≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一期一笑

江戸川橋周辺の神田川沿いを花見散歩した時に、良さそうな和食店があるのに気付いた。

ichie01.jpg



窓際に高そうだが美味い日本酒の箱が、ずらりとディスプレイされているのだ。

ichie02.jpg



「一笑」と書いてある店を調べてみると、今年の2月に天神町から移転してきたようだ。
店主は大阪の「なだ万」で働いていたらしい。
窓際には高い酒しか置いていなかったが、手頃な値段のも当然あるので、さっそく夜の探検に出撃する。

ie001.jpg

ie002.jpg

ie003.jpg



まずは酒のメニューを見る。
下は十四代の本丸300円から、上は磯自慢のアダージョ5,000円!!まで、半合単位で幅広い品揃えだ。

ie004.jpg



今宵は東北地方の酒を飲むつもりだったので、十四代本丸と田酒から始める。
赤字で書かれた、手頃な値段の酒を中心に飲むつもりだ。

ie005.jpg

ie006.jpg



三種のお通しが、そこらの居酒屋とは別次元だ。

ie007.jpg



さらに東北から楯野川上喜元を追加する。

ie012.jpg

ie011.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 茗荷谷・後楽園・江戸川橋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

必殺の割烹着(鉄板焼すみだ)

愛らしい割烹着の女性が、一人で切り盛りする鉄板焼き店があると聞いては、行かずにはいられない。
西武新宿線の沼袋駅で降りて、「鉄板焼すみだ」に向かう。
バス通りから少し横道に入ると、雰囲気がいい店舗が現れた。

sumi1.jpg



入り口は店舗脇の路地にあるようだ。

sumi2.jpg



小さな玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えてカウンター席に座る。
昭和の中期にタイムスリップしたような、懐かしい空気が流れる店内だ。

sumi3.jpg

sumi4.jpg



寒い夜なのでビールはパスし、酒のメニューから安芸虎を選ぶ。
可愛らしい一合瓶で出てきた。

sumi6.jpg

sumi8.jpg



食べ物は卓上メニューの他に、黒板にも書いてある。

sumi5.jpg

sumi7.jpg



最初は前菜替わりに茹で野菜のバーニャカウダだ。

sumi9.jpg



一本目の安芸虎と同じく、二本目も高知の酒から「濱乃鶴」にする。

sumi13.jpg

≫ 続きを読む

| 新井薬師・沼袋 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙前夜(新鮮市場)

長年連れ添った煙草との別れを翌日に控えた日は、上智大学近くで用事があった。
用事を済ませたら四谷で飲むつもりだ。
別れの酒を酌み交わす店は、慎重に選ばなければならない。
いくつか候補店はあるが、念には念を入れて、日本酒クイーンに四谷のオススメ店を聞く。
二人なら萬屋おかげさん、大人数なら酒徒庵がオススメとのことだ。

うーん、残念!
この二軒は日本酒好きなら訪れてみたい人気店なのだが、どちらも店内禁煙なので、ずっと避けていたのだ。
四谷三丁目あたりまで候補選びを広げ、喫煙可能で良さそうな店を携帯に入れておく。
当日に用事を終えて四谷を歩いていると、オネーサンから魚介類半額と書かれたチラシを手渡された。
「新鮮市場」という店だ。
半額はアヤシ過ぎるが、行ったことがある池袋の「海鮮山」が系列店と書いてあるので、少し安心する。
記憶では日本酒の品揃えが結構良かったはずだ。
四谷三丁目の「日がさ雨がさ」まで歩くつもりだったが、近場のチラシ店に決めた。


新提灯0004

新店内0002

新壁0006

新酒0007

新ビア0004


海ぶどう、さつま揚げ、刺身盛り合わせを頼んで、いつか見たことがあるような気がしてくる。
デジャヴではなく、過去に系列店で同じ発注をしていたのだ。

新ぶどう0003

新さつま0002

新刺身0005

≫ 続きを読む

| 四谷・市ヶ谷・麹町 | 06時00分 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山形な夜(海音)

たびたび立ち寄る居酒屋「喰酔たけし」の母ちゃんは、山形県出身だから、どんど焼きや芋煮や、おかひじきやダシなど、郷土の味が楽しめる。
定番酒は山形県酒田市の上喜元だ。
日本料理店「海音」の奥さんも、奇しくも山形県出身なので、こちらでも山形食材をたびたび見かける。
日本酒はなぜか福島県のものが多かったのだが、先夜は「山形の酒がたくさんあります」と、一升瓶の画像付きメールが来た。
家族で山形に帰省して、ついでに日本酒を仕入れてきたらしいのだ。
もちろん一升瓶に釣られて、行ってしまいましたとも。

海外0008

海入り口0006


当夜はカウンターも小上がりも、顔見知りの常連だらけだ。

海カウンター0003


ワンパターンだが、最初のビールは外せない。

海ビール0004


目にも嬉しい前菜の盛り合わせで、季節を感じる。

海前菜0001


茄子の器に入っていたのは、珍しい毛蟹の沖漬けだ。
これはビールで食べたらもったいない。
すぐさま日本酒に移行する。

海かに0001


まずは山形県鶴岡市の羽根田酒造が作る、羽前白梅の俵雪。
この季節に出てくる秋あがりだ。

海俵0002


同じく鶴岡の、渡會本店の酒は二種とも飲む。
社名と同じ和田来(わたらい)に、「出羽の雪」瓶囲いだ。

海和田0004

海出羽0003

≫ 続きを読む

| 石神井公園(日本料理) | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。