≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アナザーワールド(酒縁川島)

池尻大橋の「つくしのこ」、渋谷の「まるや」、西日暮里の「稲毛屋」、大森の「吟吟」などなど、東京のあちこちに出没する酒豪美女たちの集いに、またもや参加させてもらう。
今宵の会場は、31年の歴史がある武蔵小山の「酒縁川島」だ。
待ち合わせた武蔵小山駅にほぼ10年ぶりに行くと、見違えるように綺麗になっていた。
栄えた商店街を抜け、寂しい裏道に向かう。


スンッゴイ店ですよ!と聞いていた通り、外観も内装も強烈な個を発揮している。




かわ1

かわ2



店内も独自の川島ワールドだった。

かわ3

かわ4

かわ5

かわ6

かわ8



L字カウンターにズラリと並んで座る。
定員12名ほどの小さな店を、ほぼ貸し切り状態だ。

かわ22

かわ7



店のオキテに従って、まずは目の前の棚から好みの酒器を選ぶ。

かわ9

かわ10



料理も酒もオマカセだ。
誰かが武者のようなオジサンと表現した、日本酒ソムリエのイワイさんが選ぶ酒を回す。
スターターは愛知のだ。

かわ23

かわ24

かわ25


酒米「夢山水」のサンプルも回され、酒のウンチクが語られる。
日本酒に関する質問なら、打てば響く回答だ。

かわ27



料理は厨房の川島夫妻から、手渡しで出される。

かわ11



31年間にどれだけの一升瓶が空いたのだろうか。

かわ21



次に茶碗蒸しが出され、もちろんウンチク付きで「こんな夜に」が回ってくる。

かわ12

かわ28



風邪気味で体調不良だし、アウェーの武蔵小山だし、どれだけの日本酒が出てくるかわからないので、仕込み水を挟んで控えめに飲む。

かわ26

かわ32

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 武蔵小山・品川・大森・羽田 | 00時00分 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。