≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

普通ではない(春駒)





時々コメントを頂くAyaさんという方から、「池袋に日本酒がたくさん置いてある、おもしろい店があります」とのタレコミがあった。
Ayaさんのご主人がたまたま通りかかって、びっくりした店だと言う。
超B級店とも書いてあったので、妻と新規開拓するのはためらわれる。
そうだ!こんな場合に絶好の同行者が、ご近所に居るではないか。
ばるべにーくんを誘って行ってみるが、この日は残念ながら臨時休業していた。
後日またもや"ばるべにー"くんと再訪する。
店頭に置かれた黒板を見ると、なるほど素敵なラインナップだ。
一合が平均600円ぐらいだから、値段はかなり安い。


hk01.jpg




店内は大衆的な雰囲気で、狭いが居心地は良さそうだ。


hk02.jpg




冷蔵庫には日本酒が入り、焼酎やバーボンも置いてある。


hk05.jpg


hk18.jpg




つまみの値段もかなり手頃だ。


hk06.jpg




まずはエビスの生で乾杯し、あらためて卓上の日本酒メニューを見る。


hk03.jpg


hk04.jpg




半合のグラスも用意されているから、二人で全種制覇もできそうだ。
信濃鶴と天吹からスタートする。


hk07.jpg


hk08.jpg




庭のうぐいす房島屋、死神、三芳菊・・・・・


hk09.jpg


hk10.jpg


hk11.jpg


hk12.jpg




天野酒ソガ・ペール・エ・フィスと飲み進む。
三芳菊はパイナップルジュースのようだったが、どの酒も美味くて幸せだ。


hk13.jpg


hk14.jpg


hk15.jpg




なんとなくカンが危険を告げていたのだが、埼玉越生の来陽に挑戦してみる。


hk16.jpg




「・・・・・・やられた」
なぜ三割五分まで磨いて、糖類を加えてしまうのか。
しかし強烈なインパクトがある酒で、きっといつまでも記憶に残る味だ。


hk17.jpg




気を取り直して、るみ子の酒、十字旭日、深山桜佐久乃花を飲む。


hk19.jpg


hk20.jpg


hk21.jpg


hk22.jpg


他の客はどんどん入れ替わったが、我々は腰を据えて好みの酒をほぼ制覇する。



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 池袋(東口) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿佐ヶ谷で愛の夢(おおはま)

阿佐ヶ谷の「まにわ」を幸せな気分で後にし、裏道をふらふら歩いて中杉通りに出る。
バスかタクシーか、先に来た方に乗るつもりだが、どちらも見当たらない。
西武線方向に北上して行くうちに、「おおはま」に寄り道しようと思い付く。

ooh01.jpg



こちらも「まにわ」と同じく女性店主が一人でやっている店だ。

ooh03.jpg



その他にも阿佐ヶ谷には女性店主の店がいくつかある。
どこも日本酒の品揃えはいいし、料理も美味くて居心地がいいから、石神井公園住民としてはうらやましい限りだ。
お通しをつまみながら、春らしい「庭のうぐいす」を飲む。

ooh06.jpg

ooh05.jpg



この店も酒器が選べるようになっているのは、いかにも女性店主らしくていい。

ooh04.jpg


≫ 続きを読む

| 中野・高円寺・阿佐ヶ谷 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵関でハシゴ酒屋

車で出かけた帰り道に、晩酌用の酒を買い求める。
行ったのは青梅街道沿いにある「酒舗石塚」だ。
西武新宿線の上石神井と武蔵関の中間辺りだろうか。

いし1

いし2



酒の会で顔を合わせたことがある四代目は、同窓会とかで不在だ。
愛想がいい三代目が、元気いっぱいで店に立っている。
ここはワインやビールの品揃えもいいのだが、やっぱり日本酒の売り場しか見ない。
試飲が充実しているので、車で来ない方が楽しめそうだ。

いし3

いし4

いし5


栃木「若駒酒造」の「かねたまる うすにごり」と、秋田の阿櫻を買い求める。

いし6

いし7

≫ 続きを読む

| 上石神井・武蔵関 | 00時00分 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ステキすぎない焼きとん店(ひなた)

日本酒会で知り合った飲み友たちと、東上線の上板橋駅にある「やきとん ひなた」に行くことになった。
企画立案は東上線沿線に住む28歳の女性だ。
野方のヤキトン店「秋元屋」から独立した途端、毎夜満席の人気店になり、予約を受け付けていないらしい。
18時の開店時間に合わせ、美人専業主婦2名が場所取りをしてくれる手はずだ。
「お店の女の子 可愛いですよー」とメールをもらい、必死に急いで向かうが、1時間以上遅れて初の上板橋駅で降りる。
「ひなた」に到着すると、すでにカウンターもP箱テーブルも満員御礼だ。

ひな店主0008

ひな銚子0010


先発の女性3名はP箱で盛り上がっているので、早く追いつくために最初から日本酒にする。
酒の品書きには、純米の美味そうなやつがかなり揃っている。
燗に合う銘柄が多いのを見て、おそらく武蔵関の大塚屋から仕入れているのではと思ったら、やはり当たりだった。
冷たい而今から始め、次々にお替りする。
18歳のPORKちゃんも、メール通りに可愛くて気が利く。

ひな女子0001

ひな麓0012

ひなうぐいす0001

先日訪れた都立家政の「hajime」とは対極の雰囲気だ。
好きだなあ、この空気。

≫ 続きを読む

| 上板橋・東武練馬 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

法被ーな夜(酒菜家)

池袋西口の飲食街では、盛りの良さと安さの「魚金」が、トップクラスの大繁盛店だ。
繁盛し過ぎているからか、一時間半でラストオーダーになる二時間制なので、さっぱり落ち着いて飲めないし、心なしか接客もタカビーに感じる。
当夜もぎっしり満席の「魚金」をスルーして、二階にある「酒菜家」に向かった。
日本酒の品揃えはスゴイし、無粋な時間制限はもちろん無い。

酒林0007

酒階段0008


おまけに蔵元の法被を着たオネーサンたちは、可愛いくて日本酒の質問に答えられる子が多いのだ。

酒40008

酒20010

酒50012

酒10009


オニーサンも居るけど・・・・・

酒30011


まずはお通しのキンピラでビールを飲み、膨大な種類の日本酒を検討する。

酒瓶0001

酒秋田0002

酒春0006

純米、純米吟醸、純米大吟醸、本醸造などに分かれたグランドメニューに加え、季節のおすすめ酒メニューや、壁に貼られた品書きもあるから、検討には時間がかかる。

≫ 続きを読む

| 池袋(西口) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。