あきおち


刺身が出たところで、福島県会津若松市の鶴乃江酒造「ゆり」純米吟醸からスタートした。
蔵元の娘ゆりさんが作った酒らしい。

20090116072401あきさしみ

20090116072348あきゆり


次も鶴乃江酒造の永寶屋(えいほうや)純米吟醸を選ぶ。

あきの永寶0007


同じく福島から、飲み慣れている天明

あきの天明0004

≫ 続きを読む

| 世田谷区 | 00時00分 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。