≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胃もたれの夜(竹政)




今シーズン最後の香箱蟹10パイ限定と聞き、竹政に電話して2ハイ確保。
友人宅に行っている妻と、現地集合することにした。
先に到着してメニューを見ると、香箱蟹以外にも美味そうなものが満載だ。


tm98886.jpg


tm98887.jpg




冷蔵庫にも素敵な日本酒がぎっしり入っている。


tm98883.jpg





ビールを飲みながら、鮪と分葱のぬたをつまんで待つ。


tm98884.jpg




やがて妻が到着したので、菜の花と貝柱の芥子和え、牡蠣の天ぷら、ソーセージの吟醸粕漬け、クリスピーガーリックポテトフライを頼む。
日本酒は華一風と冬の月から。


tm98162.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意外にいいかも(銀の月)





副都心線が開通する前は、池袋に寄り道することが多かった。
その頃は希紡庵、裏や、あまてらす稲水器など無かったので、日本酒を飲みにチェーン居酒屋に行っていた。
一番多く利用したのは、今は無き「呑菜」だと思う。
その跡地に「八吉」という店ができたが、好みの日本酒が無さそうな気がして、一度も行ったことが無い。
そのうちに「八吉」が「銀の月」という名前に替わった。
ここを利用したことがある妻が、結構料理が美味しかったと言うので、久々に池袋で途中下車した。
群がる居酒屋の客引きを振り切って、元「呑菜」に向かう。
一升瓶の写真を撮らなかったが、たぶん黒龍とビールから。


g82084.jpg




食べないと損しますと書かれていた、子持ち昆布の串揚げ。
なかなか美味いが、損はしないと思う。


g82168.jpg




刺身の盛り合わせ。


g60983.jpg


≫ 続きを読む

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さつきの対極(鮨たなか)

西荻の駅から数百メーター歩いた五日市街道の手前に、なかなか予約が取りにくい寿司屋「たなか」がある。
この日は17時からの客の後に予約をし、近くの「珈琲職人」で待機した。
結局店から「お待たせしました」と電話が入ったのは20時だ。
さっそく空腹を抱えて店に行く。

たな外0007


暖簾を潜ると、ちょうど先客が会計を済ませ、トイレの順番待ちをしている。
なんと総勢10名の団体客で、かなり酔っ払っている。
道理で3時間かかった訳だ。
一気に静寂が訪れた店内で、まずビールを頼んだ。

たなエビス0005


後から日本酒を飲むことを告げ、つまみと握りをおまかせにする。
まずは平目の刺身だ。
静岡の開運純米をもらう。
錫の酒器は、おそらく7勺ぐらいだろうか。

たなヒラメ0006

たな酒0009


たちまち飲み干して、もう一種の手取川純米にする。
つまみは蛍烏賊だ。

たなほたる0002


また開運に戻り、軽く炙ったみる貝、稚鮎、鰹と、つまみが出るたびにお替りする。

たなみる0004

たな鮎0010

たなかつお0001

店主を含め、目に見える範囲に店の人は4名だ。
予約時に名前を告げているので、全員が本名で声かけしてくる。
接客業として当たり前と言えばそれまでだが、なかなか全員に徹底している店は少ない。

≫ 続きを読む

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。