≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

目からウロコ(喰酔たけし)

私が30年ほど前に初めて日本酒を飲んだ頃は、手に入るのはほとんど兵庫の灘か、京都の伏見の製品だった。
飲み過ぎると口の中が甘ったるくなったり、二日酔いになったりといったことがシバシバ起きた時代だ。
これはまだ酒の飲み方が未熟だった、自分の責任でもあるのだが。
当時は日本酒に関する情報はほとんどなく、テレビで宣伝している銘柄が美味しいのだと思い込んでいた。
ハンディタイプのワンカップや、流通コストを下げるための紙パックも、灘や伏見のメーカーが開発したので、日本酒の普及に貢献したことは確かだが、大量生産するために調味料や醸造用アルコールを添加したのは、認めた国の責任が大きい。

阪神大震災前に、灘まで蔵を見に行ったことがあるが、酒造りに欠かせない水は「宮水」と呼ばれ、組合で厳重に管理されていた。
六甲山の花崗岩の間を通った伏流水が、瀬戸内の海水を含んだ土地まで降りてくる間に、豊富なミネラルと塩分を含んで、酒母菌の栄養になるらしいのだ。
酒造好適米も兵庫県では多く栽培されているので、昔ながらの酒造りを行っても、絶対に美味しい酒が出来る条件は揃っているのに、大メーカーの化学プラント酒のイメージが強すぎるのは残念だ。

たぶん20年ほど前に、地酒ブームが起きる。
新潟の淡麗辛口酒が人気になり、越乃寒梅、八海山、雪中梅、久保田などは、プレミアム価格で売られるほどだった。
希望小売価格を大きく上回る、とんでもない値段で売っているので、よほど美味いのかと思って買ったら、なんだか薄くて美味くなかったなんて、逆効果な感想を持つ人も増えた。

10年ほど前から日本全国に美味い酒が増え、情報は氾濫しているし、流通も整備されたので、東京に居ながらにして、飲みきれないほど多くの地酒が飲める。
日本酒に力を入れている居酒屋は、灘、伏見、新潟の酒を扱わない場合も多い。
昨年末に京都に行き、伏見にも美味しい酒がたくさんあることを再認識したが、過去のイヤな記憶は完全に拭い去られてはいないのだ。

地元の居酒屋たけしに行くと、いつも目新しい酒を仕入れてある。
今宵も地元駅で降り、商店街を通って日本酒を飲みに行った。

たけ商店街0003


銘柄をオマカセにすると、好みの酒がピタッと出てくるのだが、この夜最初に出されたのは、かの有名な新潟の八海山だった。

たけ八0004

「なんだよ、大丈夫か?」と聞くと、
「だまされたと思って飲んでくれ」と言うので、
だまされて飲んで見る。


お!、美味いね。
特別純米原酒は初めてだ。


次に出されたのは、山形の出羽桜だ。
これも一時プレミアム価格がついたことがあり、敬遠気味の酒だった。

たけ出羽雄町0005

これもなかなか美味い。
すっかり目からウロコが落ちたところで、美味い魚介を合わせる。

たけうに0001

たけ牡蠣0005

たけ刺し0001

いつも仕入れに気合が入っているので、刺身の質も鮮度もかなりレベルが高いのだ。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。