≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々期待の新人くん・・・・・かな(鶏彩)




練馬区と杉並区は隣接している。
西武池袋線と中央線の駅とは車なら至近距離だが、公共交通機関を使うと面倒だ。
たまに高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻、吉祥寺などに行くと、飲食店の充実ぶりにうらやましくなる。
地元石神井公園の飲食店事情は、中央線の各駅に比べるとまだまだトホホなのだ。
それでも私が石神井公園に住み始めた頃に比べると、「ここはいいよ」と教えたくなる店が少しは増えた。
2005年に開店した「日本料理 海音」と、翌2006年にできた「喰酔たけし」には、オープン直後から通い続けている。
初訪問した時の記事を見ると、どちらの店も日本酒の品揃えが寂しかったが、今ではすっかり充実して、日本酒会を開催するまでになっているから、地元民としては感無量だ。



ところが海音とたけしに続く、日本人ルーキーがなかなか現れない。
新規開店するのは、チェーン店と麺類の店と中国人の店ばかりなのだ。
西武池袋線の高架化工事が進んで踏切が消え、高層マンションが建ち始めているのに、なんだか寂しいなと思っていたら、海音の大将から「富士街道の赤井茶店の隣に、何か新しい店ができるようだ」と聞いた。
海音の帰り道に富士街道を歩くと、確かに石神井庁舎の前辺りで内装工事をやっている。
覗きこむと、広さも充分あるし、シンプルでいい感じの内外装だ。
電気工事のオジサンに聞くと、焼き鳥屋だと言われる。



妻が社交ダンスに出かけた日に、ばるべにー君を誘って探検しようとメールしたら、白河に居ると返信が来た。
仕方がないので一人で突入する。
店頭に品書きが出ていないので、何がどんな値段で供されるのかわからないが、ダメならファーストオーダーで切り上げればいい。


9ts01.jpg




海音や喰酔たけしなら満席になる時間帯だが、先客はゼロだ。
迎える店側は若い男性が三人。
炭火の焼き台前に立つ青年が、おそらく店主か店長だろう。
個人経営店だと思うが、オーナーは別に居るのかもしれない。
接客陣のうち一名は明らかにバイト君で、頼りなさそうに見えるけれど、もう一名は目線や言葉遣いがしっかりしている。


9ts02.jpg


9ts03.jpg




飲み物のメニューを見て瓶ビールを頼み、食べ物メニューをじっくり検討する。
メインの焼き鳥は120円から200円台までで、希少部位も変わり串も揃っている。
串揚げ数種に、サラダや鶏料理もあり、食べ物の種類と価格は問題なしだ。
初めての店なので、焼き鳥をおまかせで焼いてもらう。


9ts04.jpg


9ts07.jpg


9ts08.jpg


9ts09.jpg




最初の何本かが美味いので安心し、玉ねぎサラダと鶏の刺身を追加するが、ビールの後の日本酒が問題だ。
カクテル系はメニュー1ページ分もあるが、まったく興味がない。


9ts06.jpg


9ts05.jpg




ばるべにー君なら知っているかもしれない白河という名の、一合300円台の普通酒から、一合1500円の久保田萬壽まで、5、6種揃う日本酒の中で、飲んでみたいと思うのは「雪の茅舎」ぐらいかな。
徳利にきっちり一合で550円だから、価格はかなり安い。


9ts11.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 石神井公園(焼き鳥・焼きとん) | 00時00分 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。