≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酒瓶かかえて(三六九)

自宅用とギフトの酒を買いに、大塚の地酒屋に行く。
酒屋を出た途端、突然の雨に見舞われて、雨宿りするために「三六九」に立ち寄る。
品揃えが一番多い「宗玄」から始めた。

みろ6


この店はお通しだけで一合や二合は飲めてしまう。
予想通りに一合追加だ。

みろ1

みろ2

みろ3

「よ」の字が見つからない。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 大塚・巣鴨・護国寺 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うどんで呑(蔵之介)





禁煙したことによって、行く店の範囲が拡大した。
今宵は讃岐うどんの「蔵之介」に、四国の日本酒を飲みに行く。


くら1


くら2




禁煙店だと思い込んでいたのに、入店した途端に喫煙女性が居たのでビックリする。
どうやら夜は分煙店のようだ。
私は禁煙席に座る。


くら3


くら4




ビールを飲みながら、つまみのメニューを眺める。


くら9


くらめにゅ




季節のメニューから、地鶏焼き、はさみ蓮根の薩摩揚げ、寄せ豆腐、水茄子を選ぶ。


くら14


くら10


くら11


くら12


くら16

≫ 続きを読む

| 高田馬場 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黄金の組み合わせ(恒)



神楽坂周辺には江戸時代から続く町名が多く残っている。
宅配業者やタクシードライバーは少々困るだろうが、路地裏あたりで突然町名が変わったり、番地が飛んだりするのは散歩の楽しみだ。
かつて神田川の荷揚げ場があったから揚場町とか、武家屋敷に竹矢来があったから矢来町とか、一組10騎単位の先手与力が二組住んでいたから二十騎町とか、町名の由来から往時がしのばれる。
私が時々訪れる酒亭「華もだん」があるのは筑土八幡町で、もちろん坂の上に建つ筑土八幡神社から名付けられている。
今宵訪れる予定の店は、筑土八幡町に隣接する白銀町にある。
昔は白銀が採れたからではなく、困窮した村から移住した人々が、裕福になることを願って白銀と名付たのだそうだ。

恒外0004



店の名は、店主の名前から一文字取って「恒」だ。
まだ先客が居ない時間に入店し、ビールで喉を潤す。
店主が一人で料理も接客もこなす店だから、混んできたら料理の出が遅くなるかもしれないと思い、お互いのために2,500円のオマカセにした。

恒店主0010

恒メニュー0005

恒エビス0001



さっそくいかにも夏な、枝豆ととうもろこしでビールを飲み干す。
もう一つのお通しは、身欠きにしんと茄子の煮物。
こちらは日本酒にピッタリはまる。

恒通し0013



昔懐かしいベニーグッドマンとかが映るスクリーンの裏に、美味そうな日本酒が収納されている。

恒スクリーン0003



どの銘柄を選んでも、3種で1,300円という利き酒セットにし、徳島の旭若松、水戸の百歳、栃木の「たまか」をお願いする。

恒三種0007

恒旭0005

恒百蔵0006

恒たまか0001



≫ 続きを読む

| 神楽坂・飯田橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

燻、炙、酒(作)

石神井公園駅と同じぐらい地味な、西武新宿線の上石神井駅に、遠方からも燗酒好きが集まる酒亭「作」がある。
焼酎とウィスキーと紹興酒はロック、ビールやホッピーは霜がつくほどキンキン、日本酒は冷酒が好きな暑がりの私は、寒い冬以外に燗酒はほとんど飲まないが、美味けりゃ温冷どちらも可だ。
上石神井の「作」は、何人かからオススメと言われていたが、西武池袋線と新宿線のアクセスはイマイチ良くないので、行く機会を作れないでいた。

この日は妻が上石神井に住む友人と会うと聞き、課題だった「作」で一緒に飲むことにした。
上石神井駅に着いてから「作」に電話を入れると、空席ありだと言われ、武蔵関方向に歩いて行く。

作外0002

作ドア0001

燻、炙、酒。

いいねー、大好きな字だよ。


ワクワクしながら店内に入る。
まだ早い時間だからか、先客は居ない。

作カウンター0001

燗酒ブラボーだって。
またまた、いいねー。

三人なので、一卓だけのテーブル席に座った。

作ドア0003


最初はビールで乾杯し、二種のお通しをつまむ。

作ビア0004

作通し0009


もちろん酒のメニューはあるが、先客が居ないので、日本酒の現物を見せてもらう。
イギリス人杜氏の作る玉川、神亀、奥播磨、竹鶴など、生酛(きもと)や山廃などが多く揃っている。
やはり燗酒に合うラインナップだ。

作冷蔵庫0001

作瓶10006

作瓶20007

≫ 続きを読む

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

刻は酒なり

いまだに蕎麦を食べたことがない蕎麦居酒屋「坐唯杏別館」に行く。
今宵は蕎麦までたどり着けるのか?

坐壁0004

坐ラベル0002


おそらくこの店イチオシの宗玄「純粋無垢」から。
坐無垢0002


風の森こぼれ酒、十字旭日、秋鹿旭若松・・・・・
坐風0005

坐十字0001

坐秋鹿0003

坐若松0004

どの酒を飲んでも美味い。

≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。