≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二人の女将(あかね雲)

※2012.4追記:高円寺に移転しました。





山形尽くしな店で出会った新倉ごまさんが、荻窪でやっている酒ごはん屋「あかね雲」に行ってみる。
昼間は別のオーナーがヴィンデンス・カフェとして営業している店舗を、週4日だけ借りているらしいのだ。


ag03.jpg




看板の絵は、こども女将作だ。


ag013.jpg




カウンターと小さなテーブル2卓だけの店舗は、すでに先客で満席状態だ。
隣り合わせた和服のオバサマ方は、ごま女将のお母さんの友人たちだそうだから、すごく幅広い年代の女性たちに囲まれた。
カフェのオーナーが上がりそびれて手伝っている。


ag023.jpg


ag04.jpg


ag020.jpg




こども女将の新倉茜音ちゃんも店に出ている。
彼女はTVチャンピオンの小学生料理人選手権で優勝したほどの、すご腕料理人でもあるが、普通のシャイな女の子だ。


ag012.jpg




魚の名前をメモしたノートも見せてもらう。
すごいなあ。


ag009.jpg




注文も受けてるし。


ag015.jpg




ビールを注いでもらい、茜音こども女将が書いたメニューとカウンターに並んだ大皿を見て、今宵の酒肴を決める。


ag024.jpg


ag014.jpg


ag05.jpg


ag06.jpg




女将におまかせで惣菜を6点盛りにしてもらい、単品でソイの山椒煮を選ぶ。


ag007.jpg


ag010.jpg


ag02.jpg


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 荻窪・西荻窪 | 00時00分 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京滋の酒を堪能する





京都の旅は初日から目一杯スケジュールが詰まっている。
とうがらしおじゃこを買い込んでタクシーに乗り、京都駅に引き返す。
近鉄に乗って奈良で知人と会い、すぐさま大津の友人たちと待ち合わせている京都駅に戻った。


高島屋ツリー0001




当夜の食事は、京都の地酒が飲める居酒屋をリクエストしてある。
駅前でタクシーに乗り、麩屋町通りの居酒屋「あんじ」に向かった。


あんじタワー0003




いいねー、この雰囲気も。


あんじ外0003


あんじ旗0006




かなりの人気店らしく、一階も二階も満席で、待ち客も居る。


あんじ店内0004


あんじ店内20005




人気の秘密は値段の安さとボリュームで、私としては日本酒の品揃えも魅力的だ。


あんじメニュー0001


あんじ酒メニュー0004




メニューも見ずにミセス大津が頼んだのは、お造りの盛り合わせと、魚介の炭火焼き。
3千円ほどなのに、ドドーンと舟盛りで出てくるのが嬉しい。


あんじ舟盛り0008


あんじ焼き物0006


あんじ七輪0002




もともと東京生まれのミセス大津だが、関西在住歴20年を越えると、ファッションセンスはザ・カンサイだ。
いいねー。
妻がすごく地味に見えてくる。


あんじ大津20002


あんじ大津10001



≫ 続きを読む

| 京都・大津 | 00時00分 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。