≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

七面坂の隠れ家で(七面六臂)




私が飲みに行きたい店は、食べ物が美味しくて、好みの日本酒が何種か置いてあり、値段がリーズナブルで、カウンター中心の手ごろな大きさで、店主の顔が見えて、古くてもいいから清潔なことなどが条件だ。
こんな店がなかなか探せない。
美味しい店情報は氾濫していても、日本酒の品揃え情報はかなり少ないのだ。
逆に日本酒の品揃えがいい店を探し当てれば、まず食べ物にハズレはない。
この日は麻布十番に仕事で出かけたので、かねてから携帯に登録していた七面坂の「七面六臂」に行く。


a2339912.jpg


a2349136.jpg




初めて入る店だが、外観と看板でほぼ当たりだろうと予想がつく。
店内もいい感じだ。
まだ若そうに見える男性店主一人で営業している。


a2349140.jpg


a2349142.jpg




店内はかなり暗いので、苦労しながら品書きを読む。


a2349181.jpg




お通しは胡麻ダレのもずくに、枝豆の春巻きだった。


a2349151.jpg


a2349147.jpg


a2349146.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 六本木・西麻布・麻布十番 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今夜も酒浸り(日本酒バル酒趣)





日本橋の「蛇の市本店」で行われた辨天娘の会で、向かい側に座った青年に見覚えがあった。
神楽坂の某店に居たと言う。
後日神田紺屋町にオープンする日本酒バルを、蛇の市の五代目がプロデュースしており、その新店の店長を任されるらしい。
あれから一ヶ月以上が経ち、オープニングパーティーの案内をいただいた。
当日は訪問前に開店祝いを買おうと、三越前で下車して島根館に行く。


j2333976.jpg




ここで十字旭日の試飲即売会をやっているのだ。


j2333994.jpg




試飲コーナーの前にはマニアックそうな人たちが群がって、あれこれウンチクを傾けながら飲みまくっている。


j2333978.jpg




やっと人を掻き分けて前に進み、島根から来ている寺田夫妻の説明を聞きながら、普段は飲めない何種かを試飲させてもらい、酒趣に持参する酒を選ぶ。


j2333983.jpg


j2333996.jpg





三越前から歩いて酒趣に向かう。
神田紺屋町界隈は、その町名から推測されるように江戸時代には染物屋(紺屋)が多く、今でも問屋や小さな会社が建ち並んでいる。
昼間人口は多いだろうが、夜間人口はほぼゼロではないかと思われる町だ。
土曜日のこの日は人通りがまったく無く、ポツンと酒趣だけ営業していた。


s2333982.jpg



≫ 続きを読む

| 神田 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ステキすぎる焼鳥店ふたたび(Hajime)

都立家政とは思えない雰囲気の焼鳥店「Hajime」に行く。
昨年オープンした直後に行って以来だから、一年以上のご無沙汰だ。
鷺宮の酒屋「伊勢勇」がオーナーにしては日本酒の品揃えが少なく、再訪問していなかったのだが、飲み友情報によると最近は種類が増えているらしいのだ。


haj01.jpg



相変わらず店内はいい雰囲気だ。


haj02.jpg


haj03.jpg



冷蔵庫が良く見えるカウンター席に案内される。


haj04.jpg



さっそく日本酒のメニューを見る。


haj07.jpg


haj06.jpg


haj08.jpg




たしかに種類は増えているが、私好みのガツン純米より大吟醸系が多いのは、店のポリシーだから仕方ない。
とりあえずビールから始める。


haj09.jpg


いろいろつまみを頼んだ中で、最初に温野菜が出てきた。
卓上にコンロがセットされる。
10分ほど待ってカボチャに串が通ったら食べごろと言われるが、このコンロがかなり邪魔だ。


haj10.jpg



蒸し上がりを待つ間に、他の料理がどんどん出てくる。


haj12.jpg


haj14.jpg


haj15.jpg


haj16.jpg


haj13.jpg



野菜も蒸し上がった。


haj11.jpg


≫ 続きを読む

| 野方・都立家政・鷺ノ宮 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京滋の酒を堪能する





京都の旅は初日から目一杯スケジュールが詰まっている。
とうがらしおじゃこを買い込んでタクシーに乗り、京都駅に引き返す。
近鉄に乗って奈良で知人と会い、すぐさま大津の友人たちと待ち合わせている京都駅に戻った。


高島屋ツリー0001




当夜の食事は、京都の地酒が飲める居酒屋をリクエストしてある。
駅前でタクシーに乗り、麩屋町通りの居酒屋「あんじ」に向かった。


あんじタワー0003




いいねー、この雰囲気も。


あんじ外0003


あんじ旗0006




かなりの人気店らしく、一階も二階も満席で、待ち客も居る。


あんじ店内0004


あんじ店内20005




人気の秘密は値段の安さとボリュームで、私としては日本酒の品揃えも魅力的だ。


あんじメニュー0001


あんじ酒メニュー0004




メニューも見ずにミセス大津が頼んだのは、お造りの盛り合わせと、魚介の炭火焼き。
3千円ほどなのに、ドドーンと舟盛りで出てくるのが嬉しい。


あんじ舟盛り0008


あんじ焼き物0006


あんじ七輪0002




もともと東京生まれのミセス大津だが、関西在住歴20年を越えると、ファッションセンスはザ・カンサイだ。
いいねー。
妻がすごく地味に見えてくる。


あんじ大津20002


あんじ大津10001



≫ 続きを読む

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。