≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せな昼下がり(野饗)



郵便局や石神井庁舎でいろいろ用事を済ませたら、あっと言う間に昼時だ。
庁舎裏にある蕎麦屋「野饗」に行く。
杉玉が下がり、蕎麦に銘酒と書いてある店だから、少しだけ昼酒を楽しむつもりだ。


noa01.jpg


noa02.jpg





店内はほど良く空いているから、落ち着いて楽しめそうだ。


noa05.jpg


noa04.jpg


noa03.jpg




≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(蕎麦・うどん) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

懐かしい顔(菊谷)

おそらく地元石神井公園で、雑誌やネットの登場回数が一番多いのは、石神井庁舎裏の蕎麦屋「菊谷」だった。
店舗の賃貸契約が切れる3月末に一旦閉店し、巣鴨の実家を建て替えて6月上旬に再オープンした。
石神井公園の店舗は、「蕎麦と銘酒 野饗」にしっかり引き継がれているから、立つ鳥跡を濁さずだ。
この日は所用で大塚に居たので、数多くの居酒屋を振り切って巣鴨の「菊谷」に行ってみる。


suki01.jpg


suki02.jpg




地蔵通り商店街をかなり歩き、しっかり汗ばんできた頃に、まだ開店祝いの花が残る店に到着する。


suki03.jpg



石神井公園の店舗はカウンター中心で、鰻の寝床状態だったが、こちらの新店舗はテーブル席がメインだ。
私はたった3席しかない、厨房前のカウンターに座る。


suki04.jpg


suki05.jpg



何年か前に石神井の店を手伝っていた杉山クンや、店主の母親などが厨房に居る。
杉山クンは菊谷を一旦辞めて野菜料理の店で修業し、また復帰したらしい。
卓上の定番メニューは以前の店舗と同じだ。
酒一杯、酒肴盛り合わせ、蕎麦がセットになった菊酔い膳をオーダーする。
酒の品書きを見て、菊酔い膳の一杯は上喜元にした。
巣鴨に移転してから、大塚の「地酒やこだま」からも仕入れていると聞くが、この日は会津中将が品切れしている。


suki07.jpg


suki12.jpg




酒肴の盛り合わせが出てくる。


suki08.jpg



この一皿で、華鳩春霞と飲み進んでしまう。


suki13.jpg


suki14.jpg


≫ 続きを読む

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらば菊谷

地元の蕎麦屋「菊谷」から、お別れ会のご案内を頂いたので、妻と一緒に参加表明する。
3月末で石神井公園の店を閉め、実家がある巣鴨に移転してしまうのだ。
すでに後継者が決まっており、4月から野饗(のあえ)と名前を変えてスタートすると聞いてるので、石神井公園住民としては少し安心する。
お別れ会当日は、福島で被災して石神井公園の実家に避難しているばるべにーさんも誘い、現地酒~豪した。

3k01.jpg

3k02.jpg



この看板がどう変わるのか、寂しくもあり楽しみでもある。

3k03.jpg



カウンターに3人並んで席を取り、ビールから始める。

3k04.jpg

3k05.jpg



鯖の燻製、蕎麦味噌、きんぴら、山葵漬け、卵焼き、小海老天など、食べ慣れた菊谷の酒肴が次々に出されるので、さっそく飲み慣れた定番の日本酒に切り替える。

3k07.jpg

3k08.jpg

3k09.jpg

3k10.jpg

3k20.jpg

3k11.jpg

3k12.jpg

3k13.jpg

あー、幸せだ。

≫ 続きを読む

| 石神井公園(蕎麦・うどん) | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜明け前(菊谷)

西武池袋線の高架化工事と区画整理が進み、なんとなく素敵になりそうな予感がする石神井公園駅周辺だが、実態はかなり悲惨だ。
ここ一年ぐらいの間に、昭和の香りを残していたラーメン三条、喫茶シュベール、洋食アジュール、小料理辰味、喫茶フレンドなどが消え、Chez Vousが隣町に移転し、チェーン店のジョナサン、ケンタッキー、ミスタードーナッツ、マクドナルドまで無くなってしまった。
目立った新規開店は、WABISABI海音と肉汁やゼロぐらいだろうか。
これでは差し引きで大きくマイナスだ。
そんな時期に、またもや悲しい知らせが届く。
裏通りの蕎麦屋「菊谷」が、巣鴨に移転すると言うのだ。
真相を聞きに行ってみる。

菊1

菊2


店主の実家は巣鴨で洋品店を営んでおり、店が老朽化したので今月取り壊すと言う。
建て替えを機に、洋品店をやめて蕎麦屋にするようなのだ。
店主にとっては飛躍のチャンスだが、石神井公園住民には寂しい話だ。
来年3月までは石神井公園で蕎麦屋を続けるし、その間に居抜きで後を引き継ぐ人を探すと聞き、少し安心して酒を飲む。

菊3


一番右の春霞から始めた。

菊4


つまみは少しずつ盛り合わせてもらう。
鯖の燻製、鶏の肝煮、昆布、蕎麦味噌、山葵漬けなど。

菊5

菊6


クラシックなラベルの西の関豊の秋ひやおろし・・・・・

菊9

菊10

≫ 続きを読む

| 石神井公園(蕎麦・うどん) | 00時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。