≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青森から佐賀まで夏本番(喰酔たけし)



連日の猛暑。
今夜は地元居酒屋「喰酔たけし」で、久しぶりの日本酒会だ。
江古田の「酒の秋山」が、北は青森から南は佐賀まで、10種の夏酒を用意している。


t2560554.jpg


t2560575.jpg




この時期にしか飲めない、涼しげなラベルの夏酒たち。
かぶとむしとかペンギンとか、見かけるとつい頼みたくなる。
日本の酒と言えば日本酒なのに、出荷量は酒全体の一割にも満たないのが現状だ。
夏はハイボールやモヒートのキャンペーンに押されまくっているが、若手の蔵元が美味くて楽しい酒を作り、若手の流通や飲食店で上手く提供すれば、きっとファンは増えるはずだ。


t2560599.jpg





たけし店主が音頭をとり、陸奥八仙どぶろっく夏で乾杯し、秋山田たけし夏酒会がスタートした。


t2560577.jpg


t2560576.jpg




乾杯の後は一升瓶が各テーブルに回され、料理をつまみながら自由に飲む。


t2560574.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

練馬区つながりで(旬菜料理 山灯)




日本橋の寿司屋「蛇の市本店」の五代目夫婦は練馬区民。
蛇の市で行われた辨天娘の会は、練馬区の武蔵関にある酒販店「大塚屋」から酒が供給されていた。
その大塚屋の美人ヨメ京子さんから、四谷三丁目にある山灯(やまびこ)という店の名前を聞いた。
山形食材のコース料理が気軽な値段で食べられて、日本酒も素敵な銘柄が置いてあるようだ。
近々行ってみようと思っていた矢先に、妻から「赤坂に居るので、どこかで待ち合わせて食事しよう」とメールが来る。
赤坂と四谷なら近いではないか。
山灯に電話を入れて席を確保し、荒木町の杉大門通りにある店に向かった。


yb01.jpg




山灯コースも予約済みだ。
食べてみないとわからないが、かなり高い店も多い荒木町で、八品で4200円は魅力的な価格に思える。


yb06.jpg




テーブル、座敷、カウンターで20数席の店内を、まだ二十代の店主と、接客担当の男性の二人で回している。


yb02.jpg




≫ 続きを読む

| 四谷・市ヶ谷・麹町 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥様興奮

今宵も地元居酒屋「喰酔たけし」で、2週連続の日本酒会だ。
今は日本酒を仕込む時期ではないので、日本全国の蔵元が営業やイベントで東京に来ている。
この日石神井公園にやって来たのは、長野県上田市の沓掛酒造と、佐賀県多久市の東鶴酒造の若手杜氏たちだ。
沓掛酒造のセカンドブランド「」と、東鶴酒造の「東鶴」は、どちらもかなり生産量が少なく単独開催は難しいので、二蔵のコラボ日本酒会になったとのことだ。
前日は同じ組み合わせで、四谷の「酒徒庵」で会をやったと聞いている。


ago01.jpg



二階の店に上がると、冷蔵庫には東鶴がスタンバイしている。


ago22.jpg



いつものことながら、一升瓶がズラリと並ぶ光景にワクワクするオジサンだ。


ago02.jpg



たけしクンたちの挨拶で会が始まる。


ago003.jpg



沓掛酒造の沓掛杜氏は22歳、東鶴酒造の野中杜氏は31歳と若い。
二人とも今回が初の日本酒会だそうで、初々しく爽やかだ。


ago010.jpg




東鶴もたけしでは何回か飲んだことがあるが、他の飲食店で見かけたことがほとんど無い。
は上田の4軒の酒販店との共同企画でスタートしたので、蔵元と合わせて五社になるところからと名付けられたそうだ。
乾杯酒はの先発だ。


ago11.jpg


ago21.jpg



この後も互が5種類続く。
飲みかつ食う。


ago04.jpg


ago05.jpg


ago06.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新桜台で途中下車(笑雲)

※江古田駅近くに移転したようです。




適度に空いている副都心線を使い始めてから、大混雑の西武池袋線にはめったに乗らなくなった。
池袋で飲んだ時でも、少々電車賃は高くなるが副都心線を使ってしまう。
以前は西武池袋線の椎名町、東長崎、江古田あたりでたびたび途中下車したが、副都心線の小竹向原や新桜台では降りる気がしない。
江古田の「笑雲」という店が結構いいらしいとの情報が入り、たまには池袋から西武池袋線に乗ってみるかと思っていたら、新桜台からもこの店は近いと気付く。
初途中下車して、夜道を「笑雲」目指して歩く。
江古田駅周辺と違い、適度な寂れ感が落ち着く道だった。

笑1


店の雰囲気も客層も女将が居るのも、オジサンにぴったりだ。

笑2

笑3


瓶ビールを飲み、お通しをつまみながら、品書きをじっくり眺める。

笑5

笑6

笑4


日本酒の品揃えもなかなか素敵だ。
地元の居酒屋「喰酔たけし」とも取り引きがある、江古田の酒屋から仕入れているような気がする。
まずは東鶴と、刺身の盛り合わせだ。

笑8

笑酒器

笑7

≫ 続きを読む

| 江古田 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲリラ豪酒(喰酔たけし)

酒豪女性が我が家に遊びに来た。
自宅飲みすると私は楽なのだが、妻は仕込みや片付けで大変だ。
日本酒の在庫も、せいぜい3種類ほどしか無い。
3台目の日本酒用冷蔵庫が入ったので、ますます在庫が豊富になった地元居酒屋たけしに、夕方になってから飲みに出かける。
個室に3人で陣取り、まずはビールで喉を湿らせてから、次々に日本酒を制覇していく。

せんきん

t8.jpg

t9.jpg


仙禽、ちえびじん、鍋島、寶剣、亀の海・・・・・

t10.jpg

t11.jpg

t2.jpg




ああー、うまいだっちゃ


t1.jpg



日本酒の銘柄は指定せず、美味そうなやつをオマカセだ。
東鶴英君秀鳳長陽福娘・・・・・

t3.jpg

t4.jpg

t5.jpg

t6.jpg

t17.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豪雨でベロベロ(喰酔たけし)

飲み会続きで疲労してきたし、雨模様の渋い天気なので、この夜は寄り道せずに帰宅するつもりだった。
出かけている妻から、「洗濯物を取り込んでおいて」とメールが来たので、快く引き受ける。
石神井公園駅に着く直前から、猛烈な雨になってきた。
地下の改札口は雨漏りで池になっているし、地上出口は雨宿りの人で溢れている。
しばらく待っても小降りにならないので、豪雨の中を歩き出す。
1分ほどでビショ濡れになり、たまらず居酒屋たけしに避難した。
ガテンなオニーサンたちがテーブル席に一組居るだけで、カウンターの客はゼロだ。

たけ40005


一ヶ月間だけ復帰した、開店時スタッフ新婚なつみちゃんの前に座る。

たけ30004


雨宿りだから軽く抑えるつもりが、品書きを見るとアレコレ食べたくなる。
毛蟹を半身にしてもらい、刺身は一切れずつ全種盛りで。

たけ50006

たけ10001


早くも現れた松茸は天ぷらにしてもらう。

たけ60007

たけ70008


なつみちゃんが仕込んだラタトゥイユも忘れない。

たけ100002


日本酒は秀鳳から始めた。

たけ20005

たけ10

たけ3

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新鮮力登場(喰酔たけし)

飲み友夫婦と、ご近所居酒屋の「喰酔たけし」に行く。
「買っちゃいましたー!」と、店主たけしクンから聞いていたネタケースが、ドドーンとカウンターに鎮座している。

たけ17


この店が開店した頃は、カウンターの上が焼酎ボトルで埋め尽くされていたことを思えば、私好みに変化し続けているので嬉しい。
日本酒の冷蔵庫も、また一台増えていた。

たけ16


奥の個室に案内される。
乾杯用の生ビール、お通し代わりの「おばんざい盛り」、混雑時には時間がかかる刺身盛り合わせを同時に頼む。

たけばん0003

たけさし0001

たけ5


駅から少々離れた二階の小さな個人居酒屋で、これだけ新鮮な魚介が食べられるのだから、たいしたものだ。
日本酒はシュワシュワの泡から始める。
鍋島の活性にごりに、上喜元の酒和地(シュワッチ)だ。

たけなべ10001

たけなべ20002

たけしゅわ0002

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。