≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

揚げもので東北酒(地蔵)



魚介と野菜のつまみに日本酒があれば満足な私だが、妻はまだまだ肉も食べたい年頃だ。
所用で大泉学園に行った日に、地蔵で豚カツが食べたいと妻が言い出した。
私も揚げもの好きなので、その提案は大歓迎だ。
地蔵なら日本酒もあるしね。
南口から北口に向かう途中、可愛い燕を見て和む。


zz002.jpg


zz003.jpg




ほぼ満席の店内に入り、いつもの通りにビールから始める。


zz004.jpg




この店の日本酒は、開店した頃から東北酒オンリーだ。
店主がサラリーマン時代に転勤した福島で、東北酒の魅力にハマったのだと言う。


zz005.jpg


zz006.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 大泉学園 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5000から互閃へ

我が家から5軒ほど並びに住んでいるばるべにークンは、福島の職場が被災したので、東京に逆単身赴任している。
彼とは石神井公園の店で飲むことがほとんどなので、たまには気分を変えて阿佐ヶ谷で待ち合わせした。
妻と三人で、河北病院近くにある「互閃」に向かう。


5101.jpg


5102.jpg



この日も3500円の酒肴献立を予約済みだ。


5103.jpg



白木のカウンターが清々しい店内に入る。


5141000.jpg



まずはモルツから始める。
店の外観から、最初のビールから、男二人で写真を撮る光景は、他の客から見たらヘンだろう。
しかもデジカメがお揃いだし・・・・・


5105.jpg



二人とも日本酒を味わうだけでなく、個性あるラベルを愛でたり、裏ラベルのスペックで萌えたりするので、ブログには酒瓶の写真が多くなる。
何年も私のブログを見ている方から、「最近は酒瓶の写真ばかりでおもしろくない」と、お叱りコメントを頂いたほどだ。
この夜も先付けが出た途端に日本酒に切り替え、二人して酒瓶の写真を交代で撮る。
夏らしいとうもろこしのすり流しが秀逸だ。
七本槍東北泉の雄町を飲む。


5106.jpg


5107.jpg


5108.jpg



注文の都度酒器が代わるので、器まで愛でながら飲む。
するとこの日は器マニアの妻がデジカメを持参していた。
三人で写真を撮る。


5109.jpg


5110.jpg



真っ白な上着にネクタイを締め、品行方正に見える店主の岩田歩さんは、阿佐ヶ谷の前は高円寺で「ジャンクシアター5000」という店をやっていたそうだ。
互閃の由来を聞くと、「客と店が互いに閃きあいたい」と名付けたそうだが、簡単に言えば5000からだな。
高円寺時代のやんちゃなアーティスト姿から、目の前に居る店主が上手く結び付かないが、実は「ぶらり途中下車の旅」にも登場したり、おもしろいオニーサンらしい。





5113.jpg



gosen02.jpg




平目の昆布〆に栗駒山


5114.jpg


5111.jpg


5112.jpg


≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美しき日本(互閃)

カウンターだけの和食店が好きだ。
料理が美味くて、手頃な値段で、純米酒が適度に置いてあって、清潔なのが前提だが、美人女将が居たりするとなお嬉しい。
そんな好みの店が阿佐ヶ谷にはいくつかあるのだが、また一軒裏通りに開店しているのを見つけた。
ここ「互閃」は、男性店主が一人でやっているカウンター割烹だ。

gos01.jpg



まだ開店祝いが残る真新しい店内は、白木のカウンターが清々しい。

gos02.jpg



あらかじめ料理は予約してあるので、飲み物のメニューを見てモルツを頼む。
うすはりのグラスで飲むと、美味さが五割増しになるような気がする。

gos03.jpg



カウンターだけの店は、だいたい店主が一人で調理するから、いつ来ても味がぶれないし、料理の過程が見えるのも楽しい。
食材や調理法を聞けるのも嬉しいのだ。

gos04.jpg



前菜が出されたところで日本酒を頼む。
宮城の墨廼江からだ。

gos05.jpg

gos07.jpg



日本酒は錫のチロリできっちりと一合量られ、酒器に移してから供される。

gos06.jpg

gos08.jpg



次の酒も同じく宮城の栗駒山だ。

gos09.jpg



こんどは陶器の酒器で供される。
和らぎ水のグラスもいい。
店主は以前高円寺で店をやっており、その頃からコツコツと器を集めていたそうだ。

gos10.jpg

gos11.jpg



鱧と平目の昆布〆が出たところで、店主から白露垂珠の純米大吟醸をサービスされる。

gos12.jpg

gos13.jpg

gos14.jpg


蔵元の"こずえ"さんから開店祝いで贈られた酒だと言う。
どの酒器も素敵だし、すっかり嬉しくなってきた。

≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

揚げもので晩酌(とんかつ地蔵)

息子はほとんど帰宅しないし、娘はアメリカに行っているし、妻の社交生活は華やかになっているので、自宅で夕食を食べる回数がますます減っている。
久々に自宅で晩酌する予定の日に、妻から何を食べたいか聞かれ、牡蠣フライをリクエストした。
夕方になって妻からメールが来る。
ご近所のスーパーに、いい牡蠣が売ってないと言うのだ。
頭の中が牡蠣フライモードになっていたので、ご近所のどこかで外食することにした。

居酒屋たけしにも海音にも牡蠣フライがあるかもしれないが、どうせなら揚げもの専門店で食べたい。
隣り町の大泉学園にある「とんかつ地蔵」を思いついた。
ほぼ二年ぶりに行ってみる。
店主の笑顔は健在だった。

地蔵1

地蔵14



店内でメニューを見る。

地蔵2

地蔵10

地蔵9

地蔵11



しっかり牡蠣フライもあった。

地蔵12



日本酒もそこそこ揃っている。

地蔵13



まずビール、梅きゅう、だし巻き玉子、串揚げおまかせ7本セットをオーダーした。

地蔵7

地蔵15

地蔵18

地蔵16

地蔵17


揚げたての串揚げの美味さときたら・・・
安い素材でも、衣をまとってカラッと揚げられると、美味さは10倍増だ。
しかしオマカセで頼むと問題点もある。
うずらと海老ぐらいは衣をまとっていても判るが、後の中身が何なのか、食べてみないと不明な物が多いのだ。
好物を妻に取られると、ムッとくる。


≫ 続きを読む

| 大泉学園 | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

華やぐ酒



地元石神井公園にも美味しい店が増えてきて、数年前に比べると我が家の外食事情は劇的に向上した。
なにしろつい4年ほど前は、和民ができたことが嬉しかったもんなあ。
ところが慣れてくると、美味い酒とつまみに加えて、和服の美人女将でも居れば・・・・・、なんて贅沢なことを考える。
そんな時は地元に戻らず、筑土八幡町の「華もだん」に飲みに行く。


いつも通りの突き出し三種をつまみ、初亀から始める。


華前菜0005


華初亀0001


華初亀あらばしり0001




かわはぎを肝醤油で食べ、さらに日本酒をお替りする。


華きも0001


20090116072654はなさしみ




飛露喜鍋島翠露、山形正宗・・・
翠露は地元の喜久屋酒店の定番酒だが、超辛は初めてかもしれない。


華飛


華鍋島0006


華翠露0005


華山形0003


美味い料理と酒に加え、女性らしさを感じる接客が心地いいから、オジサン客で埋め尽くされる日も多い。
自分もそんなオジサンの一人なのに、困ったものだと思うのだ。

≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。