≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスも日本酒で(Chirari)



クリスマスの夕方。
だいぶ疲れも溜まっているので、今夜ぐらいは寄り道しないで帰宅しよう。
と思っていたら、妻から「伊勢丹に居るので、新宿のワインバーで飲もう」とメールが来る。
家で食事の支度をするつもりだったが、伊勢丹が超激混みだったので、遅くなってしまったのだと言う。
伊勢丹で待ち合わせてワインバーに行くと、幸か不幸か当然ながら満席で入れない。
秋田出身の元OLがオーナーの「Chirari」に行先を変えた。


c19600.jpg


c19606.jpg




時刻は18時半。
先客の男性二人は、すでにかなり酩酊している。


c19602.jpg



c19616.jpg




酒のメニューを見ている間に、立て続けに男性客が来店し、たちまちカウンターが埋まる。
女性オーナーの店によくある光景だ。
妻はビール、私は新政で乾杯した。


c19615.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 新宿・代々木 | 14時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨の夜はご近所で(竹政)




いつの間にか隣りに「ささ屋」という和菓子とおにぎりの店ができていた、ご近所うまいもの屋「竹政」に行く。


t2305815.jpg


t2305822.jpg





少々居心地が良くない板敷きの小上がり席しか空いていないので、行儀が悪いが脚を投げ出して横座りする。
最初はお通しの水茄子でビール。


t2305823.jpg


t2305829.jpg




日替わりのメニューから那智勝浦の本鮪を選んで、川鶴を飲む。
女将に刺身の妻は何かと尋ねたら、杏の花だと言う。
ほんのりと杏が香り、見た目も可愛くて嬉しい。


t2305830.jpg


t2305837.jpg


≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

池袋で日本酒愛(裏や)

かつては池袋の東口に、わかんざ、もみじや、呑菜という、私の寄り道トライアングルがあった。
どの店も日本酒の品揃えが良く、料理もそこそこ美味かったのだが、次々に閉店してしまい、最後の「もみじや」も3月に消えてしまった。
もみじやの跡地に、居抜きで日本酒の店がオープンしたので、ヤマダ電機で買い物した後に行ってみる。
池袋西口の酒菜家や、神楽坂の醸蔵の系列店で、名前は「地酒遊楽 裏や」だ。

ura01.jpg

ura02.jpg



地下の店舗への階段を降りる。

ura03.jpg



この日が開店初日で、まだ薄暮の時間なのに、すでに店内では多くの客が日本酒を飲んでいる。

ura05.jpg

ura04.jpg



冷蔵庫には開栓されていない一升瓶がたっぷり入っているので、早くもワクワクしてくる。

ura06.jpg

ura07.jpg



ビールを飲み、お通しをつまみながらメニューを見る。

ura11.jpg

ura08.jpg

ura20.jpg

ura09.jpg

ura10.jpg


≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐るべき焼きとん店(ひなた)

後期高齢者の父親が、東武東上線の東武練馬駅が最寄りの病院に転院した。
我が家から車で環八を走ればかなり近いが、この日の見舞いは電車を乗り継いで行くことにする。
実は隣り駅の上板橋にある、やきとん「ひなた」に妻と行ってみたいと企んでいるのだ。
「ひなた」は野方の秋元屋出身の店主がやっている店で、焼きとんはもちろんのこと、ワインに合う洋風メニューも充実しているし、日本酒の品揃えもいいから、本家よりこちらの方が好みだ。
しかし休日は午後4時開店で、予約が出来ない店だから、なかなか行く勇気が出ないまま日が経っていた。
この日は福島県で被災して、石神井公園の実家に逆単身赴任しているばるべにー青年も誘っている。
16時ジャストひなた着の予定で、東武練馬駅で上り電車を待っていると、ばるべにークンから「到着しました」とメールが来た。
開店の10分前に着いたのに、すでに数名の先客が並んでいるそうだが、先発隊が居るからホッと安心し、上板橋駅から悠々と店に向かう。

hina01.jpg



店内に入ると、すでにぎっしり満席ではないか!
ばるべにークンが確保した小さなテーブル席に着く。
先客の数名は場所取りの先発部隊だったらしく、後から仲間が来たので満席になったという訳だ。
開店5分後に来た客は断られているから、ひなた恐るべしなのだ。

hina02.jpg



さっそくビールを頼んで乾杯する。

hina09.jpg

hina06.jpg



卓上と黒板のメニューを眺めて、何を食べるか検討する。
地元の大人気寿司屋「さつき」と同じく、メモ用紙セルフ発注品書き込みシステムだ。
20人以上の客が同時刻に一斉注文しているから、オーダー品が出揃うまで時間がかかるだろう。

hina03.jpg

hina04.jpg

hina05.jpg



たちまちビールを飲み干して日本酒をオーダーしたが、予想通りに時間がかかる。
なにしろ通路にまで立ち飲み客が居るから、店のオネーサンが通るのもやっとなのだ。

hina07.jpg

hina08.jpg



カウンターの客が協力して中継してくれるから、この頃からオーダー品が続々と登場する。
レバ刺し、牡蠣フライ、鶏レバーのパテ、焼き野菜サラダなど、テーブルが狭くて乗り切らないから、急ピッチで食べて行く。

hina15.jpg

hina16.jpg

hina17.jpg

hina18.jpg

hina19.jpg

hina23.jpg

hina25.jpg



洋風メニューがあるので、妻はワインに切り替える。

hina28.jpg

hina29.jpg

≫ 続きを読む

| 上板橋・東武練馬 | 00時00分 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。