≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆりさん不在につきリリーちゃん




青森県八戸市にある陸奥八仙を造る八戸酒造から、新酒を楽しむ会のご案内をいただいた。
ちょうど桜の時期なので、妻と京都旅行に行こうかと話していたのだが、急きょ東北旅行に切り替えることにする。
八戸だけではもったいないので、東北新幹線で途中下車しながら、いろいろ酒蔵を回る計画を練り始めるが、きっと日本酒をいろいろ購入するはずなので、車で行く方が便利だ。
結局福島、宮城、岩手、青森の4県で、8蔵を訪問することになった。
妻の友人二人も行きたいと言い出し、初日は朝7時に石神井公園を出発する。
豪雨の中を300km走り、最初は会津若松市の鶴乃江酒造さんへ。
会津中将永寶屋を造る蔵だ。


c3380680.jpg


c3380683.jpg




八重の桜で観光客が増えた会津若松市は、素晴らしく趣があるクラシックな町だ。
鶴乃江酒造にも江戸や明治から使っている設備が現役で残り、いかにも美味しい日本酒ができそうな雰囲気がある。
美人杜氏ゆりさんが東京出張で不在なので、ご主人に案内していただいた。


c3380711.jpg


c3380685.jpg




日本酒と酒器を購入し、ご主人に会津塗りの店を紹介していただき、会津若松の町歩きをする。


c3380691.jpg


c3380689.jpg


c3380698.jpg




まずは福西漆器店に入る。


c3380693.jpg


c3380695.jpg




明治時代の蔵が残る素敵な店だ。
酒器を購入する。


c3380697.jpg


c3380696.jpg



≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 会津若松・喜多方 | 10時12分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初めての男(喰酔たけし)





自分自身がバリバリのオジサンなのに、オジサン同士で飲むのは好きではない。
仕事絡みで仕方なしにオジサンと飲むことはあっても、プライベートではずっと避けてきた。
畳の席で靴を脱いだら足がモワーンと臭ったり、話題は仕事のことばかりだったり、ニヤニヤと気持ち悪かったり、顔が脂ぎっていたり、小指の爪が伸びていたり、加齢臭がしたり、ビンボー自慢や小金自慢や会社自慢したり、エラそうにウンチクをたれたり、食事中にタバコを吸ったりするから、40代以上のオジサンと飲みたくないのだ。

ところが先日、福島県白河市に住み、石神井が実家のばるべにーさんという男性から、大胆にも「東京に仕事で行くので、たけしか海音かさつきで飲みませんか?」とお誘いメールが来た。
ブログを時々拝見しているので、日本酒が好きで、実家が我が家から近いかもしれなくて、お子さんが3人居るぐらいの予備知識はあった。
お誘いを受けた日は、妻が社交ダンスで不在なので、一人酒の予定だったから、ブログを始めてから初の男同士を決行することにした。

当日は居酒屋たけしに集合する。
直前になって男同士に怯え、妻と飲み友女性も無理やり呼んだので、2対2の飲み会になる。
実は事前にメールのやり取りをして、ばるべにーさんの実家は我が家から極く至近距離だと判明した。
道ですれ違うと会釈する程度に、ご両親も知っている。
昔はかなりの美人だったと思われるお母さんから想像していた通り、なかなかの好青年が現れた。
会津の酒「山の井」と、白河名物のだるま最中持参なので、第一印象はググーンとアップだ。

961.jpg

962.jpg


シュワシュワの土佐しらぎくで乾杯した後も、もちろん日本酒を続ける。

963.jpg



ばるべにー青年が、以前ブログに好きな酒と書いていた奈良萬の蔵元が作る、夏純米吟醸の夢心

964.jpg


去りゆく夏を惜しんで、山本のドキドキ夏生。

966.jpg


仙禽相模灘佑村・・・・・。

965.jpg

968.jpg

967.jpg

≫ 続きを読む

| 石神井公園(居酒屋) | 00時00分 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。