≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2424(にしおぎおぶち)





何も予定が入っていないはずの日曜日。
昼ごろ起きて来た妻が、「武蔵境で友だちと会うから、車で送ってね」と言う。
いくらヒマ人な私でも、送るだけで武蔵境に行くのはもったいない。
用事が済んだら沿線のどこかで飲むことにし、バスと電車を乗り継いで行くことにした。
妻が友人と話をしている間に、私は「にしおぎおぶち」に予約の電話を入れる。

すると話が済んだ妻が、「友だちのご主人も後から来るので、一緒に飲みに行くことにした」と言う。
すぐに電話を入れて4名に変更する。

しばらくしてご主人到着。
車で迎えに来たから、飲みに行けないと言うので、またもや「にしおぎおぶち」に電話を入れて2名に変更。

「いいじゃない、ご主人が飲まなければ」とか、「車を置いて後から来れば」とか言う妻。
妻の友人もその気になって、「あなた、車を置いてから西荻に来て」と命令している。
どこの家でも夫婦の力関係はこんなもんだ。
結局この日4回目の電話をして、4名で最終確定予約した。


n13747.jpg




テーブル席は他の予約が入っているので、カウンターに横並びで座る。
ビールを飲みながら、友人のダンナが来るのを待つ。


n13751.jpg


n13752.jpg




しばらくしてダンナ到着。
料理はコースでお願いし、あらためて鶴齢の雪男と、美人杜氏の月の輪で乾杯した。


n13741.jpg


n13743.jpg




その後友人夫婦は焼酎に切り替え、我々は日本酒で通す。


n13742.jpg


n13745.jpg


n13746.jpg


n13744.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月の輪弘明ナイト





二年前の暮に、池袋の「螢月」で行われた岩手県「あづまみね」の会に参加した。
それから3か月後に震災が起きる。
吾妻嶺酒造の佐藤社長とは、その後二回ほど別の店でお会いし、元気な姿を確認してホッとする。
その佐藤社長から、東京で第一回目の岩手県酒造組合のイベントを開催するとご案内いただき、妻と友人を誘って、喜んで池袋のメトロポリタンに行く。
会の名前は「いわて酒物語2012」だ。


i66178.jpg




女性杜氏や蔵元の奥さんが立つ受付で、チケットと引き換えに席札や抽選券をもらう。


i66165.jpg




酒造りのプロ南部杜氏のお膝元岩手県の日本酒は、県内で流通している比率が高いらしく、私が今まで飲んだのは、あづまみね、菊の司、月の輪、浜千鳥、菱屋、タクシードライバーなど数えるほどしかない。
津波で全壊した陸前高田の酔仙酒造、宮古の菱屋酒造店、大鎚の赤武酒造も、酒造りを再開していると聞いているので楽しみだ。


i66179.jpg


i66186.jpg


i66189.jpg


i66180.jpg





やがて会場が暗くなり、震災から復興を目指す岩手県のナレーションが流れる。


i66167.jpg




そして蔵元たちが壇上に上がり、岩手県酒造組合の会長が挨拶する。


i66181.jpg


i66183.jpg


i66177.jpg




強面のオジサンやオニーサンに混じって、爽やかな青年や美人も居る。


i60003.jpg


≫ 続きを読む

| 池袋(西口) | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログやってて良かった(Laむめい狼)



妻から「桜台でワインを飲もう」とメールが来た。
なぜ桜台?なぜワイン?と聞くと、友人の紹介で行った美容室のオーナーと意気投合して、急きょ飲むことになったそうなのだ。
美容室のオーナーって、どんな人?とまた聞くと、30歳ぐらいの美人と言うではないか。
しかもカリスマ美容師だって。
はい!行きます!

しばらくするとまたメールが来て、行こうと思ったイタリアンが二軒とも定休日なので、練馬に変更すると言う。
ワインも日本酒も飲める「Laむめい狼」に決めて、現地集合した。


m2353451.jpg


m2353453.jpg





ここは和食と洋食のシェフが共同経営する店だから、食べ物も飲み物も和洋が揃っているのだ。


m2353455.jpg


m2353417.jpg


m2353440.jpg





ビールで乾杯して自己紹介すると、美人オーナーは以前から私のブログ「東京ウエスト」を見ていて、妻の友人の知り合いだと知って驚いたんだそうだ。
お世辞とわかっていても、かっこいいですねとか言われて調子づくオジサン。
さっそく日本酒とワインを飲む。


m2353444.jpg


m2353422.jpg


m2353419.jpg


m2353457.jpg




≫ 続きを読む

| 桜台・練馬 | 08時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤坂の夜は更けて(多に川)

「馳草 宮わ」を出てから、もう一軒の店に電話を入れる。
美人女将が一人でやっている「多に川」だ。
食べ物がほとんど終わっていると言われるが、二軒目だから全然問題ない。


ask18.jpg


ask19.jpg



割烹着の美人女将は鹿児島出身なので、店に置いてある酒は焼酎が中心になる。
日本酒は三種類しか置いてないが、これも全然問題なしだ。


ask20.jpg



ここでは俄然ばるべにークンが饒舌になる。
箸袋の局番3ケタに着目してキッカケをつかみ、女将に話しかけ始めた。
女将の叔母さんが古くからやっていた店を、そのまま引き継いだのだそうだ。


ask21.jpg



月の輪獺祭を飲み、つまみはおまかせで出してもらう。


ask26.jpg


ask22.jpg


ask24.jpg


ask23.jpg



さらに薩摩揚げに着目し、鹿児島の話題に持ち込むばるべにークン。


ask25.jpg


なんとばるべにークンの父親は鹿児島出身なんだそうだ。
福島県人に花を持たせた赤坂の夜なのだ。


≫ 続きを読む

| 赤坂・乃木坂 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。