≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2424(にしおぎおぶち)





何も予定が入っていないはずの日曜日。
昼ごろ起きて来た妻が、「武蔵境で友だちと会うから、車で送ってね」と言う。
いくらヒマ人な私でも、送るだけで武蔵境に行くのはもったいない。
用事が済んだら沿線のどこかで飲むことにし、バスと電車を乗り継いで行くことにした。
妻が友人と話をしている間に、私は「にしおぎおぶち」に予約の電話を入れる。

すると話が済んだ妻が、「友だちのご主人も後から来るので、一緒に飲みに行くことにした」と言う。
すぐに電話を入れて4名に変更する。

しばらくしてご主人到着。
車で迎えに来たから、飲みに行けないと言うので、またもや「にしおぎおぶち」に電話を入れて2名に変更。

「いいじゃない、ご主人が飲まなければ」とか、「車を置いて後から来れば」とか言う妻。
妻の友人もその気になって、「あなた、車を置いてから西荻に来て」と命令している。
どこの家でも夫婦の力関係はこんなもんだ。
結局この日4回目の電話をして、4名で最終確定予約した。


n13747.jpg




テーブル席は他の予約が入っているので、カウンターに横並びで座る。
ビールを飲みながら、友人のダンナが来るのを待つ。


n13751.jpg


n13752.jpg




しばらくしてダンナ到着。
料理はコースでお願いし、あらためて鶴齢の雪男と、美人杜氏の月の輪で乾杯した。


n13741.jpg


n13743.jpg




その後友人夫婦は焼酎に切り替え、我々は日本酒で通す。


n13742.jpg


n13745.jpg


n13746.jpg


n13744.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログやってて良かった(Laむめい狼)



妻から「桜台でワインを飲もう」とメールが来た。
なぜ桜台?なぜワイン?と聞くと、友人の紹介で行った美容室のオーナーと意気投合して、急きょ飲むことになったそうなのだ。
美容室のオーナーって、どんな人?とまた聞くと、30歳ぐらいの美人と言うではないか。
しかもカリスマ美容師だって。
はい!行きます!

しばらくするとまたメールが来て、行こうと思ったイタリアンが二軒とも定休日なので、練馬に変更すると言う。
ワインも日本酒も飲める「Laむめい狼」に決めて、現地集合した。


m2353451.jpg


m2353453.jpg





ここは和食と洋食のシェフが共同経営する店だから、食べ物も飲み物も和洋が揃っているのだ。


m2353455.jpg


m2353417.jpg


m2353440.jpg





ビールで乾杯して自己紹介すると、美人オーナーは以前から私のブログ「東京ウエスト」を見ていて、妻の友人の知り合いだと知って驚いたんだそうだ。
お世辞とわかっていても、かっこいいですねとか言われて調子づくオジサン。
さっそく日本酒とワインを飲む。


m2353444.jpg


m2353422.jpg


m2353419.jpg


m2353457.jpg




≫ 続きを読む

| 桜台・練馬 | 08時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

練馬区つながりで(旬菜料理 山灯)




日本橋の寿司屋「蛇の市本店」の五代目夫婦は練馬区民。
蛇の市で行われた辨天娘の会は、練馬区の武蔵関にある酒販店「大塚屋」から酒が供給されていた。
その大塚屋の美人ヨメ京子さんから、四谷三丁目にある山灯(やまびこ)という店の名前を聞いた。
山形食材のコース料理が気軽な値段で食べられて、日本酒も素敵な銘柄が置いてあるようだ。
近々行ってみようと思っていた矢先に、妻から「赤坂に居るので、どこかで待ち合わせて食事しよう」とメールが来る。
赤坂と四谷なら近いではないか。
山灯に電話を入れて席を確保し、荒木町の杉大門通りにある店に向かった。


yb01.jpg




山灯コースも予約済みだ。
食べてみないとわからないが、かなり高い店も多い荒木町で、八品で4200円は魅力的な価格に思える。


yb06.jpg




テーブル、座敷、カウンターで20数席の店内を、まだ二十代の店主と、接客担当の男性の二人で回している。


yb02.jpg




≫ 続きを読む

| 四谷・市ヶ谷・麹町 | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高田馬場跡で霙もよう(焼鳥はちまん)


徳川時代に旗本たちが馬術の鍛錬をした高田の馬場は、現在の高田馬場駅周辺ではなく、水稲荷神社南側の西早稲田にあった。
その西早稲田交差点の角地に明治元年から建っている「八幡寿司」に、そんな高田馬場の由来が書かれている。


hm118.jpg





八幡寿司には昼しか行ったことがないが、四代目と五代目が並んで寿司を握っているのは、昨年暮れに訪れた日本橋の「蛇の市本店」と同じだ。
この夜は高田馬場駅からタクシーに乗り、八幡寿司の地下にある「焼鳥はちまん」を訪れる。


hm101.jpg




年末年始に飲み疲れた人が多いためか、店内は意外に空席が目立った。
ビールで菜の花の突出しをつまみ、1890円の焼鳥セットに、黒板メニューから鹿児島の早堀り筍と、海老芋揚げをオーダーする。


hm120.jpg


hm121.jpg





炭火で焼いた焼鳥が出始めたところで、ビールが無くなった。
黒板と冷蔵庫を見て決めてあった、秋鹿の霙もようを頼む。


hm119.jpg


hm104.jpg


hm122.jpg


hm105.jpg


hm106.jpg


hm107.jpg


hm108.jpg


hm109.jpg


hm110.jpg


hm111.jpg


hm113.jpg




≫ 続きを読む

| 早稲田・西早稲田・面影橋 | 06時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだリハビリ中





帰国四日目。
涼しくて空気が乾燥したアラスカから東京に戻り、まったく暑さに慣れない。
エアコンに加えて扇風機までつけて寝たので、朝起きると喉は痛いし、鼻水も出ている。
ぐったりしながら仕事を終え、寄り道せずに地元に戻る。
今夜は駅前の「さつき」で寿司を食べるつもりだったが、満席で入れなかった。
久しぶりに「須みず」に行く。


sis01.jpg


sis02.jpg


sis03.jpg




ビールを飲みながらつまみを決める。


sis05.jpg


sis04.jpg




日替わりからキハダ鮪の刺身を頼み、後は10年来変わらない定番メニューから好物を選ぶ。
岩海苔豆腐サラダ、若鶏の葱たっぷり三杯酢、いかの一夜干しだ。


sis10.jpg


sis09.jpg


sis11.jpg


sis12.jpg




もちろん合間に日本酒を飲む。
陸奥八仙宗玄のひやおろし。


sis06.jpg


sis07.jpg


sis08.jpg




佐渡の真稜「至」に、四国の亀泉
あー、美味い。


sis13.jpg


sis14.jpg


sis15.jpg




かなり疲れが溜まっているらしく、いつもより少ない酒量で酔ってくる。
翌日こそ自宅で食べるつもりで、帰りがけにスーパーに立ち寄って買い物する。








帰国五日目。
仕事を終えた瞬間に、狙いすましたように"ばるべにー"クンからメールが来る。
またもや寄り道になったが、途中駅で飲む気力が無いので、石神井公園駅で待ち合わせする。
駅前蕎麦居酒屋の「稲田屋」に入った。
生ビールで乾杯。


sis16.jpg




思考能力が落ちているので、つまみも日本酒も"ばるべにー"クンにおかませだ。
もっともここは鳥取の酒蔵直営なので、一銘柄しか置いてないけどね。


sis20.jpg


sis17.jpg


sis18.jpg


sis19.jpg


sis21.jpg


帰宅した瞬間に意識を失う。
アラスカで風邪を引かなかったのに、猛暑の東京でやられてしまったようだ。



≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

満タンナイト(八献)





翌日から日本酒が飲めない状況になるので、前日にたっぷり補給しておくことにする。
きっと一軒では済まないだろうから、美味しい日本酒の店が何軒もある吉祥寺に向かう。
予約したのは7月に開店したばかりの「八献」だ。
大型台風が近付いているせいか、吉祥寺の街も八献も空いている。


hk001.jpg





店主の草野さんは、吉祥寺「須弥山」の料理長だった方で、阿佐ヶ谷「まにわ」の先輩でもあるから、料理も酒も期待できそうだ。


hk003.jpg


hk004.jpg




店内の雰囲気はいい感じだし、気配りもある。
しかも接客担当は美人だ。


hk005.jpg





ブラウマイスターで乾杯し、料理はおまかせコースを頼む。


hk034.jpg





この前菜には日本酒だろう。
すでにメニューに載っていた陸奥八仙の冷やおろし、白岳仙、賀茂金秀からスタートする。


hk006.jpg


hk016.jpg


hk019.jpg


hk020.jpg




うすはりの大吟醸グラスが素敵だ。


hk017.jpg




お椀の後に出た刺身は、鯛の昆布締め、のどぐろの炙り、秋刀魚。


hk007.jpg


hk008.jpg




初めて飲む兵庫の笑四季



hk021.jpg



≫ 続きを読む

| 吉祥寺 | 00時00分 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

連夜でも大丈夫

外出先の妻から、今夜はどこかで飲もうとメールがあった。
第一候補にも第二候補にも満席で断られ、ダメ元で予約困難な寿司屋に電話すると、8時までなら大丈夫と言われる。
急きょ仕事を切り上げて、寿司屋に急行した。
2時間勝負だから、座った途端にビールを注文する。


ns01.jpg



おまかせで酒肴をどんどん出してもらい、すぐさま日本酒に切り替える。


ns02.jpg


ns03.jpg


ns04.jpg



まずは京都伏見の「桃の滴」からだ。


ns05.jpg




平貝の磯辺には宗玄


ns06.jpg


ns07.jpg



煮鮑に獺祭


ns08.jpg


ns09.jpg



金目のスープ煮にいづみ橋


ns10.jpg


ns11.jpg



毛蟹に鍋島


ns12.jpg


ns13.jpg


幸せな時間があっという間に過ぎて行く。


≫ 続きを読む

| ヒ・ミ・ツ | 00時00分 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。